へその右横が痛い原因は?気になる病気と対処法を徹底解説!

へその右横が痛い、張る


へその右横が痛いと「盲腸では?」と心配になることはありませんか?

腹痛を起こす原因はたくさんありますが、主に右側に腹痛が起こるのはどのような時なのか、また痛みが出た場合はどのように対処するのかを踏まえて説明していきます。

スポンサーリンク


右上腹部の痛み

おなかの右上には胆のうがあります。

右上腹部痛を起こす病気はたくさんありますが、代表的な病気である「胆のう炎」について説明します。

胆のうと胆汁について

胆のうは、洋ナシのような形をした袋状の臓器です。

肝臓と十二指腸を結ぶ管の途中にあり、肝臓で作られた「胆汁」と貯蔵し濃縮する働きをしています。

約50~60mlの胆汁を貯めることができます。胆汁は、脂肪を分解するために分泌されるもので、食べ物が消化され十二指腸に届くと分泌されます。

胆石と胆のう炎について

胆汁の一部が固まり「胆石」となります。

胆石は動物性の脂肪を多くとるとできやすく、日本人の約10~15%が胆石を持っていると言われています。

胆汁は胆管と呼ばれる管を通り十二指腸へ分泌されます。

小さな胆石は通り抜けていきますが、大き目のものは途中で詰まってしまい炎症を起こすことがあります。

これが胆のうまで及ぶと「胆のう炎」を起こします。

胆のう炎の症状と治療

へその右横が痛い、張る


食後に右上腹部や背中に激しい痛みを感じ、熱が出たり吐き気が出ることもあります。

また、胆のう炎が進行すると「黄疸」が起こり、眼球や皮膚が黄色くなることもあります。

詰まった胆石が自然に排出されることもありますが、腹痛が続く場合は受診が必要です。

炎症を抑えるために抗生剤を使用しますが、場合によっては手術で胆のうを切除することもあります。

スポンサーリンク


右下腹部の痛み

おなかの右下には大腸や小腸などがあり、大腸の一部に盲腸・虫垂があります。

異物などが原因で虫垂内が詰まり、細菌感染を起こすことにより虫垂の炎症が起こります。

これを「虫垂炎」といいます。

症状や治療について

虫垂炎は日本人の15人に1人がかかると言われています。

腹痛は上腹部やへその周辺から始まり、徐々に場所が移動して最終的に右下腹部が痛むようになります。

右下腹部にあるマックバーニーの圧痛点と呼ばれる場所を押したときに痛むという特徴があり、虫垂炎かどうかの診断材料の一つとなっています。

腹痛の他の症状は、発熱や吐き気、便秘などがあります。


虫垂炎を放置すると、腸に穴が開き腹膜炎を起こすこともあるので早めに受診することをお勧めします。

主な治療法は、手術により炎症を起こした部分を取り除くことです。炎症を抑えるため、抗生剤を使用することもあります。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
虫垂炎の初期症状はコレ!最初の痛みは意外なアソコ!

便秘による痛み

へその右横が痛い、張る


排便が数日ないことにより、腸内に便が溜まり腹痛を起こします。痛みは右側の腹部以外の部分でもおこります。

排便を促すため、食物繊維の多い食品を食べることや水分を多くとることが大切です。

さらに、運動することで腸の動きが活発になり便秘が解消されやすくなります。

腸を「のの字」を書くようにゆっくりマッサージすることで排便が促されることもあります。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
右脇腹が痛い原因は?チクチクして不快な時にチェックしたい病気!

スポンサーリンク


その他の病気

腹痛を起こす病気はたくさんありますが、中には「腫瘍」や「卵巣の病気」など早めの処置が必要な病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

異常を感じた場合は早めに受診し検査を受けることをお勧めします。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
へその左横が痛い原因は?違和感が続く場合は注意が必要!

まとめ

今回は腹痛を起こす代表的な病気について説明しましたが、そのほかにも腹痛を起こす病気はたくさんあります。


日頃から腹痛を起こしやすい人は「いつものこと」と思い様子を見ることもあるでしょう。

しかし重大な病気を見逃さないために、自分の症状をよく観察し早めに受診し検査を受けることが大切です。

また、食生活の見直しで腹痛を防ぐことができる場合もあるので、自分の食事内容を見直してみることもおすすめです。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
へその周りを押すと痛いのはなぜ?注意したい病気と症状を徹底解説!

スポンサーリンク



このページの先頭へ