コンビニバイトは思ったより大変?サービス拡大で仕事内容も増えた?

女性


24時間営業のイメージが定着しているコンビニですが、学生バイトの鉄板とも言われています。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどいくつかの種類があります。

そんなコンビニバイトの仕事内容とは、どのようなものなのでしょうか?

また、最近ではサービスの拡大により、仕事が機能的になると同時に仕事量も増しています。

この記事では、これからバイトを始めてみたいと考えていて、コンビニもその候補に入っている人のために、コンビニバイトの仕事内容について解説をしていきます。

スポンサーリンク


コンビニバイトの仕事内容

コンビニバイトと言えば、レジに立っているだけで良いイメージがあるのではないのでしょうか。

確かにレジ打ちはメインの仕事ですが、時間帯によって業務内容が多少変ります。

日中は基本的にお客さんが多いため接客やレジ打ちがメインとなりますが、それ以外にも品出しや宅急便の受付、フライヤーの管理(季節によってはおでんやホットドリンクなど)などその他様々な仕事があります。

最近では、チケットの発券や商品のお取り寄せ、マルチコピー機など便利なものが増える一方、覚えることも増えてきています。


また一番売り上げの多い日中の時間帯に売り場の商品をなくすことはできないので忙しい時間を割いて商品の補充もしなければなりません。


この話を聞けば夜勤はすごい時間が余り暇なバイト、楽なバイトという印象になるかと思いますが、夜勤の時間帯にもやることがたくさんあります。


主に補充や清掃など行いますが、それ以外にも、夜にくる納品の補充やコーヒーメーカー内の清掃・補充、廃棄商品の回収、レジ内の金額確認やその登録など昼の時間帯にできない雑務などが回ってくるため夜勤は夜勤で忙しいです。


コンビニバイトは、慣れてしまえば単純な作業ではありますが、それまでが意外と大変なのです。


関連記事はこちら↓↓
コンビニのアルバイトで深夜はきつい?女性が注意することは?

コンビニバイトのメリット

お酒


ここまでは、仕事内容を大まかに紹介しましたが、ここからはコンビニバイトのメリットをご紹介します。

好きな時間帯のシフトに入れる

基本的に24時間営業のところが多いので、朝勤、昼勤、夕勤、夜勤から選べます。

細かい時間はお店によって異なりますが、自分の生活に合わせられるという点が良いでしょう。シフトの融通が利きやすいのは、大きなメリットだと思います。

廃棄の商品が貰える

これはお店にもより貰えないお店もあるかもしれませんが、廃棄の商品を貰えるところがあります。

休憩中に、ご飯としてもらえれば、弁当代が浮く事になります。
   

天候や気温が関係ない

外で働くお仕事は、気温や天候などに左右されますが、コンビニは常時快適な環境で働くことが出来ます。

最新の商品が分かる

新発売のお菓子やデザートなどの情報が入ってきます。試食なども出来るときがあります。

お客さんと仲良くなれる

レジに居れば、コミュニケーションを取る機会も増えるので、特に常連客の方と仲良くなることが多いでしょう。

スキルが身に付く

まず、レジ打ちのスキルを身に着けられることは間違いないですし、小さい店舗であれば店長と仲良くなりやすく、経営に対して話を聞いて勉強することができます。

スポンサーリンク


コンビニバイトの大変なところ

何事にもメリットがあればデメリットがあります。ここからは、コンビニバイトの大変なところをご紹介します。

タバコの種類を覚えなければいけない

タバコは数百種類ありますが、大体どのタバコがどの位置にあるのか把握しなければいけません。

番号が振ってあることがあるので、初めのうちは番号で指定してもらうことで徐々に覚えていきましょう。

しばらくすれば、ラークやマルボロ、メビウスなどメジャーなものが分かってきます。

まれに、メビウスをマイルドセブンというふうに旧名で指定される場合もあります。

慣れてくれば、番号ではなく名称で言ってもらう方が分かりやすいという人も多いです。

レジをしながらの作業

コンビニは作業中にお客さんが来るので、対応をしながらその作業を終えるというのが大変です。


2人体制では、仮に納品が来たときに、お客さんが来ると接客と品出しするのを行ったり来たりになります。

様子を見て、片方にレジを見てもらうなどをして一緒に組む人と上手く協力しましょう。

深夜の客層

深夜勤だと客層が悪い場合があります。働くお店の場所にもよりますが、夜はお酒を飲んだ客が多くなりますので、酔った状態の人の接客をしなくてはなりません。

中にはたちの悪い人もいますので、特に女性は注意が必要です。

クレームの対応

レジの対応、商品の不備などに対しクレームが来る場合があります。

理不尽なクレームを付けられる場合は、あまり気にしないようにしましょう。

その他

その他、コンビニバイトは比較的時給が低い傾向にありますし、シフトの融通は利くが基本的に二人制が多いので、急に休みを取ろうと思ったときに変わりの人を探さなければならない。

またコンビニが便利になるにつれて、覚えていかなければならない業務の量は増えていきますので、仕事の内容は複雑で量も増えてきているのは事実です。


関連記事はこちら↓↓
一人暮らしの出費を抑えたい!水道代を節約するコツを解説!

コンビニに働く人はどういう人?

接客


コンビニで働く人の志望動機で一番多い理由としては、家や学校が近いためという理由が最も多いです。

店舗数が多くどこにでもあるコンビニなので最寄りで働くなら最適なアルバイト先といえるでしょう。

また深夜や早朝勤務する人は、ダブルワークでお金が稼げるためにという傾向が高いです。

それ以外にも身近な店舗のためアルバイトが初めての初心者の高校生や大学生の方が多いです。

また昼間の時間帯に短い時間で働きたいという主婦の方も多くいます。

まとめ

コンビニは営業時間長くどこにでもあるので様々な方のニーズに合った働き方ができます。

また店舗によりますが廃棄商品がご飯としてもらえる点は金銭面に厳しい学生にとってはうれしい特典です。

ですが近年どんどん便利に進化していくコンビニは利用するには便利ですが、店員としてはそれに伴って覚えなければ、ならない業務内容が増えてくるというデメリットもあります。


また時間帯によっては客層が悪いためそういう方が苦手な方はあまりお勧めはできません。

ですがそういう方との接客が上手にできるようになれば、今後の接客や上司とのかかわり方にも勉強になり自分の成長にもつながります。

デメリットもポジティブな考えで、とらえきれるのであればとてもいい経験になります。

怖い人の接客が苦手の人は来店されると、自分のレジに並ばないでほしいと最初は思うかもしれません、ですがなにごとも、ポジティブに考えることでそれも良い経験値となります。


これらの点を含めてこれからバイトを考えている方はコンビニで働くことを考えてみてみるのもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


このページの先頭へ