パソコン周りが汚いと運気が下がる?片付けのコツはまずは配線から!

PC


パソコン周りが汚いという事は、机の上が汚いという事になります。

人によってはグチャグチャな机の方がどこに何があるかが分かり、使いやすいという人もいるかもしれません。

しかし、その状態を会社のオフィスなどにそのまま持ち込むと、だらしがない人だと勘違いをされてしまうかもしれませんし、仕事が出来ない人だを誤解をされるかもしれません。

この記事では、パソコン周り(机の上)を整理整頓して綺麗に片付けるコツを解説していきます。

PC周りの整理は配線から

机の上が汚い状態で何から手を付けてよいか分からない場合は、机の上の物を一度全てどかしましょう。

その際に、PCの電源もOFFにして配線も一度全て抜いてしましましょう。

配線をそのままにしておくと線が邪魔で綺麗に掃除ができないですし、配線を一度抜くことによってPCを置く位置を変えることもできます。

せっかく思い切って、整理をしようと思ったのですから、思い切ってやってみましょう。

※配線を抜くときは、どの線がどのパーツにつながっていたのかをしっかりと覚えておきましょう。(写真などをとって保存しておくと、つなぎ直す時に便利です。)

スポンサーリンク


不用品は捨てる

PCの配線を全て抜き、机の上の物も全てどかした状態ですので、まずは机の上を拭くなどして綺麗にします。

そして、どかした物を確認していきます。そして不要な物は思い切って捨てるようにしましょう。

会社の場合
会社の机にあるものは個人のものではないので、捨てるときは上司に聞いてから捨てましょう。

必要かもしれないけれど、いつもは使用しない物、要るか要らないかの判断がつかない物は、引き出しの一番下に入れるようにします。

学生の場合
今年度使用しないものは不用品です。使うかもしれませんが机に置いておく必要はありませんので捨てないにしても、段ボールなどにいれて違う場所に保管しましょう。


また、社会人・学生・主婦に関係なく、紙の資料が沢山机の上に積まれている状態の人も多いのではないでしょうか?

昔はそのペーパーしか活用できませんでしたが、現代はパソコンや携帯がありますのでデジタル化をして、保存することで紙を片付けることができます。

思い出の品物は貴重品でなければ押入れの中にしまいましょう。「要るか?」「要らないか?」「イエス」か「ノー」で片付けていく必要があります。

スポンサーリンク


引き出しをうまく使う

今はオフィスでも一人に一台パソコンがある時代となりましたので、パソコンを開けば確認できるものばかりだと思います。

なので、今使わない物や頻繁に使わない物は会社の棚にしまうようにしましょう。これは自宅の机でも同じことが言えます。

棚と同じく上手く使いたいのが「引き出し」です。以下に引き出しの使い方の例を解説していきます。

平べったい引き出し

PC


引き出しの一番上の平べったくて長い所には、100均で買ったトレイを利用して重要品やよく使う物を入れるようにしましょう。(会社の場合は、名刺や重要書類の保管場所にしましょう。)

その隣の引き出しには小物やペンやノート、雑貨を入れると良いです。

引き出しの2段目

引き出しの2段目には、使用頻度は頻繁ではないが必要な物を入れるようにしましょう。

学生であれば、今学期のテストやノートがおススメです。

会社の場合、これから使用するかもしれない資料などがよいです。

引き出しの3段目

3段目には判断がつかない物(棚にしまい込むかどうか微妙な物)を入れておくとよいです。

そして、半年ほど使わなければ棚にしまうようにしましょう。


引き出しの使い方は、上から重要、少し重要、あまり重要ではないと分けていくと探す時間の短縮にもなりますので、上手く使うようにしたいです。


関連記事はこちら↓↓
机の上が汚いデメリット!整理整頓のコツを徹底解説!

まとめ

机の上には何も置かない。不用品は捨てることが綺麗なデスクを保つ秘訣です。


ちなみに、風水的には机は、東側か南側におくと良いそうですので模様替えを考える際の参考にしてみて下さい。

また、最近はPCの配線もワイヤレス化できる物が多くなっていますので、そちらも上手く利用するとゴチャゴチャした配線から解放されます。

ワイヤレス化は速度が遅くなったり、上手く繋がらなくなる可能性もありますのでよく確認してから行って下さい。

スポンサーリンク


このページの先頭へ