日焼け後に寒気がするのはなぜ?原因と2つの対処法を解説!

海


暑い夏の日、長時間外で遊んで真っ黒(もしくは真っ赤)に日焼けをしたとき、寒気を感じた経験はないでしょうか。

日焼けをして熱を持つはずなのにどうして寒気がするのか?

実はそれはただの日焼けではなく、暑い日ならではのある病気である可能性があります。

この記事では、そもそも日焼け後に寒気を感じるのはなぜなのか?についての解説と、気を付けてほしい注意点などを踏まえ、適切な対処方法を解説していきます。

スポンサーリンク


日焼けをしたら寒気がする理由

日焼け後に寒気がする場合は、実は熱中症である可能性があります。

その中でも中度の症状と言われる「熱疲労」という症状で寒気を感じる事があります。

熱疲労とは、大量に汗をかいたことで体中の水分と塩分が不足し、脱水状態を起こした状態のことで、熱によって脳にある体温調節を行う部分が誤作動を起こして寒気を感じるようになります。

寒気以外にも下記の様な症状が現れた場合は、熱中症である可能性が高いので注意が必要です。

  • 発熱
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 全身の怠慢感

関連記事はこちら↓↓
【やけど】の水ぶくれが破れた!皮がむけた時の処置方法を紹介!

スポンサーリンク


対処法とやってはいけないこと

日焼け後に寒気がすると感じたら、熱中症である可能性があるので次のことを行いましょう。

また、症状が軽いときでも熱中症は甘く見てはいけません。

身体には大きな負担がかかっている場合があるので、自己判断で無理をせず、休息を十分にとるようにしましょう。

身体の熱を冷ます

海


寒気を感じていても、熱中症で体には熱がこもってしまっているので、身体を冷やすようにしましょう。

冷やしたタオルや氷嚢、タオルで包んだ保冷材などで熱のこもりやすい脇の下、首の横、太ももの付け根の熱を冷ますようにしてください。

また、日焼けをして熱を持った肌を冷ますことも大切です。

日陰で休んだり患部を冷たいシャワーで冷やしたりするのも効果的です。

【注意点】急激に冷却しないこと
熱を持ってほてった体を一気に冷却してしまうと、血流が悪くなることで脳に十分な血液が送られなくなって、眩暈や立ちくらみを起こしてしまう事があるので注意が必要です。

身体を冷やすときは、ゆっくり時間をかけて冷やすようにしましょう。

【注意点】寒気を感じるからと体を温めないこと
寒気を感じているのは熱により、脳が誤作動を起こしているためです。

実際には体内には熱がこもっている状態ですので、身体を温めず、熱を放出、または冷やす様にしなければなりません。

スポンサーリンク


水分・塩分・ミネラルの補給

大量の汗をかくことで失われてしまった水分と塩分、ミネラルの補給を行ってください。

水やお茶では水分は補給できても、塩分やミネラルを摂ることはできないので、スポーツドリンクや経口補水液などを飲んだり、少量の塩を舐めたりして対処して下さい。

また、水分を補給する時は一度にたくさん飲まず、少しの量をこまめに飲むと良いでしょう。


水分だけを取りすぎてしまうと、体内の塩分やミネラルの濃度が薄くなりすぎてしまい、

バランスを保つために水分を体外へ出そうと下痢や吐き気といった症状が出てくるので、水分補給の際には注意が必要です。


関連記事はこちら↓↓
日焼けをしたら熱が出る!対処法と絶対に気を付けたいこと!

まとめ

日焼けをした後の寒気の原因は意外にも、熱中症である可能性があります。

さらに、寒気がするのは熱中症の中でもかなり症状が重い場合なので注意が必要です。

早急に病院で診てもらう事をお勧めしますが、病院に行く前にもできることはあるので、もし自分の周りで同じような症状を訴える人がいれば、今回紹介した対処法で応急処置を行ってください。


また、原因と対処法は分かりましたが第一に熱中症にならないことが大切です。

屋外、屋内問わず熱い場所で長時間過ごしたり運動したりする場合は必ず定期的に休憩をし、水分補給を欠かさず行うようにしましょう。

夏場や初夏の日差しは特に紫外線が強く、皮膚が炎症を起こしやすいので、日焼け対策をすることも大切です。

準備をしっかりとして、暑い夏の日差しに負けない様に楽しみましょう。

スポンサーリンク



このページの先頭へ