目の血管が切れると痛い?真っ赤になる原因や失明のリスクを解説!

眼鏡


目の充血が一週間以上治らないという人や、充血というより白目の部分がべったりと赤くなっているという人はもしかすると目の血管が切れて結膜下出血になっている可能性があります。


血管が切れると聞くとなんだか早く医者に診てもらった方が良いのではないかと思いがちですが、実際のところ、目の血管が切れるとはどういうことなのか、その原因や症状、対処法とともにどういったリスクがあるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク


出血と充血の違い

目の出血と充血とでは見た目で大きく違いがあります。

まず、血管が切れたことで起こる出血ですが、この場合、部分的に絵具を落としたように赤く染まります。

対して目の充血の場合ですが、充血は目の細い血管が拡張することにより目視で確認できるような状態になっていることです。

ですので出血の時とは違い、線状に血管が浮かび上がってくるように赤くなります。

充血と出血の違いを見分け、正しい対応を行うようにしましょう。

目の血管が切れた時の症状

単なる「結膜下出血」ではすぐに病院に行かなくてはいけない、とういうような症状は出ません。

痛みやかゆみ、または目がかすんだり視野が狭くなったりという症状は一切なく、もしそのような症状が出ているようであれば、結膜下出血だけの症状ではないので早めに眼科で診てもらうようにしましょう。

結膜下出血では眼球の内部に血液が入ることもなく、視力低下の恐れもありません。


出血の程度にも寄りますが、結膜の下の様々な大きさの血管が切れる事によって、白目に小さな点状や斑状の出血の跡が赤く浮かびます。

出血のひどいものは眼球全体が赤くなるようなものもあり、時には血腫を作ることもあります。

通常、血管が切れる事による出血で、白目で確認できるものは1~2週間ほどで自然と消えますが、強いものでは1、2カ月かかるものもあります。

時間はかかりますが、自然と治るもので失明のリスクはありませんので心配はいらないでしょう。

スポンサーリンク


目の血管が切れる原因

結膜下出血が起こる原因は様々ですが、やはり眼球への刺激、またはその付近が圧迫されることで血管に負荷がかかってしまうようです。

また、血圧が高い人は特に

  • くしゃみやせき
  • 月経
  • 過飲酒
  • 水中眼鏡の絞めすぎ

などに気をつけましょう。

スポンサーリンク


出血以外の症状が現れている場合

目の出血以外にも別の症状が現れている場合、それは単なる結膜下出血ではない可能性があるので注意が必要です。

これから説明する症状を参考に、当てはまる症状がある場合や目の出血がただの結膜下出血ではないと疑わしい場合は医師の診察を受けて下さい。

眼外傷を受けている場合

眼


目の出血が何らかの異物が目に入ったものである場合、その異物がまだ取り除かれていなく、さらに眼球を傷付けてしまう恐れがあるため注意が必要です。

外傷の後、しばらくたっても出血が続くようでしたら早急に眼科で診察を受けて下さい。


関連記事はこちら↓↓
アイシャドウやエクステが目に入って痛い!対処法を徹底解説!

痛みやかゆみ、目やにが出ている場合

出血に伴い目にかゆみや痛みが出ている場合、または目やにや涙といった症状がある場合は、結膜炎である可能性があります。

結膜炎は人にうつることもあるので、家族などにうつさないよう注意をして速やかに眼科で診察を受けて下さい。


関連記事はこちら↓↓
涙袋が赤く腫れて痒い原因は?治し方や対処法も解説!

熱が出ている場合

目の出血に伴い熱が出ている場合は、目が原因の出血ではない可能性が大きいです。

マラリアや猩紅熱、インフルエンザやコレラでも症状として目の出血が見られる事があるので、眼科ではなく大きな病院で診察を受ける事をおすすめします。


関連記事はこちら↓↓
風邪をひいたら目が痛い?原因は別の病気もあるので要注意!

まとめ

放っておけば治る目の出血ですが、原因や症状を知り少しでもただの出血ではないなと感じれば病院で診てもらってください。

人前に出る事が多く、目の出血を早く治したい、という人も一度眼科で相談すると良いでしょう。


コンタクトレンズはなるべく控え、視力が悪く生活に支障をきたすという人は眼鏡で対応するようにして眼球に負荷をかけないよう心掛けましょう。

スポンサーリンク




このページの先頭へ