足首に老廃物が溜まると痛い?マッサージで流すのは逆効果?

足


足がむくんでだるい、仕事終わりはいつも足が重たい、という経験はありませんか。

可愛い靴を履いたけど、足がパンパンで夕方になると足が痛い、などで困っている人は多いです。

その足の症状は、足に老廃物が溜まっている証拠かもしれません。この記事では、足首に溜まった老廃物について解説をしていきます。

足首に老廃物が溜まる理由

足首に老廃物が溜まると聞くと、なんだかいい気分にはなりません。

足がパンパンになったり、足が重い、足首がだるい感じがするなどは、足首に老廃物が溜まっていることが原因となっている可能性があります。

そして、足首に老廃物が溜まると「むくみ」の原因にもつながります。

むくみやすい人の特徴

むくみやすい人の原因としては、主に体質であると考えられます。

遺伝的な影響により元々血管が細かったり、リンパ管が細いなどと、老廃物が溜まりやすい体質であることが挙げられます。


体質の問題というと、どうしようもないような気がしますが、これから生活習慣との関連性やマッサージのやり方を解説していきますのでじっくりと読み進めてみて下さい。

むくみと生活習慣の関係性

足


上ではむくみの原因が体質であると解説しましたが、足がむくむ原因には生活習慣も大きく影響しています。

例えば、一日中座ることが多かったり、逆に一日中立ち続けて仕事をしているなどの生活を送っていると、水分が身体の下に溜まります。


それが、足首あたりに溜まりやすく、足がむくむ原因となります。

座りっぱなしだったら定期的に立って歩いたり、立ち続けていたら時々座って足首を回したりする、などというように足を動かすことを意識して、足に老廃物が溜まり続けることを避けるように心掛けましょう。


関連記事はこちら↓↓
くるぶしが腫れてるのに、痛みはなし?原因や対処法を解説!

食生活との関係性

食生活では、主に水分を過剰にとりすぎたりすることで水分が多くなる分、足元に水分が溜まりやすくなりそれがむくむ原因となります。

また、塩分のとりすぎもむくむ原因となります。


塩分の過剰摂取は、高血圧の原因にもなりますので、塩分を少なめに食生活を気にすることが大切です。

食生活を改善し、足のむくみを解消することは、足だけでなく高血圧予防にもなり、一石二鳥となります。

スポンサーリンク


年を取るとむくむ?

年を取ると、どんどん代謝量が減りむくむ症状が多くなります。

特に年齢で考えると30代頃から代謝が自然と落ちるようになります。


これは、年齢によるものなので仕方のない部分もありますが、20代であっても基礎代謝量の低い人は、むくみやすい状態となります。

意識的に足首をまわしたり、上下左右に動かし、足を動かすように心掛けましょう。


関連記事はこちら↓↓
外くるぶしの腫れの原因は?痛くて熱を持つ場合の対処法は?

女性ホルモンとむくみの関係

女性の身体は実に器用なもので、女性の中には月経前になると体重が増える人が多いです。

月経前症候群による体重増加もありますが、月経前の女性の身体は、水分を身体に溜めようとするために、むくみやすくなります。


これは足のむくみだけでなく、手などにもむくみがみられる場合がありますが、月経開始頃から、徐々にむくみも解消されるため特に大きな心配はありません。

しかし、月経がはじまってもむくみがあまりにも引かずに続く場合は、運動不足による代謝量の低下や、食生活が原因で栄養不足となっている可能性があります。


足首に老廃物が溜まるものとしては、一つではなく複数の原因が重なり合っている可能性が多いです。

スポンサーリンク


足首に老廃物が溜まった時の解消法

マッサージは痛みを伴うときもありますが、正しいマッサージを行えば、上手に足首の老廃物を排出することが出来ます。

マッサージの方法

まず、足の指と手の指を組みます。

この時に指が足指の間に入らず痛みがある場合があります。

この場合は、入浴時や石鹸を付けるなどして、滑りをよくすることで痛みを緩和することが出来ます。

手を使いそのまま足首をぐるぐる回します。それを左右方向10回ほど行います。


次に、足裏を床などに付けて、足の指先から足首に向けて足の甲を少し強めにさすりますこの時に、手をグーにして、手指の第二関節を使いさするのがポイントです。


足首のくるぶし部分を優しくつまみ、さするのも効果的です。


くるぶしあたりは腱があるため、あまり強くつまんだり、強くさすると、筋を傷める危険性がありますので、優しく行いましょう。

そして、くるぶしを優しくつまんだまま、足の指先を上に向けるように動かします。

これらを繰り返すことで、足首に溜まった老廃物を効率的に排出することができます。

スポンサーリンク


足首以外にマッサージするべき場所は?

ここまでは、足首をメインとしたお話でしたが、足首だけでなくふくらはぎのケアも脚のむくみを解消するためには大切な場所です。

というのも、ふくらはぎは、全身の血液を循環させる役割を持った非常に重要な場所で、ふくらはぎは、第二の心臓とも言われています。


つまり、足首だけを念入りにマッサージしてもポンプとなるふくらはぎのマッサージを怠れば、足首に老廃物が溜まる根本的な原因の解消とはなりません。


関連記事はこちら↓↓
ふくらはぎを押すとへこむ原因は?戻らない場合に気を付ける病気は?

ふくらはぎのマッサージ方法

自宅で出来る簡単なふくらはぎのマッサージ方法としては、ずばり気持ちいいと思えるような力加減で揉むことです。


入浴中などは、血行が良くなりますので、ふくらはぎを揉むと気持ちがいいと感じることが多いです。

入浴中に、ふくらはぎを軽く気持ちがいいと思えるように揉むことで、血液の循環がよくなり、むくみの解消に繋がります。


関連記事はこちら↓↓
足首がグラグラして歩くと痛い!よく【くじく】原因2つを徹底解説!

まとめ

足は、毎日かなりの負担がかかる場所です。

毎日少しずつでもマッサージをすることで、足が軽くなり、歩くことも楽しくなります。

ぜひマッサージを試して、足取り軽く毎日を過ごしましょう。

このページの先頭へ