ベロ(舌)が黄色いと口臭がキツイ?原因と対処法を徹底解説!

男性


鏡で舌をみたときに、なんだか舌が黄色っぽくなっていることありませんか。

それは、口臭の原因になります。

そして、その舌の黄色いのは、何か病気など原因かもしれません。そんな気になる舌の黄ばみついてこれから解説をしていきます。

舌は健康を測るバロメーター

舌は、健康状態を見ることが出来るバロメーターと言われています。

健康な時は舌が綺麗な状態で、舌の色がおかしいときは健康状態に異常があるかもしれません。

舌は、すごく敏感なことはご存知かと思います。


少し熱いものを舐めたらすぐに火傷をしてしまったり、非常に傷つきやすい繊細な部分です。

そして舌には、血液が非常に多く集まっています。

舌が健康状態を測るバロメーターというのは、健康状態により舌の血液の状態が変化し、それが舌の色となって現れるのです。

スポンサーリンク


舌が黄色くなる原因とは?

舌が黄色くなる原因としては、ミカンやレモンなどの色素が強いものを食べたときや、黄色の着色料が含まれている飲み物を飲んだ時があげられます。

こういった場合に舌が黄色くなるのは、一時的なものなので、口腔ケアを行ったり、数日あれば自然と綺麗な色に戻ります。


しかし、そういった黄色に関連するような食べ物を食べていないのに、舌が黄色くなるのは、病気などが原因かもしれません。

ストレスや、食べ物のカスが舌に付着して細菌が繁殖したことも考えられますし、時には胃腸の調子が悪い場合もあります。


胃腸が悪い人は、口臭が気になると言いますが、それは胃腸の状態悪化により舌がその異常を受けて、口臭の原因となります。

つまり、どれだけ口腔ケアを行っていても、それが身体の内部的な問題である場合は、根本的な原因を改善しなければ舌が綺麗にならず、また口臭も改善されないのです。

こらから、もう少し詳しく舌が黄色くなる原因について見ていきます。

スポンサーリンク


舌が黄色くなる詳しい原因

乾燥

舌が黄色くなっていて、なんだか乾燥しているようなときは、発熱や様々な外部からの感染症が考えられます。

身体が発熱すると、水分が不足しがちになります。


乾燥を引き起こすことで、舌が黄色っぽくなり、身体が脱水状態であるということを知らせています。

乾燥状態が長引くことにより、高血圧症や脂質異常症などの病気が発症することもありますので、大変危険です。

なるべく乾燥を避け、こまめに水分補給を行うように心掛けましょう。

黄色っぽく腫れている

女の子


舌が分厚くなっているような、腫れているような感じで、しかし赤みはないというような舌の状態は、もしかしたら高血圧症が原因で脳出血などのリスクが高くなっていることが考えられます。


このような場合は、病院へ行き、高血圧症の治療を行うなどをして、危険性の高い病気にならないよう心かげましょう。

塩分の多い食事などは、水分が奪われるだけでなく、高血圧症の原因ともなりますので、出来るだけ食塩を控えめに食事を摂るようにすることだけでも大きな予防となります。


関連記事はこちら↓↓
唇が腫れて痺れる原因は?危険な症状と対処法を解説!

舌が黄色いことで口臭が気になる

胃腸の調子が悪い

胃腸の調子が悪いと、舌が黄色くなり口臭の原因にもなります。

というのは、胃腸は食べ物などを胃がしっかり分解・消化し、腸へ送られます。


しかし、胃腸の調子が悪いと食べ物が上手に分解・消化されなくなります。

そうすると、食べ物が異常発酵してしまい、それが悪臭になり、血液から肺に送り込まれ、それが口臭として外へ排出されるのです。


関連記事はこちら↓↓
何かを食べたらお腹が痛くなる!原因となる5つの病気を解説!

ストレスが原因

ストレスが多くかかることで、胃腸の調子が悪くなりやすくなります。

ストレスと胃腸はとても密着した関係にあり、ストレスで便秘になったり下痢になったり、消化不良を引き起こし腹痛を生じさせたり、時には嘔吐の原因にもなります。


ストレスがかかると、胃腸は調子が悪くなります。

胃酸過多も一種のストレスが原因です。

また、消化不良などから口臭の原因にもなります。ストレスにより胃腸障害の目安として、舌の色をしっかりチェックする必要があります。


関連記事はこちら↓↓
自律神経がおかしい(乱れる)原因と整える4つのコツを解説!

スポンサーリンク


舌が黄色いのを治す

食べ物や飲み物による場合は、口腔ケアをしっかり行いましょう。

舌磨きという言葉も多く聞くようになり、現在ではドラッグストアの歯ブラシコーナーの近くに必ず、舌磨き用ブラシなどが販売されています。


このようなものを使用することで、適切な口腔ケアを行い、口臭予防にも繋がります。


舌苔という舌が黄色くなる前の舌が白いぶつぶつのようなものが出てきている場合は、舌磨き用ブラシが効果的です。

黄色くなる前に、定期的に舌を磨き綺麗な舌を維持することが望ましいです。

体調不良や、ストレスなどにより舌の色が悪い場合は、体調を整えストレスを発散することが大切です。


食事に気を使い、生活習慣の見直しも大切です。自分でも知らない間に、不健康な生活を送っている可能性もあります。

まさに舌は健康のバロメーターと言われるだけあり、舌は正直に教えてくれます。


関連記事はこちら↓↓
舌の表面が白い原因は?痛い場合の病気も徹底解説!

まとめ

舌が黄色いのは、大きな病気が無くても口臭の原因となりますので、やはりしっかり治すことが望ましいです。

口臭が気になり人と話すのが億劫になった・・・などとなると、それもストレスの原因になります。

しっかり、口腔ケアや体調管理を行い、ストレス発散を心掛け、健康な舌と綺麗な息を手に入れましょう。

このページの先頭へ