一人暮らしの出費を抑えたい!水道代を節約するコツを解説!

電卓


一人暮らしの場合でも、そうではない場合でも出費はできるだけ少なくしたい、という考えは同じだと思います。

出費の内訳は様々あるかと思います。例えば、家賃・食費・光熱費・交通費・交際費などあげればキリがありません。


特に、今まで実家暮らしをしていて一人暮らしを始めた人は、これまでは、気にしなくても当たり前のようにあるものが、一人暮らしをすると当たり前ではなくなることも多くあります。


慣れてしまえば気に掛けることもなくなるのですが、意外と人には聞きずらいのが光熱費のことです。

そこで、この記事では水道代を中心に生活費のことと、簡単にできる節約法をご紹介します。

スポンサーリンク


一人暮らしの生活費

まずご紹介するのは、一人暮らしの生活費ごとの平均です。家賃は場所により大きく違うので今回は取り上げません。

食費

まずは、切っても切り離せない食費です。

調べ方によって様々ですが、一般の社会人で月の平均は2~4万くらいです。大学生の平均でみると2~3万円が平均です。

やはり、社会人になると食べ物も贅沢になるようです。

水道光熱費

続いて光熱費です。

一人暮らしの平均は月1万円弱です。これは、社会人も大学生もあまり変わらない結果です。


関連記事はこちら↓↓
一人暮らしの家電にかける予算はいくら?絶対に必要なものは?

交際費

乾杯


三番目は交際費です。

人との交流の仕方は様々ですが社会人では月に1~5万前後の方が多いようです。

業種にも左右されるので一概にはこのくらい、というものはないようです。

一方大学生の平均は月に2万円弱の人が多いようです。

若いうちはいかにお金をかけないで楽しむかも一つの楽しみなので、皆さん試行錯誤しながら楽しんでいるようです。

交通費・その他

交通費の平均は月に1万円弱くらいです。

これも住んでいる地域に左右されるので一概に多いとか少ないというのはないようです。その他諸経費については大体月2万程度です。

スポンサーリンク


水道光熱費のうちわけ

それでは水道光熱費のうちわけを見ていきましょう。

ガス代

まずはガス代です。

このガス代については、都市ガスとプロパンガスで値段の相場が大きく変わるのですが、都市ガスだと月に大体1500~2000円くらいです。


プロパンガスの場合は4000~6000円くらいが相場になります。

冬の間は、水を温めるために消費するガスの量が増えるため、値段が上がる傾向にあります。

電気代

パソコンとスマホ


一人暮らしの平均は月に3000~5000円と言われています。

節約の方法としてよく紹介されているのが契約A(アンペア)を下げる方法ですが、アパートなどではうまくできない場合もありますので、節約が難しいですが、意外に周知されていないのがエアコンの使い方です。

家にあまりいない方はこまめに消したほうがいいのですが、つけっぱなしでも意外と電気代がかさむことはないようです。

理由としては、エアコンが一番電気を使うのはつけた時であり、温度が安定すると消費電力も下がるからです。

水道代

一人暮らしでの人のほとんどは基本料で済んでおり月に3000円程度が平均と言われています。

そんな水道代ですが、基本料で収まらない人は必見です!節水の簡単技をいくつかご紹介します。


水道代で一番かかっているのはなんといってもお風呂です。

水道代節約の為にお風呂を節約したくないという方は、まず節水シャワーヘッドに取り換えましょう。取り換えるだけでシャワー時の約40%を節水ができるという優れものです。


次にご紹介するのが、お風呂の残り湯を洗濯などに使いまわす。主婦の方がよくやっている方法ですが、一人暮らしの方でも節水になるのでぜひ試していただきたい技です。


三番目にご紹介するのは、キッチンでため水洗いをする方法です。

キッチン用の桶は100均とかでも売っていて手に入れるのは簡単なのでぜひ試してみてください。何より、流し洗いの半分の水の量で済む人も多いので大きく節水につながります。


最後にご紹介するのは、節水コマを使う方法です。水道の蛇口を節水コマにすることで水道代の節約につながります。

節水コマも最大50%水の量を減らすことができ、節水を期待できます。


関連記事はこちら↓↓
一人暮らしの固定費を節約するコツ!まずは3つを見直そう!

まとめ

以上、節約、特に節水の方法についてご紹介しました。

自分の普段の生活がいくらぐらいかかっているか振り返ってみると意外と無理なく節約できる方法が見つかるかもしれません。

この記事を読んだ機会に一度確認をしてみてはいかがでしょうか。


関連記事はこちら↓↓
一人暮らしの節約術!固定費以外の出費を抑えるコツ2つを解説!

スポンサーリンク



このページの先頭へ