お悔やみの言葉をメールで伝える時の注意点!【友人・友達編】

手帖


友人からメールで送られてきた突然の訃報。

突然のことで、どのような返信をしたら良いのか迷ってしまいます。

ですが、大事な友人の大変な時に、少しでも元気づけてあげるためにも、きちんと考えて送りたいものです。親しい関係だからこそ、心をこめた文章を送りましょう。

ここでは、お悔やみの言葉をメールで伝える時に気をつけることをお伝えします。

スポンサーリンク


お悔やみの言葉はメールで送っていいの?

まず、お悔やみの言葉をメールで送っていいのかについてお伝えします。

お悔やみの言葉をメールで送っていいのは、「訃報がメールで送られてきたとき」かつ「相手が親しい友人やビジネス関係の取引先」のみです。

親族やあまり親しくない友人、関係性の薄いビジネス関係の取引先の場合は、お悔やみの言葉をメールで済ますことは避けた方がよさそうです。

また、本来は訃報の連絡を受けたら葬儀に参列するか電報や手紙を送るのがマナーです。メールはあくまでも略式だということを頭に入れておきましょう。

友人へお悔やみの言葉をメールで伝える時の注意点

お悔やみの言葉をメールで送る際は、相手の様子もわからず自分の様子も伝えられないため、直接伝える時よりも言葉遣いなどに配慮が必要です。

相手の状況に気を遣って、きちんと考えて送りましょう。

ここでは、お悔やみの言葉をメールで送る際に気をつけることをお伝えします。

丁寧な言葉遣い

スマホ


親しい友人に送るとはいえ、いつもと同じような文面で送るのはマナー違反です。

堅苦しすぎなくても良いですが、最低限の敬語や丁寧語は使用しましょう。

例:「お父さん」→「お父様」など

件名は用件が簡潔にわかるように書く

相手は故人の死に対する心の整理やお通夜、葬儀の準備などで慌ただしく過ごしています。

メールをじっくり読んでいる暇はないかもしれません。

そのため、お悔やみの言葉をメールで送る際は、件名だけで用件が分かるようにする配慮が必要です。

例:「お悔やみ申しあげます(名前より)」、「(名前)よりお悔やみ申し上げます」など

時候の挨拶を書かない

時候の挨拶などは書かず、すぐお悔やみの言葉を書きます。

慌ただしく過ごしている相手のために、手短に済ませることを意識しましょう。

お悔やみの言葉を伝える

親しい相手とはいえ、ここはきちんとした礼儀が必要です。

弔意を示したメールであるということを伝えるためにも、お悔やみの言葉をきちんと書きましょう。

例:「心よりお悔やみ申し上げます」「心よりご冥福をお祈りいたします」

スポンサーリンク


相手を気遣う言葉を入れる

パソコン


親しい相手に送るものですので、あまり堅苦しくなりすぎず相手を優しく気遣う言葉も入れましょう。

「なにかあったらいつでも連絡してください」や「無理をしていないか心配です」などと書くのがおすすめです。

忌み言葉は使わない

お通夜や葬儀に参列するときと同じく、忌み言葉は使用しないようにしましょう。

不吉な意味を連想させる言葉はNGです。また、「たびたび」などの重ね言葉を使うのも避けた方が良いです。

「返信不要」ということを伝える

相手の状況を気遣って、無理に返信を求めないようにしましょう。

メールの最後に「返信不要です」と書いておけば、相手も気を遣わずに済みます。



関連記事はこちらをクリック↓↓↓
お通夜に行くときのアクセサリーでピアスは大丈夫?暗黙のルールは?

まとめ

お悔やみの言葉をメールで伝える機会はあまりないですから、「これで大丈夫かな?」と不安になってしまいます。


友人にお悔やみメールを送る際は、とにかく相手に負担をかけないということを第一に考えましょう。

また、礼儀はきちんとふまえつつも相手を思いやる言葉も入れることが大事です。

故人を弔う気持ちと、相手を気遣う気持ちの両方を忘れないように心掛けてメールを送りましょう。そして、最終的には気持ちがこもっているかどうかが大切です。

いくら、文脈的には問題無い文章でも機械的な文章よりは、きちんと相手の事を思い心配している内容を心を込めて書くことを意識して下さい。


そして、友人が落ち込んでいる時ですから、状況が落ち着いたら直接会って励ましてあげるようにしましょう!!辛い時に優しくしてくれる友人はとても貴重な存在です。

スポンサーリンク


このページの先頭へ