結婚式の服装で柄物のワンピースは大丈夫?どこまで許される?

結婚式


結婚式に参加するとなると、女性の場合は服装に悩みますよね。

特に、ドレスやワンピースはどんなものを着ていこうか迷ってしまうと思いますが、その候補の中に柄物のワンピースなども入っていませんか?

実は、柄物のワンピースは物によってはマナー違反になってしまうこともあります。

ここでは、結婚式の服装で柄物のワンピースは大丈夫かどうか、またマナー違反になってしまう服装やアクセサリー、バッグについてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク


結婚式に着ていくワンピース、柄物は着ても大丈夫?

基本的に、結婚式に着ていくワンピースは単色無地というマナーがあります。

ですが、柄物のワンピースでも結婚式に着ても大丈夫なものがあります。

それは、生地と同系色の刺繍柄や織柄、レースなどのものです。これらの柄であれば、柄物であってもフォーマルさがきちんと出るのでおすすめです。


逆に、柄物でダメなものはプリント柄。

安っぽさやカジュアルさが出てしまいますので、フォーマルさが求められる結婚式には向いていません。また、織柄や刺繍柄であっても、あまりに派手なものや同系色で無いものは避けた方が無難です。

基本は、無地でも柄物でも「フォーマルさ」があるかどうかを意識してワンピースを選びましょう。


関連記事はこちら↓↓
結婚式で使ったらダメな言葉は?NGワードについて徹底解説!

気をつけよう!マナー違反になる結婚式での服装

結婚式


結婚式でのワンピース選び、せっかく着飾るなら気合いをいれておしゃれをしたいですよね。

ですが、結婚式はマナーも気にしなければいけません。ここでは、マナー違反になってしまう服装をご紹介していきます。

白系のドレスやワンピース

一番着てはいけないのは、白色のドレスやワンピースです。

白色のワンピースは清楚で可愛いですが、白色は花嫁だけの特権です。ゲストとして参加する場合は我慢しましょう。


また、クリーム色や薄いピンクなど、白っぽい色は写真に写る際に白く見えてしまうかもしれません。これらも気をつけましょう。

また、バイカラーのワンピースなどで上半身が白色の場合も要注意です。

結婚式は基本着席した状態で過ごしますから、上半身だけしか見えないと白のワンピースを身に付けていると思われるかもしれません。ボレロやストールを違う色にして配慮したりしましょう。

極端に露出が多いもの

露出が多いのも避けた方が良いです。

具体的には、極端に短い丈のものや肩だし、身体の線がはっきり見えるものです。

丈は膝丈や少し上くらいのものがベストです。肩だしのワンピースを着る場合は、ボレロやストールなどを身に付けて肌の露出を減らしましょう。

カジュアルなもの、地味すぎるもの

結婚式ではカジュアルさは厳禁です。普段着で着ているワンピースなどはやめましょう。

また、結婚式は華やかさも求められますから、あまりに地味すぎる服装もやめましょう。

ワンピースやドレスが地味だな・・・と感じた場合は、アクセサリーや小物を上手に使うと華やかさを演出できます。

スポンサーリンク


結婚式で身に付けるアクセサリーやカバンにも気をつけよう

結婚式


結婚式では、服だけでなく小物にも気を使いましょう。

キラキラ光るネックレスやゴールド系は基本的にNGです。写真撮影の時に反射してしまう可能性があるので、もう少し落ち着いたものがよいですね。パール系のアクセサリーがおすすめです。


バッグは、フォーマルなものを使いましょう。荷物が多いからと紙袋やカジュアルなカバンを使うのはNGです。

荷物が多い場合はフォーマルなバッグにまとめてクロークに預けるなどしましょう。

また、動物の毛皮などは殺生を連想させ、縁起が悪いので使わないようにしましょう。


関連記事はこちら↓↓
結婚式にお呼ばれした時のネクタイの色はどうする?選び方を解説!

まとめ

ここまで、結婚式での服装についてお伝えしました。

柄物のワンピースはOKなものとNGなものがあるので、きちんと確認しましょう。

判断基準は「フォーマルさ」があるかどうかです。アクセサリーやバッグについても気をつけて選びましょう。

結婚式はおめでたい場です。新婦を引き立てつつ、華やかさを演出して素敵な結婚式にしましょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ