ホワイトボードに油性ペンを間違って使った!消し方を徹底解説!

ホワイトボード


ホワイトボード用のペンだと思って使ったら油性ペンだった、当然ボードイレーザーでは消えないしどうしよう・・・といった経験はありませんか?

油性なので雑巾で水拭きしても簡単には消えませんし、なんとか消えたとしても跡が残ってしまうこともあります。

そんな困っているあなたのために油性ペンのインクをきれいさっぱり落とす方法を徹底解説します!

スポンサーリンク


ホワイトボードについた油性インクを落とすには

油性インクを落とすにはいくつかの方法があります。

消しゴム

油性インクの上から消しゴムでひたすらこすると落ちることがあります。

ただし、時間がかかる上に跡が残ることもありますし、大変なので落ちない場合はこれから紹介する別の方法を試してみてください。

ホワイトボード用マーカー

油性ペンで書いてしまった部分の上からホワイトボード用マーカーでなぞり、ボードイレーザーやティッシュなどで素早く落とすと簡単に消すことがあります。

ただし、油性インクで書いてしまってから時間が経っていると消えないことがあるので、その場合はお湯で湿らせた布でふきましょう。

肩こりや筋肉痛に使う、塗るタイプ・スプレータイプの局所浸透薬

意外なことに塗るタイプ・スプレータイプの局所浸透薬も使えます。

ただし塗るタイプのものだと、スポンジ部分をホワイトボードに直接つけることになるので、あまりお勧めしません。

エタノール

上記の方法でも落ちないという場合は、エタノールがおすすめです。

布にエタノールを染み込ませて拭く、あるいはエタノール(アルコール)が多く含まれているウエットティッシュで拭いたあと乾拭きをすると油性インクがきれいに落ちます。

住居用クリーナー

エタノールやアルコール入りウエットティッシュは今手元にないけれど、住居用クリーナーならあるという場合には油性インクで書いてしまった部分に吹きかけ、仕上げに乾拭きしてみてください。

使用してはいけないもの

ホワイトボード


油性インクを落とすのに使用してはいけないものがあります。

まずはお掃除消しゴムとして有名なメラミンスポンジです。

軽くこすると消すことができますが、ホワイトボードのコーティングを痛めるので使用しない方が無難です。


また、シンナー・ベンジン・除光液も落ちることは落ちるのですが、かえってこれらの液体のせいでホワイトボードがダメになってしまうので使ってはいけません。

スポンサーリンク


服や壁に油性インクがついてしまった場合には

小さなお子様がいらっしゃる家庭の方は、特にこういった経験が多いのではないでしょうか。

まず、服についた油性インクの落とし方からご紹介します。

ホワイトボードについた油性インクを落とす方法でもご紹介したエタノールを使います。

油性インクが付いてしまった場所の下にタオルを当て、上から清潔な歯ブラシなどに浸けたエタノールで油性インクがついてしまった部分をトントンと叩きます。


タオルの位置を変えながら歯ブラシについた油性インクをタオルに移していきます。

そしてその後、食器用洗剤を油性インクが付いていた部分に垂らして、つまみ洗いをすれば完全に元通り、とまではいきませんがほとんど目立たなくなります。

ただし生地を痛めてしまう可能性がありますので、洗濯表示を確認してから試してみてください。

心配な方や、油性インクが広範囲についていたり、相当前についたまま放置している場合は、クリーニングに出してシミ取りをお願いしたほうがいいかもしれません。

ホワイトボード


次に壁に油性インクが付いてしまった場合の対処法をご紹介押します。

この場合は住居用クリーナー(スプレータイプのもの)を油性インクが付いてしまった部分に吹きかけ、濡らした清潔な歯ブラシでこすり落とし、水拭き、乾拭きをしましょう。


ただ壁紙の種類によっては痛めてしまう可能性がありますので、少しだけ試してからにしましょう。

無地の壁紙の場合は考え方を変えて、油性インクの上からカラースプレーを吹きかけるのもいいかもしれません。ただし、賃貸の場合は必ず先に大家さんに確認を取りましょう。


関連記事はこちら↓↓
油性マジックの汚れを消す方法はコレ!試したい14個のワザ!

まとめ

油性インクを消すための方法をいくつか紹介しましたが、摩擦で落ちる消しゴム以外には共通点があります。

それらはすべて油性インクと同じ油溶性だということです。油性ペンにはエタノールが含まれていて、化学では似た者同士はよく溶ける、と言われています。

つまり油性ペンと同じ成分が含まれていればインクを落とすことができるのです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ