借りたアパートがカビ臭い!原因と対策を徹底解説!

女性


ドアを開けた瞬間ムッと立ち込める嫌な臭い、みなさんはお部屋の匂いがカビ臭いなと感じた経験はありませんか。

消臭剤を置いていても、臭いの原因であるカビは減らないので意味がありません。

どうして部屋がカビ臭くなってしまうのか、どんな風に対処すれば良いのか、知りたい方にカビの臭いの原因と対策をお教えします。

スポンサーリンク


部屋がカビ臭くなってしまう原因

カビ臭い、とは言うもののカビは本来無臭です。

私たちがカビの嫌な臭いだと感じているのは実はカビが繁殖する時に発する臭いだったのです。

つまり、カビ臭いなと感じるころにはすでにカビが発生し、繁殖し出しているということになります。カビが発生しやすい箇所は以下の通りです。

参考にカビ臭く感じる部屋の中もチェックしてみましょう。

エアコンの中

エアコンの中は普段掃除することも少なくほこりが溜まりやすい場所でもあるため、カビが発生しやすくなってしまいます。

エアコン内にカビが発生してしまうのを放っておくと、送風の際に部屋中にカビを含んだ空気が部屋中に放たれてしまうのです。

最近では自動的にフィルターを掃除してくれるエアコンも販売されていますが、定期的にエアコン内の埃などを掃除するよう心がけましょう。

本棚

子供


たくさんの本が詰まった本棚は、紙でできた一冊一冊の本が水分を吸収しカビが繁殖しやすい環境になっています。

また、本の入れ替えが頻繁に行なわれていない本棚は埃が溜まりやすく、埃を糧に繁殖するカビにとっては絶好のスポットとなるのです。

家具と壁の間

冷蔵庫や食器棚の後ろは普段動かして掃除できないので埃が溜まりやすく、カビも繁殖しやすくなります。

また、ソファーと床の間やカーペットの下なども湿気が高く埃も溜まりやすいため注意が必要です。

定期的にチェックすることと掃除する事を心がけましょう。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
冷蔵庫の掃除の頻度はどれくらいがベスト?やり方も徹底解説!

押入れの中

布団や洋服を収納しているところにもカビは発生しやすいです。

特に梅雨の時期は湿気が高く、少し油断するとあっという間に布地に黒いカビが発生してしまいます。

防カビ剤などで対処をしておきましょう。

窓枠

冬の間も油断は禁物です。

暖かい部屋と冷えた外気の温度差で窓が結露しやすくなっており、窓や窓枠に付着した水分を放っておくとあっという間にカビが発生してしまいます。

朝起きた時など出かける前に、さっとひと拭きしておくだけでもカビの発生を抑えることができます。

スポンサーリンク


カビの匂いを消す方法

女性


カビの嫌な匂いを消すには臭いの原因となるカビを退治するのが一番です。

カビ退治には水を含んだ消毒用エタノール(アルコール)が効果的で、薬局などでも手に入れることができます。

臭いの気になる、カビの生えやすいところにひと拭きして水分を残さないよう丁寧に拭いておきましょう。

このとき、マスクをし、窓を開けて部屋の換気をすることでカビの胞子を吸い込んでしまわないようにしてください。また、消臭効果のある重曹も効果的です。

水に溶かすなどしてエタノールと同じようにカビの臭いを消す事が出来ます。また、重曹や備長炭は置いておくだけでもカビの臭いに対して効果があるので、気になるところがある人は試してみてください。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
部屋を効率よく片付けるコツを解説!まずはいらない物を捨てること!

まとめ

嫌な臭いの原因であるカビを防ぐにはやはり掃除が一番です。

湿気が気になるところや埃の溜まりやすいところはまめに掃除をし、特に湿気の多い梅雨の時期などは除湿機を利用するなどしてカビの好む環境を作らないようにするよう心がけましょう。


そして、それでも解決しない場合は大家さんに部屋ががカビ臭いと申し出ることも必要です。大家さんが何かしら手をうってくれればそれでOKですし、それでも解決しない場合は引っ越しも視野に入れる必要が出てきます。

カビは人体にとって有害であり、ときにはアレルゲンとなり健康を脅かす存在になります。部屋がカビ臭いなと感じたら要注意、決して放っておかないようにしましょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ