結婚式に履いていく靴の選び方を解説!NGな色や形・素材は?

靴


結婚式に招待されると、服装選びに力が入ります。

ドレスやスーツ、髪形など、悩みどころはたくさんあります。しかし、皆さんは結婚式に履いていく靴選びには気を遣っていますか?

実は、結婚式に履いていく靴の選び方にもマナーがあります。ドレスやスーツほど目立たないから、と気を抜いてはいけません。

ここでは、結婚式に履いていく靴の選び方やマナー、NGな靴の色や形・素材について、レディース編・メンズ編それぞれお伝えします。

スポンサーリンク


結婚式に履いていく靴の選び方はこれ!

ドレスやスーツほど目立たない靴。

しかし、結婚式に履いていく靴の選び方にもきちんとマナーがあります。気まずい思いをしないためにも、きちんと確認しましょう!

【レディース編】

靴

つま先が隠れるものを

結婚式に履いていく靴は、つま先が隠れるパンプスにしましょう。

あまり目立たないからとカジュアル過ぎる靴を履くのはNGです。フォーマル感のでるパンプスが一番結婚式にぴったりです。

ヒールは3cm以上!

ヒールは3cm以上あると、ふくらはぎの位置が上がって綺麗な脚のラインになります。

特別な事情がない限り、なるべくヒールがある靴を選びましょう。

おすすめのヒールの高さは、女性の足元が一番美しく見える高さである7cmです。7cm以上だと、慣れていないと辛く感じるかもしれません。

靴の素材はシルクやエナメルが一般的

結婚式に履いていく靴はシルクやエナメルが一般的ですが、素材に関しては上品に見えるものなら基本的にOKです。

春夏はシルクやレース、秋冬はエナメルやスエードなど、季節に合わせて選ぶのもいいです。

靴の色は白も黒もOK!

ドレスの場合白や黒はマナーでNGとされていますが、靴に関しては色の決まりはありません。

その時のコーデ次第でおしゃれなものを合わせましょう!バッグの色と合わせるとコーデにまとまりが出るのでおすすめです。

スポンサーリンク


【メンズ編】

靴

黒い靴が正式!

男性は「黒の革靴」が一般的な正装です。

比較的カジュアルな式や親しい友人の結婚式などは濃い茶色などでも大丈夫ですが、親族の結婚式の場合やスピーチを頼まれた場合などはきちんと黒い靴で参加しましょう。

デザインはひも付きのストレートチップ

靴のデザインは、「ストレートチップ」というものがフォーマルに適しています。

つま先の切り替えがストレートになっているものです。

ですが、厳しくなくても大丈夫そうな場合は「プレーントゥ」というつま先に飾りがないものでもOKです。

結婚式に履いていくのにNGな靴の色や形や素材は?

次は、結婚式に履いてはいけない靴に関してお伝えします。

マナー違反の靴を履いていると意外に目立ちます。気をつけて選びましょう!


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
結婚式の服装で柄物のワンピースは大丈夫?どこまで許される?

【レディース編】

靴

オープントゥやサンダルはNG!

足の指や甲が露出するものはカジュアルなので基本的にNGです。

また、「つま先が出る」=「妻が先に出る」、つまり別れを連想させる、といった意味でもNGになっています。ブーツもカジュアル過ぎるので控えましょう。

太いヒール

太いヒールはヒールが高くても安定感があって歩きやすいので便利ですが、カジュアルなので結婚式には向いていません。上品な細ヒールにしましょう!

バイカラーはNG

先ほど「色は何色でも大丈夫」と述べましたが、バイカラーは「別れ」を連想させるのでNGです。単色のものにしましょう。

【メンズ編】

靴

白はNG

白は花婿の色なので、白い靴は絶対に履いてはいけません!基本的には黒を履きましょう。

メダリオンデザインはNG

つま先に穴が開いている「メダリオンデザイン」は、おしゃれですがフォーマルに適していません。

なるべく避けましょう。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
結婚式にお呼ばれした時のネクタイの色はどうする?選び方を解説!

まとめ

今回は結婚式に履いていく靴の選び方についてお伝えしました。


あまり見えないから、目立たないからといった理由で靴を適当に選ぶのはもったいないです。

「おしゃれは足元から」といった言葉もあるように、靴の選び方ひとつで全体の印象も変わります。

マナーには気をつけつつ、ぜひ自分のお気に入りの靴を履いて結婚式を楽しみましょう!

スポンサーリンク



このページの先頭へ