アクセサリーを断捨離できない人はまず3個の事を実践しよう!

ジュエリー


季節や流行、シーンによって様々なバリエーションがあるアクセサリーですが、気付けば収納に収まりきらないほどに増えてしまってはいませんか?

中にはいつ購入したのか分からないものも含まれていたり、買ったものの一度も着用したことのないものが含まれたりと使われていないアクセサリーもあるかと思います。

そこで、今回は使っていないアクセサリーを捨てられずついつい新しいのを買ってしまう人にオススメしたい、アクセサリーの断捨離についてお話します。

スポンサーリンク


アクセサリーを少なくするメリット

いつか使うかもしれないのにどうして今捨てなくてはならないのか、こう思う人も中にはいると思います。

しかし、断捨離をすることは決して無駄なことではなく、様々なメリットがあります。

収納が小さくすむ

ひとつひとつは小さなものでも量が増えてくるとしまう場所にも困ってしまいます。

持っているアクセサリーの量が減ることで、収納ケースも小さく納めることができスッキリ整頓できます。

使いたいときに必要なものがすぐに出せる

小さなピアスなどを見つけるのに、沢山のアクセサリーに埋もれてしまっていては、見つけるのに苦労します。

片方は見つかったのに、もう一方は見つからななどという事も考えられます。

出かける時間が迫っているときなどは、これでは困ってしまいます。

同じデザインのものを間違って買わなくなる

可愛いなと思って購入したものの、家に帰って確認してみたら同じようなものを持っていた、という経験のある人は少なからずいるでしょう。


それは自分の持っているアクセサリーを把握していないからであり、必要なものだけ残して数を減らす事によって改善する事ができます。

アクセサリーの断捨離のコツ

アクセサリーを少なくしたいけどどれから捨てれば良いのか分からない、という方はこれから紹介する方法を参考に実践してみてください。

捨てる基準を決める

1年以上使っていないもの、破損しているもの、身に着けると痛いもの、今の自分に似合っていないものなど。

闇雲にただ手放すのではなく本当に必要なものだけ手元に残るよう、基準を自分で考え決めておきましょう。

アクセサリーを一箇所に集める

アクセサリー


アクセサリー収納にすべてのアクセサリーが収まっていればいいですが、別の引き出しに入っていたり机に出したままになったりしているアクセサリーはありませんか?

これから選別を行なうのに取りこぼしのないよう、自分の持っているアクセサリーを一箇所に集めましょう。


関連記事はこちら↓↓
服を断捨離するコツはコレ!捨てられない人が始めにやるべき事!

今の自分に必要なものだけ残す

準備が出来たらとうとう選別です。

頂き物や思い出の品など、手放しがたいものはたくさんありますが、デザインが古くて今の自分に似合わないものや壊れたものをいつまでもとっておいても人の目に触れることがなくなってしまいます。


月日が経てばその時の流行も変わってしまったり、自分の体型や雰囲気も変わったりして合わないアクセサリーが出てくるはずです。


いつか使う時があるはずだと残しておかなくても、これからどんどん新しいデザインの魅力的なアクセサリーとの出会いがあるはずなので少し名残惜しくても決断しましょう。

スポンサーリンク


捨てられないアクセサリーの活用法

ネックレス


手放そうと決めたアクセサリーの中には破損して使用できなくなったものもありますが、デザインやサイズが合わないといった理由で処分しようと決断したものも多いと思います。


人から頂いたものでどうしても捨てられない、まだ新品同様で捨てるのはもったいない、そんなアクセサリーは捨ててしまう前に以下のことを試してみてください。

デザインの古いものをリメイクして使用する

使う予定はないけれど、思い出の品や大切な人からの頂き物が捨てられないという方にオススメです。

古いデザインの指輪などもチェーンに通すだけで、アンティーク調のネックレスとして再利用する事ができます。

インターネットなどで必要としている人に譲る

安いアクセサリーがたくさんある人にオススメです。

アクセサリーひとつひとつを別々に売ろうとしても中々買い手が見つからないことがありますが、量を集めてまとめ売りする事で、「リメイク品の材料」として欲しがる人が出てくるはずです。


関連記事はこちら↓↓
ポイントカードを断捨離して財布をスッキリさせるコツを解説!

まとめ

増えすぎたアクセサリーを見直して捨てることを紹介しましたが、必要以上に増やしすぎないことも大切です。


買い物に行くとついつい魅力的な新商品に目を奪われてしまいがちですが、予めアクセサリーの所持上限数を決めておくなどして買いすぎには注意しましょう。


使ったらきちんと保管場所に戻し、アクセサリーひとつひとつのケアを行なって長く、綺麗に使っていくよう心がけましょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ