子どもの微熱が続く病気は?本人は元気だが親は注意してあげて!

女の子


子供に微熱があるので、薬を飲ませても、なかなか熱が引かない。そこで小児科で診察を受けると、肺炎との診断がでるなどということもあります。


子どもは、自分の症状をうまく伝えることができません。たかが微熱と軽くみずに親はよく注意してあげることが必要です。

微熱が出る原因

微熱というのは、だいたい37°C台を指します。熱が出るというのは、体に侵入してきたウイルスや細菌を殺したり、その増殖を抑えるためです。


体を守るためですから、熱が出たからといって、すぐに解熱薬を使わなくても大丈夫です。発熱とともに脳に障害を残す疾患は、脳炎、脳症、化膿性髄膜炎のような脳の病気で、高熱だからというわけではありません。


脳の病気の場合は、視線が合わない、眠ってばかり、意味不明な言葉を発する、異常に興奮して暴れる、別人のような金切り声を出す、痛い刺激に反応しない、などの症状があります。


そういう症状がなく、体力的に大丈夫なら、熱は出した方がいいともいえます。だだし、脱水症状にならないよう、水分とミネラルの補給をしてください。


関連記事はこちら↓↓
大人で40度以上の高熱が下がらない!原因となる病気と対処法を解説!

発熱のシステム

男の子


人間には、体温を36.5°Cに維持しようとする機能が働いています。その体温維持機能の設定が風邪などによって高くなると、その設定温度にするために、体はゾクゾクと寒気がして、ガタガタブルブルと震える「悪寒」が起こります。

そして設定温度に達すると、治まります。


体温を上げようと体温維持機能をフル回転するために、体力を消耗して、気分も悪くなります。ですからその時期は、体を冷やすよりも、温めて、体温維持機能を助ける方が、体力の消耗を少なくすることになります。


体が体温設定温度を39°Cにしている時に、冷やして下げようとするのは、36.5°Cの健康な人の体温を下げるようなもので、体にストレスを与えることにもなります。


熱が上がってしまったら、寒気も取れ、手足が暖かくなり、気分も良くなります。汗をかいていれば着替えて、暑ければ薄着にするか、毛布を一枚減らしましょう。

室内温度を下げるのも効果的ですが、急激な気温の変化は避けましょう。


喘息の人は、冷気で発作が出ることがあります。


体を物理的に冷やすのが最も適切な病態は、熱中症で高体温になっている時です。この場合は、全身をぬらしてあおいだり、脇の下や太ももの付け根に冷たいものを当てて冷やしてください。


よく夜になると熱が高くなることがありますが、人の体温は睡眠のリズムやホルモンの昼夜の変動などの影響を受け、朝に熱が下がりやすく、夕方から夜間に熱が出やすく、高く上がりやすい傾向にあります。


熱の経過を見るのであれば、同じ時間帯の熱を比較するようにしてください。




関連記事はこちら↓↓
子供が熱性けいれんを起こす原因や前兆があるかが知りたい!

スポンサーリンク


熱と風呂

熱があまり高くなく、そこそこ元気なら、シャワーやお風呂に入っても差し支えありません。お風呂の後熱が上がるのは、人の体温のシステムのせいで、お風呂のせいではありません。


だだし、入浴中は子どもから目を離さないように。湯船の中で熱性痙攣を起こさないとは言えません。また、湯冷めはさせないようにしてください。髪を洗ったら、すぐにドライヤーなどで乾かしてください。


関連記事はこちら↓↓
子供が首が痛いと言っている!!発熱や頭痛の症状もある原因は?

水分補給

嘔吐しやすい場合は、治まってからあげてください。水分はスポーツドリンクや薄めのスープ、処方でもらうソリタT顆粒、アクアライトがいいでしょう。


水様下痢がない乳児なら、ミルクが普段の半分程度飲めていれば、数日程度なら大丈夫です。水分不足なら水分を、糖分不足なら甘いものを、塩分不足ならスープなどを欲しがるので、欲しがるものを与えてください。


泣いてもあまり涙が出なかったり、口の中が乾燥気味なら脱水が進行していますので、点滴が必要です。

スポンサーリンク


知恵熱

「頭を使いすぎたら出る熱」と思っている人が多いのではないでしょうか?本当は「生後半年以降の知恵がついてくる時期に出てくる発熱症状のこと」です。ですからやはり原因はウイルスや細菌です。


赤ちゃんは、お母さんの胎内にいる間や初乳から、お母さんの免疫をもらいます。その免疫効果が、生後半年くらいで切れるのです。


朝は元気で、夕方に熱が出て、夜には下がる。自然に熱が下がるので、「知恵熱だ。知恵がついているんだ」と喜びますが、これは初めてウイルスに出会ったことによる反応です。

自然に熱が下がる分には「免疫がついてきているんだ」と喜んでもいいのですが、感染症であることには違いがないので、気をつけてあげてください。


鼻水や咳、下痢症状がなく、熱が長引かなければ、心配はいりません。37.5°C以上熱がある時は、お風呂は避けましょう。38.5°C以上出て、しんどそうなら、小児科で受診して解熱剤を処方してもらうのもいいです。


食事は消化の良い物を食べさせて、安静が一番です。体調の悪い時子どもは、いつも以上に甘えてきますので、しっかりと受け止めてあげましょう。精神的安定が、何よりの治療薬です。


子供が40度以上の熱を出しているときはこちらの記事を参考にして下さい↓↓
子供の40度以上の発熱が続く!症状を冷静に確認して原因を探ろう!

子どもに多い熱のでる病気

幼児


突発性発疹:0~1歳の乳幼児に多く、3日くらいの発熱後、全身に発疹が出ます。ほとんど問題はありませんが、高熱時に熱性痙攣を起こすこともあります。

麻疹(はしか)
発熱とともに、風邪と同じ症状が出て、全身に発疹、全経過10日くらいです。肺炎、中耳炎、脳炎などの合併症が怖いです。1歳になったら、すぐ予防接種を受けてください。

水痘(みずぼうそう)
水をもった疹が全身に出ます。人にうつすので、1週間くらい外に出られません。予防接種をお勧めします。



関連記事はこちら↓↓
蕁麻疹の原因は疲れやストレス!?顔だけに出た場合はどうする?

アデノウイルス
夏に流行しますが、年中発症します。のどが腫れて高熱が4~5日続き、結膜炎、頭痛、吐き気、下痢もします。


ヘルパンギーナ:夏風邪の一種です。発熱とのどが真っ赤になって水疱ができます。のどが痛くて、食べられないことがあります。

溶連菌感染症
発熱、のどの痛み、ときに発疹。学校は出席停止。感染の後、急性腎炎を起こすことがあるので、感染後2~3週間して尿検査をお勧めします。

インフルエンザ
ウイルスが原因で、風邪より症状が重く、感染力が強い病気です。肺炎、脳炎といった合併症も怖いので、必ず病院で受診してください。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
耳の下が腫れ、痛みと熱が出ます。ときに髄膜炎を合併しますので、頭痛や嘔吐があれば要注意です。まれに膵臓炎や睾丸炎を起こすこともあるので、予防接種をお勧めします。


肺炎
細菌性肺炎では、いきなり40°C前後の高熱や激しい咳が続きます。ウイルス性肺炎は細菌性肺炎より症状が軽く、ほとんどの場合自然に回復します。


マイコプラズマ肺炎も症状が軽症な場合がほとんどで、熱も38°C以下が多いですが、咳は長引くことが多いです。


関連記事はこちら↓↓
子供の水下痢の原因は?元気があっても病院に行くべきなのか?

まとめ

発熱は、体の防御反応なので、慌てずに、熱以外の症状や全体状態を診て、対応するようにしたいです。


また、子供は自分の症状を上手く周囲に伝えることが出来ませんので、周りの大人は微熱以外の症状にも目を配る必要があります。


重篤な病気の可能性もありますので、早めに病院に連れていくようにしましょう。


スポンサーリンク


このページの先頭へ