結婚式にお呼ばれした時のネクタイの色はどうする?選び方を解説!

ネクタイ


結婚式に招待されたとき、男性の皆さんはネクタイの色選びに困ったことはありませんか?

結婚式は幅広い年代の方が出席しますから、マナーも気にしつつおしゃれなところもアピールしていきたいです。

しかし、ネクタイは色や柄などの種類が多いですから、選ぶのに苦労することもあるのではないでしょうか?

そこで、今回は結婚式のネクタイの色の選び方について説明していこうと思います。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


結婚式に身に付けるネクタイ、何色なら大丈夫?

結婚式に身に付けるネクタイの色ですが、皆さんまずは「白」が思い浮かぶと思います。

白色のネクタイは、結婚式で身に付けるネクタイの色として最適です。


しかし、昔は白ネクタイが一般的でしたが、最近では白ネクタイは年配の方が身に付けているイメージが強いかもしれません。

今では若い人たちを中心に、白ネクタイではなくカラーネクタイを身に付ける方が増えています。


では、どんな色のネクタイが良いのでしょうか。たくさん色があって困ってしまうと思いますので、次は結婚式におすすめのネクタイの色をご紹介します。

結婚式におすすめのネクタイの色は「パステルカラー」

ネクタイ


結婚式におすすめのネクタイの色として「パステルカラー」はいかがでしょうか。

明るい雰囲気の出るパステルカラーは、お祝いの場である結婚式にぴったりです。

さっそく、ご紹介していきたいと思います。結婚式の雰囲気や、自分が演出したいイメージなども考えながら見ていきましょう。


ブルーはネクタイとして無難な色ですから、もちろん結婚式にもおすすめです。

知的な印象を与えますから、特に仕事関係でのお呼ばれだった場合は上司や目上の方にもいい印象を与えることができます。


華やかで若々しいイメージのピンクは、柔らかい印象を与えるので女性ウケが気になる方にはおすすめです。

出会いを求めている方は選んでみましょう。


他にもグリーンやイエローなど、明るめでエレガントな色が結婚式の雰囲気とマッチして素敵な印象を与えることができるのではないでしょうか。

他には、シルバーなども結婚式にはおすすめです。

暗めになってしまうかも?と思われるかもしれませんが、光沢のあるものや差し色のあるものを選べば、洗練された大人の男性といったイメージを演出できるのでおすすめです。

スポンサーリンク


結婚式で身に付けてはいけないネクタイの色は?

ネクタイ


先ほどは結婚式におすすめのネクタイの色をご紹介しましたが、結婚式で身に付けてはいけないネクタイの色についても触れておきましょう。

マナーをきちんと知っておかないと、せっかくのお祝いの場が台無しになってしまうかもしれません。


まず結婚式で一番身に付けてはいけないネクタイの色は、「黒」です。

喪服を連想させてしまい、縁起が悪いのでNGな色とされています。

黒一色のものだけではなく、黒ベースの柄物も避けましょう。明るい色を身に付けるのが一番です。

とはいえ、明るい色でもNGなものがあります。


それは、「原色や極端に目立つ色」です。結婚式のマナーとして、「新郎新婦より目立つ格好をしてはいけない」というものがあります。

そのため、カラーネクタイを身に付ける場合は極端に目立つ色は避けるようにしましょう。

先ほどご紹介したように、パステルカラーと呼ばれるものを身に付けるのがおすすめです。

あとは、色ではないのですが「アニマル柄」を身に付けるのもNGです。殺生を連想させるので、身に付けるのはやめましょう。



関連記事はこちら↓↓
結婚式で使ったらダメな言葉は?NGワードについて徹底解説!

まとめ

ここまで、結婚式に身に付けるネクタイの色の選び方についてご紹介してきました。

結婚式に身に付けるネクタイ、せっかくならおしゃれなものを身に付けたいですよね。

基本的には白が一般的ですし、目上の方への印象も良いでしょう。他にも、シルバーやパステルカラーなどがおすすめです。


また、色だけじゃなく柄や質感、結び方なども気を配ると、また違った印象を与えることができるのでいろいろと試してみてはいかがでしょうか。

まずは、自分に似合う色はどんな色か、周りにどんな印象を与えたいかということを意識すると、選びやすくなるのではないかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



このページの先頭へ