マイナス思考は改善できるの?治し方を恋愛・仕事に役立てて!!

同じ状況に置かれていても、こちらから見ていて細かいことをあまり気にしていないように思える人がいます。


それに対して、自分は何かと些細なことを気にしてしまったり、「どうせ上手くいかないだろ」「また失敗か」「失敗したらどうしよう」とすぐにネガティブなマイナス思考にとらわれてしまう傾向にある。


マイナス思考はよくない、プラス思考なろうなどという言葉はよく聞きますが、なろうと思ってなれるなら、すぐにプラス思考になっているはずです。


それでも少しずつでも思考をマイナスからプラスへ、プラスとまでは行かずともせめてゼロまでは改善したいと考えるのは、当然のことだと思います。


今回の記事では、マイナス思考に陥ってしまう原因と改善方法(治し方)をご紹介していきますので、是非日常の恋愛や仕事にお役立てください!!

スポンサーリンク


マイナス思考の原因

改善方法を見ていく前にまずは「マイナス思考」の原因について考えていきましょう。


まずは想像してみてほしいのですが、あなたが自分が「マイナス思考」であると自覚できるようになったのはいつ頃からでしょうか??


赤ちゃんの頃でしょうか??

小学校に通う前のまだ幼い頃でしょうか??

中学生の頃でしょうか??

社会人になってからでしょうか??


どうでしょうか??人それぞれ違いはあるかと思いますが、年齢が上がるに従いマイナス思考になる確率は高くなることがイメージできたのではないでしょうか??


実はこのことに「マイナス思考」に陥ってしまう原因のヒントが隠されています。


「マイナス思考」の原因はそれは、あなたがこれまでに経験した「失敗」や「嫌な思い出」例えば

・失恋
・いじめにあったトラウマ
・受験に失敗した
・就職活動に失敗した
・身近な人間との死別
・上司に怒られた
・恋人との些細な喧嘩

などなど、人それぞれ、その経験やレベルは違いますがこれまでの人生で何かしらの失敗や苦い思い出があるかと思います。


この様な経験が蓄積された結果として、現在やこれから先の未来に対してマイナス思考的な考えが頭をよぎってしまうのです。

スポンサーリンク


改善方法・治し方は??

82702f322df2ad38b28c2042a82f2ba9_s
それではこの「マイナス思考」をどの様に克服していけばよいのでしょうか??


単純にプラス思考になろう、何でもポジティブに考えよう、細かいことは気にしないようにしようと考えていても改善するのは難しいのではないかと思います。


そもそも、それが出来るのなら「マイナス思考」にはなったいないからです。


そこで私が提案したいのが、まずはいきなり「プラス思考」になろうと頑張るのではなく、「マイナス思考」を排除していくことに集中してみるという方法です。

マイナス思考の排除法

マイナス思考を排除する方法はそれ程難しいものではありません(実際に私も実践していますので、誰にでも無料でできる方法です)。


やり方は、まず今陥っている「マイナス」な考え方をしっかりと確認します。そしてその感情を頭から排除(手放す)するイメージを繰り返すだけです。


<具体例>

例えば、いつも仕事で失敗をしてしまい、上司からの信頼を失ってしまっているのではないか??というネガティブな考えを常に持っていると想定すると、


仕事に失敗するのでは??という「不安」や上司から叱られるのでは?信頼を失っているのでは?という「不安」があると思います。


この様な時は、まず今「不安」な感情があると確認します。

そしてそれを認めます。

次に、その「不安」な感情が頭から離れていく、心から解放されていく様なイメージを繰り返すのです。(目は開いていても、閉じていても大丈夫です)


これを毎日毎日繰り返します、通勤の途中、トイレに行った時、寝る前などでも良しですし、マイナスの感情が芽生えるたびに、行ってもよいでしょう。


すぐに効果は感じられないかもしれませんが、続けていくと自らの心に少し余裕が生まれていることに気が付くと思います。

(※今回は仕事を例に出しましたが、それぞれ「恋愛」や「対人関係」などに置き換えて行ってみて下さい)

まとめ

今回は「マイナス思考」に陥ってしまう原因と、その改善方法(治し方)を一つご紹介した。


今回のやり方以外にもメンタルにアプローチする方法は沢山あります、一度の沢山の事を行なうのは無理ですし、どのやり方が自分に合っているかも分かりませんので、まずは一つご紹介しました。


長年染み付いてしまった「マイナス思考」を治していのは、大変で道のりは長く感じるかもしれませんが、諦めずに、少しずつ(一歩一歩)進めてみて下さい!!

スポンサーリンク


このページの先頭へ