真田丸 41話 ネタバレ感想 石合十蔵とすえが結婚!幸村は大阪へ!

徳川家と豊臣家の激突の時が近づく中、幸村は豊臣側に味方することを決断します。そのためにはまずは九度山を抜け出し、大阪城に向かわなければならない幸村ですが。


家康は昌幸の息子である幸村への警戒を強め幸村が暮らす村の見張りを増やします。どうにかして見張りの目をかいくぐり村を抜け出したい幸村は、普段世話になっている村人の力を借りることにします。

スポンサーリンク


村人たちからすると幸村から伝授された真田紐のおかげで村は潤い美味しい思いをさせてもらっている幸村からの頼み事という事になり村長は幸村への協力を惜しみません。


幸村は村人たちとの宴の席を設けます、その際の騒ぎに紛れ村を抜け出します。幸村への見張りを任されていた武将はすっかり騙され、用意されている飲み物が酒ではなく米のとぎ汁である事に気付いたときにはすでに幸村の姿は宴の席にはありません。


幸村をとらえようとする武将に村長は、ある寺で幸村が部下たちと待ち合わせるはずだと案内しますが、それは村長の芝居で、幸村がいない寺へ武将を案内しました。


村長は恩のある幸村の武運を祈り、幸村が逃走した方角へ一礼をします。幸村の方も脱出劇に手を貸してくれこれまで世話になった村長がいる方角へ一礼をすます。


村長や村人の協力も有り幸村は無事に九度山を抜け出す事に成功しました。

スポンサーリンク


この頃、真田家本家では信之が手のシビレをうったえ始めています。そろそろ次の代にバトンを渡したい信幸ですが、昌幸には稲との息子・信政、こうとの息子・信吉がいます。


信吉の方が兄なのですが、剣術の腕前は本田忠勝の血を引き継ぐ信政の方が上で、その事で信之はどちらに家を継がせるか頭を抱えますが、そんな信之に稲は自らの息子信政ではなく、信吉に継がせる様に助言します。


稲の助言もあり信之は信吉に真田家を継がせることを決断します、そしてきたる徳川家と豊臣家の戦を信吉と信政の初陣とすることも決めます。


また、幸村の娘であるすえが石合十蔵と結婚することが決まりました。ストーリー上十蔵がどの様に幸村と関わってくるかは現時点では不明ですが、幸村の娘の旦那ですのでこちらも注目です。


そして、ついに大阪に到達した幸村は徳川家の目を欺くためすっかり老け込んでしまった様に見える変装をして大阪城に入場します。


大阪城には後藤又兵衛や毛利勝永などが先に入場していますが、幸村を見た二人はすっかり老け込んでしまった幸村に、あれが真田の息子か??と少々がっかりしますが、それが敵の目を欺くための変そうであると知り幸村に大いに興味を示します。


かつて大阪で自分を息子のように可愛がってくれた秀吉の恩に報いるため大阪城に入場した幸村、そして幸村に大いに期待をする豊臣秀頼ですが、大阪城にいる全ての武将が豊臣家のために集まったのではい状況です。


大阪城にいる武将の中には戦のおこぼれにあずかりたい者や、単に家康と敵対しているだけの者など決して一枚岩という状況ではないのが実情です。


そのため、幸村の登場をあまり快く思っていない武将も多いようです。幸村はこの烏合の衆をどの様にまとめ上げていくのでしょうか??

スポンサーリンク


<「真田丸」あらすじ・感想:>
真田丸 40話 ネタバレ感想 国家安康・君臣豊楽の文字に家康が激怒

真田丸 39話 ネタバレ感想 真田紐を売って飢えをしのぐ信繁に迎えが!

真田丸 38話 ネタバレ感想 信繁、昌幸から最後の秘策を伝授される!

真田丸 37話 ネタバレ感想 昌幸、最期の地「九度山」への流罪!

真田丸 36話 ネタバレ感想 関ヶ原の合戦もうお終い??

真田丸 35話 ネタバレ感想 細川玉(ガラシャ)の最期と犬伏での決断

真田丸 34話 ネタバレ感想 上杉討伐の中、三成の一手が決まる!

真田丸 33話 ネタバレ感想 関ヶ原前哨戦!家康が勝利!

真田丸 32話 ネタバレ感想 早くも家康優勢!三成劣勢!

真田丸 31話 ネタバレ感想 秀吉と出浦昌相の最期!本田忠勝が強い!

真田丸 30話 ネタバレ感想 吉野太夫の正体と、醍醐寺での花見!

このページの先頭へ