真田丸 42話 ネタバレ感想 塙団右衛門の今後の活躍が気になる!

大阪城に入城した幸村は茶々との再会を果たします。昔を懐かしみながら幸村に信頼を寄せる茶々は秀頼と豊臣家の命運を幸村に託すと幸村に伝えます。


しかしながら茶々の周りを囲む面々は幸村に大きな期待を持つことは、危険であると茶々に苦言を伝えます。また、大阪城に集まった武将たちの思いはそれぞれあるようで、なかなか一枚岩となる事は難しいようです。

スポンサーリンク


特に、後藤又兵衛、毛利勝永などはプライドが高いようで、幸村を総大将にと願う秀頼の案に強烈に反対をします。これには経験が浅い秀頼は目を丸くするだけで、秀頼を支える役目である大野治長は即決ができない性格のようで彼らが意見をするたびに、一度持ち帰って考えるを繰り返すばかりで、武将たちはそんな状態に苛立ちを露わにし始めます。


そんな中、幸村は自ら総大将の辞退を申し出て、ある提案をします。それは勝つための戦では総大将は必要だが、誰かが抜きに出て目立つとそれはそれで、角が立つようなので、あえて総大将を誰かに決めるのではなく、兵全体を5つに分け5つの部隊に大将をそれぞれ決め、その5つの大将の上に総大将として秀頼が立つという体制を取るのはどうかというものです。


この提案には、後藤、毛利も納得したようですが大野はこれにも、一度持ち帰ってと言うだけでした。この状況を見ていた内記はこれでは先が思いやられると頭を抱えますが、幸村の見方は内記とは少し違うようで、大阪城に集まった武将たちはそれぞれ未来への期待を持っているから、意見がぶつかり合うので、士気は高いものがありこの戦は勝ち戦になるであろうと、内記に話します。


また、幸村に対して対抗心を燃やす後藤や、毛利とは違い長宗我部や明石などは幸村に従う姿勢を見せていますし、塙団右衛門という武将は木で作った名刺らしきものを幸村に手渡し、自分は銃を使うのが得意で戦場では必ず活躍するとアピールをします。


この塙団右衛門の今後の活躍も期待したい所です。

スポンサーリンク


一方の、徳川家では家康が真田が大阪城に入城したことに過剰に反応するシーンや、いつまでも何かと全てを仕切りたがる家康に秀忠が不満を漏らす場面があり、徳川家にもそれなりに問題があるようです。


また現在、信之の家臣として仕えている堀田作兵衛に対して幸村は大阪に来て自分の下で豊臣側で戦に参加することを求めます。


この求めに作兵衛は以前から昌幸の意志を継ぎ徳川と一戦交えることを望んていたため、喜んで幸村に手を貸すことを決断します。


作兵衛は幸村に加勢に行く前にすえと十蔵の婚礼を見届けたいと、すえと十蔵の婚礼をとり行います。この様子を見ていた信之は作兵衛が幸村に加勢に行くことを悟ります。


信之は、徳川の家臣となっているため作兵衛を阻止するため刀をぬき命を懸け作兵衛の大阪行を止めに掛かります、そんな信之に対し作兵衛も槍で応戦しますが、信之の方が優勢となり作兵衛は追い詰められます。


作兵衛に対し刀を振りかざす信之ですが、持病の手のシビレがここで出てきます、手のシビレで振りかざした刀を落とす信之ですが、作兵衛は見逃してくれたと勘違いし、信之に礼を言いその場を立ち去ります。


立ち去る作兵衛に信之は「これは違う!」と必死に作兵衛を呼び止めますが、作兵衛は幸村が待つ大阪へ向け出立するのでした。

スポンサーリンク


strong><「真田丸」あらすじ・感想:>
真田丸 41話 ネタバレ感想 石合十蔵とすえが結婚!幸村は大阪へ!

真田丸 40話 ネタバレ感想 国家安康・君臣豊楽の文字に家康が激怒

真田丸 39話 ネタバレ感想 真田紐を売って飢えをしのぐ信繁に迎えが!

真田丸 38話 ネタバレ感想 信繁、昌幸から最後の秘策を伝授される!

真田丸 37話 ネタバレ感想 昌幸、最期の地「九度山」への流罪!

真田丸 36話 ネタバレ感想 関ヶ原の合戦もうお終い??

真田丸 35話 ネタバレ感想 細川玉(ガラシャ)の最期と犬伏での決断

真田丸 34話 ネタバレ感想 上杉討伐の中、三成の一手が決まる!

真田丸 33話 ネタバレ感想 関ヶ原前哨戦!家康が勝利!

真田丸 32話 ネタバレ感想 早くも家康優勢!三成劣勢!

真田丸 31話 ネタバレ感想 秀吉と出浦昌相の最期!本田忠勝が強い!

このページの先頭へ