真田丸 44話 ネタバレ感想 仕寄せもできない徳川軍と、赤備えの真田!

幸村の進言も虚しく、籠城を決断した豊臣家、この時点で敗色濃厚といった雰囲気も漂う中亡き秀吉や三成との約束を果たすため、幸村は次なる手を考えます。


幸村は、籠城と決まってしまったことをいつまでも引きずることなく、大阪城の中で弱点となるであろう南側に出城を造ることを思いつきます。

スポンサーリンク


しかしながら、織田有楽斉や大蔵卿局、更には茶々は浪人たちを信じようとしません、幸村をはじめとする浪人たちが籠城に備え配置や出城について万全の態勢でのぞもうと意気込む中、浪人たちを配置から外すというこの期に及んで豊臣家の武将だけが信じるに値するという、間違った方向に進んで行きます。


この知らせを聞いた、後藤又兵衛や毛利勝永などは大阪城に自分達の居場所はなく、それならば徳川に味方をした方が良いのではないか??と口や態度にあらわすようになります。


浪人たちの士気が下がる中、幸村の元には作兵衛、佐助が到着します。徳川軍の中には信之の息子である信吉、信政がいる事を聞かされた幸村の心中は複雑なものがあるようですが、同時に決戦の時がいよいよ近づいていることも感じているようです。


幸村は作兵衛に真田軍が身に着ける鎧を赤く塗ることを命じます。出来上がった鎧は赤く輝いています。ついに赤備えが完成したのです。

スポンサーリンク


幸村はそれと同時に、外されてしまった出城の準備を任せてもらうため、茶々の元に向かいます。浪人たちの力を借りずに徳川との戦に勝つことはできないと、茶々を説得する幸村ですが、茶々は浪人たちを信用できないようです。


しかし、幸村に対する信頼は厚いようで、幸村が出城を造ることとを認めます。


茶々から出城を造ることを認められた幸村は昌幸から授かった教えの全てを駆使して、出城を造り始めます。そんな幸村に有楽斉からまたしても横やりが入ります。


有楽斉は浪人の一人である幸村が出城を造ることをあくまでも認めないようです。他の者に築城を任せる有楽斉の様子を見ていた、又兵衛、勝永は大阪城を離れることに決めたと幸村に伝え、幸村も一緒に来ないか??と幸村を誘います。


そんな二人に、「ここで、豊臣家を見捨てるわけにはいかない!!」と豊臣家に対する義を貫く気持ちは変わらない事を伝える幸村でした。


そして、その言葉をある人物が陰から聞いていました。それは他ならぬ豊臣秀頼でした。幸村の変わらぬ忠義に胸を打たれた秀頼は幸村に築城を続けるように命じ、他の浪人たちにも初めに決めた配置に付くように命じます。


こうして、大阪城の南に幸村が築城した出城が完成します。幸村はこの城を「真田丸」と命名します。


その頃、徳川軍は大阪城に向けて兵を進めていますが、戦に慣れていない兵士たちは、城を攻撃する時の野戦築城の一つの術である「仕寄せ」と言われる術のやり方をはっきり分らず右往左往しています。


そんな兵士たちに家康自ら「仕寄せ」のやり方を教えるのでした。


また、かつては豊臣家に忠誠を尽くすときめ、関ヶ原の戦いでは三成の見方についていた上杉景勝がなぜか徳川軍の中にいます。徳川軍の軍議の中で、幸村が豊臣家に味方をするために九度山を抜け出し、大阪城に入城したことを知らされた景勝は複雑な表情を浮かべます。


いよいよ決戦の時が近しといった感じの真田丸44話「築城」でした。

スポンサーリンク


<「真田丸」あらすじ・感想:>
真田丸 43話 ネタバレ感想 籠城にこだわり続ける豊臣家と茶々!

真田丸 42話 ネタバレ感想 塙団右衛門の今後の活躍が気になる!

真田丸 41話 ネタバレ感想 石合十蔵とすえが結婚!幸村は大阪へ!

真田丸 40話 ネタバレ感想 国家安康・君臣豊楽の文字に家康が激怒

真田丸 39話 ネタバレ感想 真田紐を売って飢えをしのぐ信繁に迎えが!

真田丸 38話 ネタバレ感想 信繁、昌幸から最後の秘策を伝授される!

真田丸 37話 ネタバレ感想 昌幸、最期の地「九度山」への流罪!

真田丸 36話 ネタバレ感想 関ヶ原の合戦もうお終い??

真田丸 35話 ネタバレ感想 細川玉(ガラシャ)の最期と犬伏での決断

真田丸 34話 ネタバレ感想 上杉討伐の中、三成の一手が決まる!

真田丸 33話 ネタバレ感想 関ヶ原前哨戦!家康が勝利!

このページの先頭へ