真田丸 45話 ネタバレ感想 大阪冬の陣開戦、織田宥楽斉が裏切りか?

豊臣家と徳川家の戦が大阪城を舞台に開戦しようとしています。大阪城は鉄壁の防御を誇っていると言われていますが、唯一の弱点を南側に見つけた幸村はそこに出城を造ります。幸村はその出城を「真田丸」と命名します。


真田丸にて徳川軍を迎え撃とうとする幸村ですが、徳川軍の中には信之の息子二人や上杉景勝の姿も有ります。それぞれの思いが交錯する中、豊臣軍の中に徳川軍と内通する者がいるかもしれない不穏な動きがあります。

スポンサーリンク


幸村は織田宥楽斉が怪しいと気づき、宥楽斉にあえての情報を伝えその情報が徳川軍に伝わるかを試します。幸村の読み通り伝えた情報はすぐに徳川軍に漏れてしまうのでした。


この頃、信之の城に豊臣秀吉の家臣であり、関ヶ原の戦いの際に徳川家に味方をした福島正則、平野長泰が訪れます。二人はなりゆきで家康についてしまったが、その判断が今となっては正しかったのか疑問に感じていると胸の内を明かします。


そして、秀頼のために大阪城に食糧を運び入れたいと考えていて、そのために信之の力を借りたいと信之に頭を下げます。なぜ自分を頼るのかと問う信之に、二人は大阪城には幸村がいるので兄弟である信之を頼ったと答えます。


徳川に仕えている信之としてはそのようなことは、立場上絶対に無理な相談なのですが、秀吉や豊臣家を想う二人の思いに心を動かされた信之は稲に全てを話意見を聞きますが、稲は絶対に反対の立場を取ります。


そんな、板挟み状態の信之にこうが手を差し伸べます。こうは稲にばれない様に密かに真田家の食糧について調べていたようで、食糧の在庫状況を信之に伝えます。大阪城に救援物資として送るには十分な量があると確認できた信之は食糧を密かに大阪城に届ける決断を下します。

スポンサーリンク


一方の大阪城では、兵の士気を上げるため秀頼が自ら前線に出て兵を鼓舞したいと考えますが、それはかえって兵を不安にさせる恐れがあると幸村は反対します。


それならば自分が秀頼の代わりに兵を鼓舞すると茶々が提案します。特に断る理由もないのですが、茶々が出ていくことで兵の士気が上がるかは微妙な展開ですが、幸村は大局には影響ないと考え茶々の提案を了承します。


実際問題、茶々が真田丸に訪れましたが兵たちの士気が上がることは無く、場違いな茶々だけがはしゃいでいる何ともチグハグな状況となってしまいました、しかもこの際に同行した宥楽斉が真田丸を案内するように命令します、宥楽斉が何か怪しい動きをする中、幸村が徳川軍より先に兵を動かすことを決断します。


幸村は大助に徳川軍を挑発して真田丸まで誘い出す役目を命じます。この作戦の指揮が初陣となる大助ですが、見事に幸村の期待に答え敵を挑発して、上手く真田丸まで誘い込みます。


こうして、大阪冬の陣が開戦します。決戦は途中、宥楽斉が妨害交錯で一部の仕掛けを壊した影響もありましたが、ぼぼ幸村の作戦通りに運ぶ展開でひとまずは圧勝となりました。


この幸村の戦いぶりを徳川軍として見ていた景勝は感動のあまり目に涙を浮かべながら「日の本一の強者!!」と叫びます。


徳川軍の重臣、本田正信も幸村と真田丸を脅威に感じているようで、この戦は苦戦を強いられる可能性が出て来たとつぶやきます。そして、またしても真田軍に大敗をした家康は怒りに身を震わせんがら次なる作戦をたてます。

スポンサーリンク


<「真田丸」あらすじ・感想:>
真田丸 44話 ネタバレ感想 仕寄せもできない徳川軍と、赤備えの真田!

真田丸 43話 ネタバレ感想 籠城にこだわり続ける豊臣家と茶々!

真田丸 42話 ネタバレ感想 塙団右衛門の今後の活躍が気になる!

真田丸 41話 ネタバレ感想 石合十蔵とすえが結婚!幸村は大阪へ!

真田丸 40話 ネタバレ感想 国家安康・君臣豊楽の文字に家康が激怒

真田丸 39話 ネタバレ感想 真田紐を売って飢えをしのぐ信繁に迎えが!

真田丸 38話 ネタバレ感想 信繁、昌幸から最後の秘策を伝授される!

真田丸 37話 ネタバレ感想 昌幸、最期の地「九度山」への流罪!

真田丸 36話 ネタバレ感想 関ヶ原の合戦もうお終い??

真田丸 35話 ネタバレ感想 細川玉(ガラシャ)の最期と犬伏での決断

真田丸 34話 ネタバレ感想 上杉討伐の中、三成の一手が決まる!

真田丸 33話 ネタバレ感想 関ヶ原前哨戦!家康が勝利!

このページの先頭へ