真田丸 46話 ネタバレ感想 家康軍の大砲の一撃で茶々の心が折れた?

真田丸にて徳川軍を退けた幸村に対して、家康はまたしても真田にしてやられたことに頭を抱えます。家康はあの手この手を考え大阪城を早く落とすことを考えます。


家康がまず考えたのは、幸村の調略です。家康は幸村の叔父である真田信伊を呼び幸村調略を命じます。家康は幸村に10万石の領土を約束すると伝えますが。

スポンサーリンク


当然この様な誘いに幸村が応じるはずもなく、その事は信伊も承知の上ですが家康の命令に真っ向から歯向かうわけにもいかない事と、久しぶりに甥の顔を見る目的で大阪城にもぐりこみます。


信伊は立派に育った甥に満足したようで、家康からの手紙を手渡すも中身など読まなくてもよいと幸村に伝えます。多くの会話をしたわけではない二人ですが、二人の間には会話などせずとも伝わるものが沢山あったようです。


大阪城から帰った信伊は家康に幸村調略に失敗した事を伝えます。そこで家康は次の一手を打ちます。それは織田宥楽斉を使い、豊臣側から和睦を言い出すように仕向けます。


宥楽斉からの和睦の進言に幸村は反対しますが。大蔵卿局や秀頼は何故か流されてしまいます。秀頼は和睦の決断を下しますが、幸村は茶々を説得してその決断を覆すことを考えます。


そんな幸村に、茶々の妹である初がある不安を口にします。それは茶々が心の底では死を願っているのではないかというものです。そのような事に思い当たることは無いと言う幸村に初は、茶々の両親も城を枕に死んでいる事など茶々の心の闇の深さを説明し、幸村に茶々の事を頼むのでした。


一方、信之の元を訪れていた平野長泰はここに来て心が動いているようです。かつては賤ヶ岳七本槍として秀吉の元に仕えていた長泰ですが、現在は徳川側についています。


そして、世話になった豊臣家を裏切っている事、かつての重臣たちがほとんど徳川側についている事を嘆き、少しでも秀頼の力になりたいと強く考えているようです。


前回同様、信之に大阪城に物資を運ぶことを何度もお願いする長泰ですが、稲は大阪城に物資を運ぼうとする信之を必死に止めます。

スポンサーリンク


そんな、稲に一生で一度のわがままを許してほしいと信之は懇願しますが、そこに稲がある人物を連れてきます。それは、あの出浦昌相でした。


出浦は徳川側にばれずに大阪城に物資を運ぶことは不可能で、物資を運ぶことは真田家の運命すら左右する決断であると信之を説得します。


出浦の制止を振り切り大阪城に向かおうとする信之に出浦は忍びの術を使い、動きを封じます。


結局、平野長泰は単独で大阪城に物資を運ぶこととなりました。


大阪城では、和睦すべきか否かで意見がまとまりませんが、茶々の説得に成功した幸村の働きにより和睦の意見が覆ります。


そんな中、弱腰で優柔不断な豊臣家に苛立ちを隠せない浪人たちは塙団右衛門をリーダーとして敵陣に夜討ちをし掛けることとなります。


後藤又兵衛や毛利勝永などもこれに同行します。そして、その計画を知った幸村も憂さ晴らしに夜討ちに加勢に行くのでした。


夜討ちはそれなりの成果を上げたのですが、家康の陣にはイギリスから取り寄せた大砲が到着します。家康は大阪城の作りに詳しい片桐且元を呼び、茶々がいつもいる場所を聞きます。


それだけは教えることが出来ないと最後の忠義を見せる且元ですが、そんな且元に家康は茶々を狙う目的ではなく、逆に茶々に当たらないように場所を把握しておく必要があるのだと白々しい嘘をつきますが。


且元はこの嘘を信じてしまい家康に茶々が普段いる場所を教えてしまいます。


そして、運命の一撃と言える大砲の砲弾が大阪城に撃ち込まれます。この一撃は茶々のすぐ上に着弾し茶々の女中が犠牲になります。


この光景を目の当たりにした茶々の心は完全にへし折られた様に見えます。

スポンサーリンク


<「真田丸」あらすじ・感想:>
真田丸 45話 ネタバレ感想 大阪冬の陣開戦、織田宥楽斉が裏切りか?

真田丸 44話 ネタバレ感想 仕寄せもできない徳川軍と、赤備えの真田!

真田丸 43話 ネタバレ感想 籠城にこだわり続ける豊臣家と茶々!

真田丸 42話 ネタバレ感想 塙団右衛門の今後の活躍が気になる!

真田丸 41話 ネタバレ感想 石合十蔵とすえが結婚!幸村は大阪へ!

真田丸 40話 ネタバレ感想 国家安康・君臣豊楽の文字に家康が激怒

真田丸 39話 ネタバレ感想 真田紐を売って飢えをしのぐ信繁に迎えが!

真田丸 38話 ネタバレ感想 信繁、昌幸から最後の秘策を伝授される!

真田丸 37話 ネタバレ感想 昌幸、最期の地「九度山」への流罪!

真田丸 36話 ネタバレ感想 関ヶ原の合戦もうお終い??

真田丸 35話 ネタバレ感想 細川玉(ガラシャ)の最期と犬伏での決断

このページの先頭へ