真田丸 49話 ネタバレ感想 後藤又兵衛、最後の時!正信の調略が凄い

幸村からの手紙を受け取りその内容を確認した信之は、幸村が家康と刺し違えて戦死する覚悟を決めている事を悟ります。


弟を想う信之は稲の反対を押し切り大阪へ向かいます、そして幸村との再会を果たした信之は幸村の覚悟を動かそうと決して死んではならないと、叔父の信伊と共に幸村を必死に説得しますが、幸村の決意は固く二人の説得をもってしても、幸村のまさに決死の覚悟は揺るぎませんでした。

スポンサーリンク


今回の対面が兄弟で会う最後の機械であると悟った信之と幸村ですが、多くの言葉を交わすことは無く信之は「決して今生の別れではない」とだけ言い残しその場を後にします。


まさに胸を打つシーンでしたが、誰よりもお互いをよく理解しあった二人には言葉のやり取りなどは必要なかったのだと思います。


この様な状況の中、家康は大阪城へ向けて軍を進軍させます。大阪夏の陣が開始されたのですが、戦況はもはや結果を見ずとも徳川勝利と言えます。


そんな中、大阪五人衆の中の一人で槍の又兵衛と呼ばれその豪胆さで幸村が最も信頼を寄せていた浪人である後藤又兵衛が、徳川家の重臣、本多正信の標的になります。


正信は又兵衛に徳川側に寝返ればかなりの待遇を用意していると、又兵衛を誘います。そのような甘い誘惑に乗る又兵衛ではあったのですが、ここから正信の調略が炸裂します。


正信は又兵衛が誘いを断ることなどは百も承知だったのですが、あえて誘ったのです。そして本当の狙いは又兵衛が徳川側の使者と密会をしていて、徳川に寝返ることになったと噂を流すことが本当の狙いでした。

スポンサーリンク


これにより、又兵衛は噂が嘘であることを証明するため手柄を上げようと必死になるはずで、戦場において冷静さを欠いた大将が率いる軍は乱れが生じることが多く、このことが正信の本当の狙いだったのです。


幸村はこの正信の真の狙いに気付き、又兵衛に決して手柄を上げようと焦らないように釘をさしますが、やはり又兵衛は冷静さを欠き正信の狙い通り慌ててしまい、必ずしもそのせいだけとは言えませんが、討ち死にしてしまうのでした。


それに伴い又兵衛の補佐として戦場に出ていた木村重成も戦死してしまいます。


次々に防御線を打ち破られていく豊臣軍を徳川軍がドンドンついてくると言う展開が続くなか、幸村が率いる軍も開戦状態となります。敵の大将は伊達政宗ですがやはり多勢に無勢といった感じは出てしまい。幸村も兵を引くしかなくなりました。


しかしながら、幸村を敵ながらあっぱれと感じた政宗は卑怯な追撃的な攻撃を中止します。そんな政宗に男気を感じた幸村は、最終決戦を目前に妻である春たちを大阪城に出て政宗を頼るように命じます。


敵である幸村から妻や子供たちを託された政宗は、幸村が見込んだ通りの男でよくぞ自分を頼ってくれたと幸村の妻子の今後は自分が面倒みると固く約束してくれるのでした。


妻子は政宗に託した幸村ですが、これまで幸村についてきた、きりに最後のお願いをします。その使命を聞いたきりは使命をやり遂げた後に幸村の元に帰ってくると言います。


きりは幸村がいない世の中に生きていてもつまらないと幸村に伝えます。そんなきりを幸村は抱きしめこれまできりに支えれれてきて、きりを想っていたことを確認するのでした。


きりは、幸村に対して行動にこの様に愛情表現をしてくれたことは嬉しいが、遅すぎたといつもの通り愚痴をこぼしながらも喜ぶのでした。


さて、来週はいよいよ最終回となってしまいます。大阪夏の陣で真田幸村が徳川家康をあと一歩の所まで追い詰めた事はよく知られていて、あえてその事について語る必要もないのですが。


「真田丸」ではその最後がどの様な描かれるのか??
幸村の勇士を目に焼き付けたいです。

スポンサーリンク


<「真田丸」あらすじ・感想:>
真田丸 48話 ネタバレ感想 馬上筒を発見!幸村の真意を悟る信之!

真田丸 47話 ネタバレ感想 お通の値段が高い!膝枕で200文もする!

真田丸 46話 ネタバレ感想 家康軍の大砲の一撃で茶々の心が折れた?

真田丸 45話 ネタバレ感想 大阪冬の陣開戦、織田宥楽斉が裏切りか?

真田丸 44話 ネタバレ感想 仕寄せもできない徳川軍と、赤備えの真田!

真田丸 43話 ネタバレ感想 籠城にこだわり続ける豊臣家と茶々!

真田丸 42話 ネタバレ感想 塙団右衛門の今後の活躍が気になる!

真田丸 41話 ネタバレ感想 石合十蔵とすえが結婚!幸村は大阪へ!

真田丸 40話 ネタバレ感想 国家安康・君臣豊楽の文字に家康が激怒

真田丸 39話 ネタバレ感想 真田紐を売って飢えをしのぐ信繁に迎えが!

真田丸 38話 ネタバレ感想 信繁、昌幸から最後の秘策を伝授される!

このページの先頭へ