真田丸 最終回 ネタバレ感想 幸村・毛利が健闘するが千成瓢箪が戦況を変える!

豊臣と徳川の決戦(大阪夏の陣)が始まります。豊臣側はすでに後藤又兵衛を失っている状況で戦況は明らかに不利ではありますが。


幸村はこの時点ではまだ勝利の可能性がゼロではないと考え、兵士たちや弱気になっている茶々を鼓舞します。この時、幸村は茶々に万が一自分が家康を討ち損じた場合は千姫を徳川家との交渉役に立てることをアドバイスします。

スポンサーリンク


一方の徳川軍は先に兵を動かすことはせず、じっくりと戦いを運んでい行く展開に持ち込もうと考えます。この辺りは、あと一歩で勝利の所まで来ている中でも、慎重に事を運ぼうとする最後の戦国武将・家康の長年戦場で培ってきた経験値を感じ取ることが出来ます。


そんな中、幸村が徳川側に寝返っているという噂が大阪城に流れます。もちろんこれは徳川側が意図的に流したものですが、またしても大蔵卿局がこの噂に過剰に反応し、秀頼の出陣を制止します。


このことで、幸村がたてていた作戦に狂いが生じ始めます。その期を見計らったように徳川軍が毛利軍に向かって攻撃を仕掛けます。まだ交戦を開始するには早いタイミングなのですが、毛利勝永が不在の中、毛利軍が交戦を始めてしまいます。


こうなってしまえば、押し通すしかなくなってしまった幸村と勝永ですが、二人は物凄い勢いで徳川軍の陣を突破していきます。


幸村はこの時に、秀頼の出陣を催促するため大助を大阪城に使者として戻します。この時点で幸村は戦死の覚悟を決めたのでは??と考えられます。


せめて息子の大助の命だけは助けたいと思う、幸村の想いが垣間見えました。


そして、幸村は勝永と協力しながら家康の本陣まで攻め込むことに成功します。またしても真田に追い込まれた家康は陣をすて敗走します。


この段階では戦況は豊臣側に有利な展開でここで秀頼が出陣をすれば、歴史は変わっていたのかもしれませんがある兵士が豊臣軍の旗印である千成瓢箪(せんなりびょうたん)を大阪城に持ち帰ったことで戦の流れが一変します。


千成瓢箪が大阪城に引き帰すのをみた豊臣側の兵士たちが、秀頼が大阪城に敗走したのだと勘違いし逃げ出してしまったのです。


最後の戦国武将と呼ばれこれまで幾度もの戦をくぐり抜けてきた徳川家康は、戦には流れが変わる瞬間があることをよく熟知しています、そしてこの好機を決して逃しはしませんでした。


一度は敗走した家康ですが、軍の体制を立て直し大阪城に向けて進軍します。そんな中大阪城では徳川側の内通者であった大角与左衛門が台所に火をつけ大阪城は炎上し始めます。


更には、城に戻った大助などにより大角与左衛門こそが内通者であることを知らされた、秀頼や大蔵卿局ですがすでに後の祭りといった状況です。


きりは、幸村との約束通り千姫を大阪城から逃がします。

スポンサーリンク


そして、幸村は家康の首を取るべく家康に向かって一直線に突き進んでいきます。そしてついに家康を射程に捉えます。馬上銃を家康に向け狙いを付ける幸村ですが。


家康を救出に現れた秀忠によって、幸村の最後の攻撃は阻止されてしまいます。それでも最後まで交戦を続ける幸村の姿を、伊達政宗や上杉景勝は敵ながらあっぱれと評価します。


景勝は戦国の世に武将として生まれたからにはあのように生き、あのように死にたいものだと言い、涙を流します。


幸村は、四天王寺近くの安居神社で傷ついたその身を休めていましたが、敵に見つかりいよいよここまであると覚悟を決めます。最後まだそばで仕えた佐助にこれまでの礼をつたえ、自ら切腹します。


幸村の兄・信之は大阪の宿で偶然相部屋となった本多正信と一緒に正信が収める国を歩いていました、正信から国を治めるための指南を受ける信之ですが、そんな中、正信に大阪からの使者がやって来ます。


大阪夏の陣が終結した知らせだとすぐに感じ取った二人はここで、別れます。そして、その事は幸村が戦死したことを意味すると信之には分かってしまったのです。


胸元にある六文銭を握りしめ、信之は涙を流すのでした。


2016年の大河ドラマ「真田丸」も今回で最終回となりました。アニメやゲームでは真田幸村は人気のキャラクターですが、そんな幸村について深く知ることが出来たドラマでした。


絵描き方については、ドラマですので徳川家康が主役のドラマならまた変わった描き方になった可能性もあります、個人的には来年はこの流れで「徳川家康」を見てみたかったですが、「女城主直虎」にも期待したいです。

スポンサーリンク


<「真田丸」あらすじ・感想:>
真田丸 49話 ネタバレ感想 後藤又兵衛、最後の時!正信の調略が凄い

真田丸 48話 ネタバレ感想 馬上筒を発見!幸村の真意を悟る信之!

真田丸 47話 ネタバレ感想 お通の値段が高い!膝枕で200文もする!

真田丸 46話 ネタバレ感想 家康軍の大砲の一撃で茶々の心が折れた?

真田丸 45話 ネタバレ感想 大阪冬の陣開戦、織田宥楽斉が裏切りか?

真田丸 44話 ネタバレ感想 仕寄せもできない徳川軍と、赤備えの真田!

真田丸 43話 ネタバレ感想 籠城にこだわり続ける豊臣家と茶々!

真田丸 42話 ネタバレ感想 塙団右衛門の今後の活躍が気になる!

真田丸 41話 ネタバレ感想 石合十蔵とすえが結婚!幸村は大阪へ!

真田丸 40話 ネタバレ感想 国家安康・君臣豊楽の文字に家康が激怒

真田丸 39話 ネタバレ感想 真田紐を売って飢えをしのぐ信繁に迎えが!

このページの先頭へ