まぶたの「ただれ・かゆみ」の原因は?赤いカサカサの治し方は?

まぶたが痒い


まぶたが、ただれて痒くなり、思わず指でこすったりした経験は誰にでもあることだと思います。


鏡で見ると、まぶたがカサカサに乾燥していて、ひどくなるとボロボロ皮がむけてくる場合もあります。


まぶたは皮膚の中でも薄いデリケートな部分ですので きつくこすったりするとすぐ 腫れたり、赤くなったりしまいます。

「目は口ほどに物を言う」という言葉もある様に、まぶた(目の付近)はその人の印象を変えてしまう可能性すらあります。

この記事では、まぶたが、「ただれる・痒い」カサカサになる不快な症状について書いていきます。

スポンサーリンク


まぶたがただれ、カサカサするかゆみの原因と対策

まぶたが痒い

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は まぶたに限らず身体のあらゆる場所に出て、ひどいかゆみに襲われます。

まぶたのような皮膚の薄いデリケートな部分はきつく、かくことも出来ず辛いです。

アトピーはもともと、アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚の弱い人に多くみられます。

アレルギーを起こしやすい体質の人が、ある食べ物に過剰に反応したり、ダニやカビ、家の中のほこりに反応します。

石鹸や洗剤、化粧品といった化学成分が含まれている物にも、過敏に反応します。

このようなものが原因で皮膚がカサカサになり、かゆみとなって症状が現れます。

対策
アトピーのかゆみを止める対策として ステロイド剤を塗ってかゆみを鎮める方法が多いですが、ステロイド剤は、副作用も強く、デリケートなまぶたに塗る事はあまりお勧めできません。


上記で述べた、原因となる物を排除して、食べ物に注意し、家の中を清潔に。そしてなるべく刺激の少ない素材からできた石鹸、化粧品などを使用する事から始めてください。
 

花粉症皮膚炎

まぶたが痒い


杉やヒノキなどの植物の花粉を鼻や口から吸いこみ 体内で反応しこれが原因で皮膚がカサカサになり、かゆみとなって症状が現れます。


特にアトピー性皮膚炎の人は 症状が悪化すると考えられています。

これも春に限らず、秋の稲穂に反応する人もいて辛いかゆみを伴います。

対策
密着型のすき間のないマスクで 花粉が鼻や口から入り込まないような対策や、やはり外から帰ってきて家の中に入る前は 全身に付いた花粉を払い落とし、充分うがいをすることをお勧めします。


関連記事はこちら↓↓
まぶたのかゆみがある赤い腫れはストレスやアレルギーが原因?

乾燥

肌は乾燥を嫌います。 保湿が大事です。


まして、デリケートなまぶたの部分は乾燥すると、カサカサになってきます。日頃から洗顔した後は、刺激の少ない化粧品で充分保湿をしてあげる事が大切です。

スポンサーリンク


接触性皮膚炎

皮膚に外部から 何らかの刺激を受ける事で皮膚炎になります。

まぶたのただれ、カサカサかゆみの症状から考えられる要因は、女性ならアイシャドウ、アイライナー等の化粧品が考えられます。

そしてまぶたを二重にするアイプチやアイテープです。これらの化粧品が、デリケートなまぶたの皮膚に炎症を起こす原因だとも考えられます。

対策
自分に合った化粧品選びが大切です。

また、まぶたの周りは髪の毛もありますので、髪の毛も当たらないように短くしたり、清潔にしておかないといけません。

ストレス

強いストレスから自立神経の働きがうまくいかず、涙の分泌量が少なくなる事もあるそうです。

涙の量が少ないと どうしても乾燥してしまいます。

乾燥から まぶたがカサカサになりかゆみ、ただれてしまう原因になるのです。

対策
 
ストレスってあらゆる身体の部分に反応するのことは間違いありません。ストレスを溜めないように心がけてください。


関連記事はこちら↓↓
蕁麻疹の原因は疲れやストレス!?顔だけに出た場合はどうする?

まとめ

まぶたが、ただれカサカサになる症状は、痒みも伴うこともあり非常に不快で、嫌です。

かゆみが出てきても あまりきつくかけないし、憂鬱な気分になってしまします。

症状が酷い時には外見的にも気になり、人にも逢いたくなくなってしまうこともあるかと思います。

原因としては、上記に述べたような原因が考えられますので 日々の生活面で気を付ける事も大切ですし、症状がひどくなってしまった時は、病院にて適切な治療や薬を処方してもらう事をお勧めします。


スポンサーリンク


このページの先頭へ