お通夜に行くときのアクセサリーでピアスは大丈夫?暗黙のルールは?

通夜


突然やってくる訃報。急遽お通夜に参加するとなった時、服装や持ち物など、いろいろ気になることが多いです。

その中でも、ピアスについて悩む人は多いのではないでしょうか?

アクセサリーの中でも、ネックレスは身に付けている人を良く見かけますが、ピアスとなると身に付けていいのか悩んでしまうと思います。


ですが、故人を最後まできちんと見送るために、マナーには気をつけたいところです。

この記事では、お通夜でピアスを身に付けていいのかという疑問やアクセサリーに関するマナー、暗黙のルールなどを解説していきます。

スポンサーリンク


お通夜にアクセサリーは身に付けていいの?ピアスは?

まず、お通夜にアクセサリーを身に付けていいのかについて説明します。

基本的に、お通夜やお葬式は、アクセサリーは身に付けなくても構いません。

お通夜やお葬式は故人を偲ぶ場であり、おしゃれをしに行く場ではないからです。結婚指輪なら身に付けていても大丈夫ですが、あまりにも派手なものや、きらびやかなものは外すようにしましょう。


アクセサリーを身に付ける場合は、結婚指輪を除いて一つ程度にしましょう。

つまり、ピアスは身に付けても構わないということです。

しかし、その場合はネックレスなどを身に付けるのは控えた方が無難です。ネックレスを身に付けたいときは、ピアスなどを身に付けるのを控えましょう。

また、身に付けるアクセサリーは基本的に「パール」で作られたものにしましょう。パールは「涙の象徴」と言われているので、お葬式で身に付けるのには最適だからです。

パールでもダメな場合があるので注意!

先ほど「お通夜に身に付けるアクセサリーはパールが良い」とお伝えしましたが、実はパールのアクセサリーの中でも身に付けてはいけないものがあります。


「パールだからこれでも大丈夫かな?」と軽い気持ちで身に付けていくと、痛い目を見るかもしれません。

そうならないように、どんなものがNGなのか暗黙のルールをきちんと確認していきましょう。

二連以上の物

通夜


ネックレスの場合は二連以上のもの、ピアスの場合は二粒以上のものは控えましょう。

「不幸が重なる」と捉えられてしまうからです。

大粒のもの

パールが大粒になっているものは身に付けない方がよいです。7ミリ~8ミリの大きさのものが適当です。

スポンサーリンク


パールがピンク、ゴールドなどの色のもの

見た目が派手なので、控えた方がよさそうです。白や黒の真珠にしましょう。

金具がゴールドのもの

こちらも見た目が派手になってしまいます。金具がシルバーのものを身に付けましょう。

揺れるもの(ピアス)


揺れるピアスはカジュアルに見えてしまうので避けましょう。金具と一体になっているものが良いです。

長いもの(ネックレス)

通夜


長すぎるとカジュアルな印象になってしまいます。短めのものが無難です。


以上が身に付けてはいけないアクセサリーです。

基本的には、極力シンプルなものにすれば大丈夫です。おしゃれに気を遣いすぎて、故人を偲ぶという目的を忘れてしまわないようにしましょう。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
お悔やみの言葉をメールで伝える時の注意点!【友人・友達編】

まとめ

これまでお通夜でのアクセサリーに関するマナーに述べてきました。

一般的なマナーを説明してきましたが、実はアクセサリーのマナーに関しては人それぞれ捉え方が違う場合があります。


アクセサリー類は一切NGと考える人や、ネックレスもピアスも両方身に付けていいと言う人、はたまたアクセサリーは必ず身に付けないと失礼だと捉える人もいます。

混乱してしまいますが、基本的なマナーは「アクセサリーは身に着けないor身に付けるとしても一つのみ」です。


不安な方は、周りを見ながら臨機応変に対応するのも手ですが、それに気をとられすぎてお通夜本来の目的を見失わないようにしましょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ