プロペシアはAGA以外には効かない?女性の服用は大丈夫かも気になる

プロペシアの効果と副作用


薄毛に悩む男性は多いのではないでしょうか??

こればかりは自分の意志とは関係なく起こることで、予防法なども特に効果的なものも無いため、本人にとっては非常に悩ましいことです。

今回の記事で解説する薬「プロペシア」は脱毛をおさえる薬です。

AGA(男性型脱毛症)に用いる世界で唯一の、飲む育毛薬です。

服用時の注意点や副作用について書いていきますので、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク


AGAの原因は?

AGAは思春期に始まり徐々に進行する脱毛です。

疾患ではなく、生理的な現象で毛髪が生える周期の中で、毛が成長のする成長期が短くなり、休止期の毛髪が多くなることで起きます。

男性ホルモンが関与していますが、その中でも前頭部や頭頂部の毛髪が、影響受けやすいため(男性ホルモン感受性毛包)、脱毛のタイプとしては前頭部型と頭頂部型が多くなります。


前頭部・頭頂部を中心に、毛が薄く、細くなります。痛みやかゆみなどはありません。

局所的ではなく、左右対称に脱毛が生じるのも特徴です。


主な原因はDHT(ジビトロテストステロン)という男性ホルモンの一種が毛髪の成長の妨げためと考えられています。


また、遺伝子の関与が指摘されています。父・母方の祖父母や叔父・叔母に髪の毛が薄い人がいる方はご自身も可能性が高くなります。

プロペシアの成分・効果・副作用

プロペシアの効果と副作用


プロペシアの有効成分フィナステリドは、5a環元酵素阻害薬という分類の薬で、同じ分類の薬で前立腺肥大症の薬があります。


DHTは5a環元酵素阻害薬によってテストステロンが変換されて生成されます。

このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期、休止期に移行する信号が出されます。

その結果、退行期の細い毛髪が増えたり、毛髪が長く太い毛に成長する前に、抜けてしまうので毛髪が薄くなります。


プロペシアはホルモンバランスを整えて髪の毛が薄くなるのをおさえる働きがあり、DHTの産生をおさえることで、脱毛を防ぎます。


50代の人よりも30代~40代の人の方が効果が高いとされています。


元々は前立腺肥大症の治療薬でしたが、「毛が生えた」という報告が相次ぎ、改めて育毛薬として開発されました。

60か国の使用実績で安全性も高く、副作用も少ないです。

日本国内では2005年12月から販売が開始されました。

スポンサーリンク


どのような症状に処方されるのか?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

AGA治療・薄毛専門のクリニックや男性専門病院で処方されます。

自由診療になってしまい、健康保険がききませんので自費になります。

費用は病院によって変わります。

プロペシアの効用

男性における、男性型脱毛症の進行遅延です。

円形脱毛症や抗がん剤による脱毛、また女性の薄毛治療には効きません。

服用の注意点
服用する際の注意点は

  • 女性には服用禁止です。
  • 妊婦には服用禁止です。
  • 授乳婦には服用禁止です。
  • 肝臓の悪い人は慎重に服用します。
  • 高齢の人は有効性が確立されていません。
  • PSA(血清前立腺特異抗原)の濃度が半分位に低下するので、前立腺がんの検査受をける時は医師に伝えてください。
  • フィナステリド(育毛薬)に対しアレルギー反応があった方は服用できません。
  • 薬が割れたり砕けたりしたら、手でさわらないようにしましょう。
  • 飲み合わせで注意な薬は特にありませんが、医師と相談したうえで服用しましょう。

効果が現れるまでの期間は?

プロペシアの効果と副作用


プロペシアは、3か月の連続使用で効果があらわれる場合もありますが、通常は6か月連続使用が必要です。


しかし、6か月使用しても改善がみられない場合は服用を中止しするのが基本的な考えですが、使用を継続希望する場合は、定期的に効果を確認する必要があります。

20歳未満でも医師が判断して使用するケースもあります。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は稀にあります。

肝機能の低下
  • だるさ
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 発熱
  • かゆみ
  • 皮膚や白目が黄色くなる
  • 尿が茶褐色になる

性機能低下
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • リビトー(性欲)減退

などがあげられています

まとめ

男性型脱毛症に対して使われているプロペシア。

飲むタイプの、育毛薬と聞けば、悩んでる方にとっては、誰でも使えるならと思います。

薄毛に悩んでいる男性にとっては、是非試してみたいと思うのは当然のことです。しかし、自分の悩んでいる症状がそのタイプなのかをまず、確認しましょう。


その上で、医師としっかり相談し、服用するかを判断して下さい。

スポンサーリンク



このページの先頭へ