ハルシオンの効果と副作用は?長期服用は認知症や健忘の可能性?

ハルシオンの効果と副作用


「ハルシオン」は、脳の神経を鎮める作用があり、不安や緊張感をほぐし、気分をリラックスさせ、寝つきを良くする薬です。

中枢神経に作用することで自然な眠りにつくことができ、比較的安全性も高く、効き目もいいとされていることから、不眠症の治療薬としてこの薬が処方されることが多いです。


不眠の症状に悩ませれ、心療内科などに行ったらハルシオンを処方されたが、睡眠薬ですので服用に不安がある方も多いと思います。

この記事では、そんなハルシオンについて解説をしていきます。

スポンサーリンク


ハルシオンの特徴

睡眠薬にも様々な種類があり、その効き方や薬の持続時間に違いがあります。


例えば、寝つきが悪いが一度睡眠に入ってしまえば朝まで寝ていられる人、そうではなく浅い眠りには入れるが、途中で何度も目が覚めてしまう人など、睡眠障害の悩みは人それぞれだと思います。


睡眠薬の種類もそれぞれの症状に合うように、色々あります。

そして「ハルシオン」は、持続時間が超短時間型で、翌朝の眠気や不快感も少ないのが特徴です。寝つきが悪いタイプの不眠に処方されます。


ハルシオンはジェネリックもあり、ハルラック・トリアゾラムがジェネリックですので希望すれはこちらを処方してもらえるでしょう。


系統としては、ベンゾジアゼピン系睡眠薬(BZD)の分類になり、おなじ系統では、「レンドルミン」という薬が同じ系統の薬です。

レンドルミンD錠は、水無しで飲めるタイプのお薬です。


睡眠薬には非ベンゾジアゼピン系という、系統が違う睡眠薬もあり、「マイスリー」がこれにあたります。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、脳内の眠りに関連する作用をもっています。


また、最近は薬もネット通販やドラッグストアでも買えるようになってきましたが、ハルシオンは医師の処方箋がないと使えない薬です。


ハルシオンは向精神薬で抗うつ薬として登録されており、個人の輸入は禁止されていますし、個人購入も法律違反にあたり、購入した人も法律違反となります。(怪しげな通販などには手を出さないようにしましょう。)


その背景には、ハルシオンを使って犯罪をした方や、自殺を図った方がおられたからで、医師の処方箋がないと使えなくなりました。


関連記事はこちら↓↓
マイスリーが効かない?気になる効果と副作用について!

スポンサーリンク


服用の注意点

ハルシオンの効果と副作用


服用時の注意点ですが、アルコールとの併用は薬の効果が強く出過ぎてしまうなどの副作用が考えられますので、飲酒は控えましょう。

逆に、カフェインは薬の効果が薄まってしまいますので、夜に日本茶・コーヒー・紅茶などを飲むのは避けるべきです。

他の睡眠薬や精神安定剤との併用も自己判断での服用するのは危険ですので、医師と相談して決めて下さい。

また、寝る前にすべきことをしてから服用しないと、脳が働いてしまいますので服用したら後は寝るだけといった状態にしましょう。

その他に服用に注意のいる人は

  • 重症筋無力症の方
  • 急性緑内障の方
  • 喘息や肺性心などの呼吸器疾患の方
  • 他の薬を服用している方
  • 妊婦の方はなるべく避けるようにします
  • 授乳婦の方はなるべく避けますが、服用する時は授乳は中止します
  • 15歳未満の方は医師の判断で処方されることもあります
  • 高齢者の方は少量から始めます(副作用が出やすいためです)
  • アゾール系抗菌薬を服用している方は服用できません
    (口腔内カンジタ・食道カンジタ・難治性真菌感染症)
  • 肝炎治療薬を服用している方は服用できません
  • HIVプロテアー阻害剤を服用している方は服用できません
  • 仮眠して仕事をする人には服用できません
などに該当する人は医師に申し出て下さい。

また、自分の判断で服用を中止しないこと、高齢の方は夜中トイレにいくときなど、ふらつき転倒のおそれがありますので、注意が必要です。


関連記事はこちら↓↓
デパス錠0.5mgの効果や副作用!認知症と関係があるの?

ハルシオンの副作用

ハルシオンの効果と副作用


気になる副作用についても見ていきます。

基本的には、副作用は出にくく安全性が高い薬とされていますが、

  • 翌朝に眠気やふらつき、倦怠感、脱力感が残ることがあります(高齢の人はふらつきに注意)

  • 服薬後、寝るまでの出来事を覚えていない、夜間起床時の行動を覚えていないと、いった事態が起こるとされているので、仕事を控えた短時間の仮眠前の服用などは避けましょう

  • 多くの量を長く飲み続けた状態で自己判断で中止しないことです。

    反対に眠れなくなったり、不安やイライラ、吐き気、震えなどの反発的症状がでます

  • 口が渇く

  • 長期連用で効き目が悪くなり依存が高くなります

  • 肝機能障害

服用後に、出来事を覚えていない、薬の効果が持続している時の記憶が曖昧になるなどの可能性はありますので、健忘症状や服用が長期になると認知症に似た症状が現れる可能性も無いとは言えませんので、その際はすぐに医師に相談して下さい。


関連記事はこちら↓↓
デパスの依存のなりやすさ!服薬期間はなるべく短くしよう!

まとめ

睡眠薬でも2つのタイプがあります。

しかし、これらは眠りのタイプで、医師が判断し、処方されます。

最近は、ネット通販やドラッグストアでも今までは病院に行って、処方されてた薬でも手に入る時代になってきました。

向精神薬でもはそういったところで購入できる薬もありますが、不眠症の中でも何が原因で、どんな眠りでというのは、人それぞれで薬に頼らなくても眠りにつける場合もあります。

困っていることを聞いてもらい、解決できる道しるべとして病院を受診し必要であれば、薬を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク



このページの先頭へ