唇ヘルペスができる原因は?早く治す方法はあるの?

唇ヘルペスの原因


唇ヘルペスと聞くと、みなさんはあの唇の周りにできるぶつぶつとした水ぶくれを思い浮かべます。

唇ヘルペスはヘルペスウイルスというウイルスに感染して発症します。

感染力はとても強く、生まれたての赤ちゃんにはヘルペスウイルスなどはないのですが、母親や父親とのスキンシップの中で赤ちゃんにも感染していきます。

日本人の誰しも潜在的に持っているウイルスです。

体力が低下したり、身体の抵抗力が低下したり体調不良など、身体に不調をきたした時に発症します。

そして、発症したらヒリヒリとした痛み、膿ができてでべとべとになる、といった症状が現れます。


また、他人に移してしまったらどうしよう!?と考えてしまいます。

そんな気になる唇ヘルペスですが、早く治せる方法はあるのでしょうか?

加えて、そもそも唇ヘルペスの発症原因は何なのでしょうか?

以下にそれらを解説していきます。

スポンサーリンク


唇ヘルペスの発症原因

唇ヘルペスの原因


ヘルペスウイルスは誰しも持っている、体調に支障をきたしたときなどに発症するとお話ししました。

では、根本的な原因は何なのでしょうか?

それは、ひとつにストレスが原因と考えます。


ちなみに感染したヘルペスウイルスは主に神経に潜んでいます。

心身ともに元気な時はウイルスは神経の陰に潜み、表面化しません。

神経がやられるとき、すなわちストレスで神経衰弱などになるとヘルペスウイルスが活発化します。

唇の粘膜に発症すれば唇ヘルペスです。

ストレスが原因と考えるならば、普段の社会生活、日常生活でストレスレスな生活を心がけ、ストレスがたまったなぁ、と感じたら即座にストレスを解消するようにしましょう。

ストレスは唇ヘルペスに限らず万病のもとです。とくに最近、患者数が右肩上がりのメンタル疾患に関しては外因性要因としてはまずストレスがあげられます。

普段から頑張るのは結構なことですが、無理がかかっている時は注意が必要です。


関連記事はこちら↓↓
口の中が苦い原因は味覚障害?参考にしてほしい7つのこと!

ヘルペスウイルスの感染経路は?

唇ヘルペスの原因


ヘルペスウイルスは、赤ちゃんには潜伏しません。

感染経路は人から人です。

もっと詳しく言えば、タオルの使いまわしや食事の時にお皿を共有する、お箸の使いまわし、鍋をつつき合う、事例を挙げていけばきりがありません。

他人、親兄弟含め、シェアする行為はヘルペスに関してはよくありません。

ヘルペスウイルスはいったん体内に感染して入り込むと、ウイルス自体を取り除くことは難しいです。

ウイルスと一緒に生活を共にするということになります。

ただ、恐れることはありません。前述しましたが発症させなければいいのです。


関連記事はこちら↓↓
ヘルペスが赤ちゃんや子供にうつるのか心配!潜伏期間はいつまで?

スポンサーリンク


唇ヘルペスの早期治療

なったものは致し方ないとして唇ヘルペスを早く治せる方法などはないのでしょうか?


何回も唇ヘルペスになった人なら早期発見ができるまでになります。

つまり、発症の初期段階で唇がムズムズしたり、ヒリヒリしたりするのを意識できます。

この段階で手を打ちましょう。治りも早期発見早期治療で早くなります。


具体的な治療法は以下の二つです。

  1. 市販の薬を使用する
  2. 食事療法

市販の薬は結構たくさん出ています。個人の体質や年齢、性別やその時の体調にもよるので薬剤師とご相談のうえ購入し、使用してみて下さい。


食事療法はとにかく栄養バランスよく食事摂取するということです。偏った食事やジャンクフードは避けましょう。


必須アミノ酸のリジンを多く含む食べ物を摂取することがよいです。

必須アミノ酸を多く含む食材は、肉、魚、大豆類などです。

豚肉、ウナギ、バナナ、大豆食品、などに多く含まれるビタミンB群を摂取することもおススメです。


基本的に調理したスローフードでお願いします。

唇がピリピリする場合には、しみない味付けをするなどの工夫も必要です。


関連記事はこちら↓↓
扁桃腺が腫れる原因は?大人でも発症する可能性があるので注意して!

まとめ

いかがでしたか?

少しはお役に立ちましたでしょうか?


唇ヘルペスになって水ぶくれを指で触り、それを鼻や目にもって触ると他の場所にもヘルペスができる可能性が高くなりますので、やめましょう。

また、他人に触るとうつしてしまう可能性もありますので、十分に注意してください。

スポンサーリンク



このページの先頭へ