オイラックスクリームは市販されている?効果と副作用も気になる!

オイラックスの効果と副作用


オイラックスは医師の処方箋で使用する処方薬とドラッグストアなどでも売られている、市販薬もあります。

同じ薬品名ですが、何か違いはないか見ていきましょう。

よく処方や見かける、「オイラックスH」「オイラックスA」について説明します。

オイラックスは種類も豊富でどれを選べばいいのか?と思っている方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


オイラックスH(市販薬)とは

まずは市販で売られている、オイラックスHについて見ていきます。

オイラックスHは皮膚に使う、ステロイドが入っている塗り薬です。

炎症やかゆみなどを抑える作用が、あります。ステロイドの強さは5段階ありますが、オイラックスHは弱いものに、分類されます。

オイラックスHはステロイド剤の中でも、効き目が穏やかで副作用も出にくいとされています。

オイラックスにはステロイドを含まないオイラックスクリームもありますので、症状によって使い分けられます。

オイラックスHの効用と注意点

オイラックスの効果と副作用

効用
オイラックスHを使用することで改善が期待できる症状は

  • 湿疹
  • 皮膚炎群
  • 小児ストロフルス(乳幼児期に虫に刺された後に起きるつよいかゆみの強い赤い湿疹)
  • 乾癬
  • 虫刺され
などです。

オイラックスHの注意点

  • 細菌・真菌・スピロヘータ。ウイルス性皮膚感染症の方

  • クロタミトン・ヒドロコルチゾンに対しアレルギー反応を起こしたことのある人

  • 湿疹性外中耳炎の人

  • 潰瘍

  • 熱傷・凍傷(第2度深在性以上)

  • 大量・長期にわたる広範囲での使用によって、副腎ステロイド剤を全身的に使用した場合と同様な症状が現れる可能性がありますので、避けるようにします

  • 過量使用によって、メトモヘモグロビン症(赤血球の病気)を起こす可能性があるため、体調に悪化した場合は、使用を中止して医師に相談しましょう。

  • オイラックスHを使用しても症状の改善がみられない場合や症状が悪化知った場合は、使用を中止して医師に相談しましょう

  • 高齢者は副作用が出やすいので注意しながら使用します

  • 妊婦や妊娠していると思われる人は、医師・薬剤師の相談しましょう

  • 塗り薬なので、飲ことなどしないようにしてください

  • 目や目のまわりには使用しないようにしましょう

  • 皮膚疾患薬なので、化粧下やひげそりの後には使用しないでください

  • オイラックスHは金属に触れると変質するおそれがありますので、注意してください

  • 使用直後に軽い熱感が現れることがありますが、短時間でおさまります。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
雪の元の効能がすごい!ニキビに塗った場合効果はあるの?

スポンサーリンク


オイラックスAとは

皮膚に塗る軟膏タイプの塗り薬です。

かゆみやかぶれに優れた効果を発揮する、5種類の成分に加え殺菌剤を配合しており、お子様から高齢の方まで幅広く使用できます。

ステロイドの強さは弱い分類に入ります。

オイラックスAの効用と注意点


オイラックスAの効果・効用
オイラックスAを使用することで期待できる症状は

  • かゆみ
  • かぶれ
  • 湿疹
  • 虫刺され
  • 蕁麻疹
  • しもやけ
  • 皮膚炎
  • あせも

などです。オイラックスHと比べて幅広い皮膚の症状に対応できます。

オイラックスAの注意点

  • 医師の治療を受けている人
  • 顔には、化粧下やカミソリの後、また広範囲には塗らないようにしましょう
  • 目や目のまわりには塗らないようにしましょう
  • 妊婦や妊娠していると思われる人は、医師・薬剤師に相談しましょう
  • じゅくじゅくした傷や、感染症による湿疹には使用しないでください
  • 水虫やたむし、にきびなどには使用しないでください
  • 2週間くらい使用しても効果がない場合は使用を止め、病院を受診しましょう。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
リンデロンvg軟膏の効能や副作用!!市販薬や強さについても気になる!!

スポンサーリンク


オイラックスの副作用

オイラックスH・オイラックスAともに、副作用は少ないとされています。

症状として

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ
  • 腫れ
  • かぶれ
  • 乾燥感
  • 刺激感
  • 熱感
  • ヒリヒリ感
  • しびれ

などの症状が現れたら副作用の可能性もありますので、使用を一度中止して、病院へ行きましょう。

オイラックスクリーム(オイラックソフト)

オイラックスの効果と副作用


オイラックスクリームは、H・Aと違いステロイドが入っていない、かゆみ止めです。

ステロイドが入っていないので、疥癬(ビゼンダニというダニが皮膚に寄生し、起こる皮膚感染症です)や顔や陰部など皮膚が弱い所などにも使用できます。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
ゲンタシン軟膏のへルペスやニキビへの効果・効能!!陰部にも使える?

まとめ

オイラックスはステロイドを含んでいるものと含んでいないものと種類があります。

皮膚疾患は、自己判断ではつきにくいものがたくさんあります。

それに、処方薬と市販薬では効能も少し違いますので、医師や薬剤師に相談し、病院で処方してもらうか、市販薬でも大丈夫なのかを判断しましょう。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
蕁麻疹の原因は疲れやストレス!?顔だけに出た場合はどうする?

スポンサーリンク


このページの先頭へ