首筋にかゆみのある赤い湿疹!5つの原因と対処方法を解説!

首筋に赤い斑点ができる原因


肌の露出も増える時期になって来ると気になるのが、お肌のトラブルです。


冬などは服で隠れていた、首回りや腕回り、足回りなど厚着をしているときは気にならないものですが、薄着になって、湿疹に初めて気が付く方も多いのではないでしょうか。


今回は、顔と同じくらい周りからみられる首周りのお肌トラブル、湿疹やかゆみにスポットをあて、原因や原因ごとの対処法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


首がかゆい、湿疹の原因

「首がかゆい!!」と感じると寝るときに気になったり、服を着るときにも気にしたり、湿疹があるとうまく隠す方法を考えたりして、気になってしょうがないものです。

そんな首のかゆみの原因を5つご紹介したいと思います。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、簡単に言うと皮膚のバリア機能が低下し炎症を起こしてしまうことです。

これについては、首回りだけでなく、全身にかゆみが起きる方も多いと思います。

アトピーになる原因は諸説あります。

体の細菌のバランスが崩れ起きるとされる細菌によるもの、家族の中にも似たような症状の人がいる遺伝的なもの、現代の食生活の乱れによるもの環境要因などがあげられますが、これと言って言い切れるものがないのが現状です。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
蕁麻疹の原因は疲れやストレス!?顔だけに出た場合はどうする?

ヴィダール苔癬(たいせん)

首筋に赤い斑点ができる原因


湿疹の一つでもある「ヴィダール苔癬」は神経皮膚炎とも呼ばれます。

首回りだけでなく太ももや陰部などにもでき、皮膚が赤く厚くなるのが特徴です。

原因としてはいくつか挙げられるのですが、ネックレスなどの金属アレルギー、毛染め剤やパーマ剤など、衣類やワイシャツの襟、ストレス、紫外線などがあげられます。

これらの刺激が原因で痒くなるのですが、悪化の一番の原因は繰り返し掻きむしってしまうことです。

あせも

あせもは、汗が汗管(かんかん)に詰まって発症します。

赤いぶつぶつができ、チクチクした痛みが特徴です。

皮膚の炎症ではないので、自然に治ることも多いのですが、かゆみを我慢できずにかいてしまうと、炎症をおこし長引くケースがあります。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
お腹にかゆみがある湿疹ができた!原因として考えられる病気は?

乾燥

皮膚が乾燥しているとかゆみがでます。

普段から顔のスキンケアを行っているかたは多いと思いますが、首回りも同じくらい重要です。

特に冬場などはハイネックのセーターやネックウォーマーなどで悪影響になることもあります。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
ぱっくり割れの治し方を解説!かかとの乾燥に要注意!

アレルギー反応

広範囲な意味になってしまうのですが、金属アレルギーや食物アレルギー、花粉症など人さまざまなアレルギーがあります。

これらによりかゆみを伴う場合があります。


以上、かゆみの原因について紹介しました。当てはまる内容はありましたか?次では対処方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


原因ごとの対処方法

首筋に赤い斑点ができる原因


上記で紹介した、アトピー性皮膚炎、ヴィダール苔癬、あせもにはステロイド剤が効果的です。

症状によって強さを変える必要があるため、病院で医師に相談し自分に合った薬を処方してもらうようにしましょう。


乾燥への対処法は、保湿することが一番です。

スキンケアを首周りにもしっかり行い、乾燥しないように心がけましょう。

また、化繊素材はなるべく避けて、コットンガーゼや天然素材のストールで首回りを保護するのも効果的です。

アレルギーの症状や原因は千差万別です。身に覚えのない内容でアレルギー反応が出ている方は、早めに医師に相談し対処するようにしましょう。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
リンデロンVG軟膏は顔に塗れるのか?ステロイド使用時の注意点

まとめ

以上、首のかゆみの原因と対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

首は顔と同様に皮膚が薄くトラブルが起きやすい個所になります。

また、露出も多いためちょっとした刺激で炎症が起きやすいので気を付けましょう。

異常を感じたら、自身の生活の見直しと、医療機関への早めの相談をお勧めします。

スポンサーリンク


このページの先頭へ