フェミニーナ軟膏は妊娠中でも大丈夫?副作用が気になる!

フェミニーナ軟膏の効果と副作用


「フェミニーナ軟膏」は、陰部のかゆみやかぶれを鎮める塗る治療薬です。

リドカイン(局所麻酔成分)やジフェンヒドラミン塩酸塩(抗ヒスタミン成分)の働きで、かゆみなどを鎮めます。

イソプロピルメチルフェーノール(殺菌成分)が雑菌の発生を、抑えます。

低刺激性で、肌にやさしく、しみることがなく、また親水性クリームなので、べたつきも感じません。1日数回、患部に適量を塗ってください。


また、日本で初めて発売されたデリケートゾーンのお薬です。

また、ジェルタイプや、ミストタイプもあります。軟膏タイプで15g入り(880円税抜)と30g入り(1400円税抜)の2種類があります。

以下に、フェミニーナ軟膏について説明していきます。

スポンサーリンク


フェミニーナ軟膏の効果や注意点

フェミニーナ軟膏を使用することで症状の緩和が期待できる症状は

  • かゆみ(生理のとき・おりもの・汗ムレ・下着かぶれ)
  • かぶれ
  • 虫刺され
  • 湿疹
  • あせも
  • ただれ
  • しもやけ
などです。

注意が必要な場合や人は

  • 医師の治療を受けている人
  • 妊娠・妊娠していると思われる人
  • 薬などによってアレルギー症状を起こしたことのある人
  • 湿潤やただれのひどい人
  • 乳幼児
  • カンジタ症の人は使用しないこと
  • 目の周囲や、粘膜には使用しないこと
  • 小児に使用させる場合には保護者の指導監督の元に使用しましょう

おりものの異常や、フェミニーナ軟膏Sを使用して5~6日間使用しても症状の改善が、みられない場合は必ず医師の診断を受けましょう


用法・用量

フェミニーナ軟膏の効果と副作用


用法や用量は

  • 清潔な指に軟膏を取って、かゆみなどを感じている外陰部やその周辺に塗ってください
  • 膣内などの粘膜部分への使用はやめましょう
  • かゆみなどが再発しなければ、1回の使用でも大丈夫です
  • 1日4,5回を限度に使用しましょう
  • お風呂で、デリケートゾーンを優しく洗った後、よく乾燥させてから使用しましょう
  • デリケートゾーンに直接触ることに抵抗ある人は、トイレットペーパーなどに、取って塗りましょう。
  • 生理中の時は、経血をよく拭き取ったあとに使用しましょう。

などです。

デリケートゾーンに使用することが多い薬ですので、患部を清潔に保ったり、指で塗る時は手をしっかり洗ってから使用するようにして下さい。

フェミニーナ軟膏の副作用
おこる可能性がある副作用としては、発疹・発赤・かゆみ・腫れなどがあります。

副作用が出たら、添付文書をもって、医師や薬剤師に相談してください。

スポンサーリンク


膣カンジタ症とは

「フェミニーナ軟膏」は膣カンジタ症によるかゆみには、使用できません。

「フェミニーナ膣カンジタ錠」を使用してください。

このお薬は以前に、医師から膣カンジタの診断や治療を受けた人にしか使用できません。

カンジタ菌は、皮膚や消化器に存在する常在菌ですが、女性器の中にカンジタ菌が、増殖することによって、女性器に様々な症状を引きおこす病気を「膣カンジタ症」といいます。

カンジタ菌は女性に多く妊娠していない人で15%、妊婦は30%の人が、菌を保有しているといわれています。


体調不良などで免疫力が落ちて、また菌を繁殖しやすい環境を作ることによって、発症してしまう病気です。


女性の場合、おりものが、白い豆腐やカッテージチーズのようなおりものになるのが特徴で、膣内にかゆみなどを伴います。

他の病気も考えられますので、自己判断せず、産婦人科で、診断をうけましょう。

予防には、規則正しい生活を心がける、通気性の良い、下着をつけることです。男性も発症しますので、女性だけの病気ではありません。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
雪の元の効能がすごい!ニキビに塗った場合効果はあるの?

男性や妊婦でも使用できるのか

フェミニーナ軟膏の効果と副作用


女性だけでなく、男性の局部のかゆみにも使用できます。

原因がかぶれや湿疹の場合ですが、いんきんたむしなどの他の病気と考えられる場合は、フェミニーナ軟膏は使用せずに、症状にあった薬を使用しましょう。


妊婦の使用についても、小林製薬の説明では問題は無いようです、ただし不安がある方は無理をしてこの薬を使用する必要はありませんので、病院で医師に別の薬を処方してもらいましょう。


関連記事はこちらをクリック↓↓↓
ゲンタシン軟膏のへルペスやニキビへの効果・効能!!陰部にも使える?

まとめ

性別問わず、デリケートゾーンに、かゆみやかぶれなどを感じたら、病院にいくのも、躊躇してしまいがちですが、原因は様々です。


フェミニーナ軟膏は、外出先でも、家でも塗れて便利です。

数日間使用しても症状が良くならない場合は、他の病気が原因でかゆみなどが、起こっている場合もありますので、症状の改善がみられない場合は、医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ