めまいとあくびが止まらない!原因となる病気が気になる!

めまいとあくびが続く原因は?


長時間座っていて急に立ったらめまいがする、昼間一日中あくび止まらない、などの経験をされたことありますか?

どちらも別々で起きる場合はあまり問題にならないのですが、睡眠や栄養は足りているのに同時に起きる場合は要注意です。


とくにあくびには、眠くないときにでる生あくびと呼ばれるものがあり、普段から出る場合は病気が原因の場合があります。

そこでこの記事では、あくびとめまいの原因とそれが起きる可能性がある病気についてご紹介します。

スポンサーリンク


めまいの原因

めまいとは目が回るような、くらくらした感覚を言いますがどのように起きるかご存知でしょうか?


私たちの身体の平衡を保つのは三半規管、耳石器などの耳からの情報と、視覚などの目の情報、これらをつなげる脳の神経によって保たれているのですが、三半規管や耳石器に障害がでると体の動きと脳の情報が一致せずにめまいが起こります。


めまいにも種類があり、地面が回っているように感じる回転性めまい、ふわふわ体が浮くような感じがする不動性めまい、いすなどから立ち上がった際におこる、立ちくらみのようなめまいがあります。

ではめまいの原因についてみていきましょう。

耳が原因のめまい

めまいとあくびが続く原因は?


耳が原因のめまいには、以下のようなことが考えられます。

良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、メニエール病、突発性難聴、外リンパ痩などがあります。

良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎は、難聴や耳鳴りを伴うことはなく、比較的早期に回復に向かうのですが。

メニエール病、突発性難聴、外リンパ痩は難聴や耳鳴りを伴うことがあります。


関連記事はこちら↓↓
耳鳴りが止まらない原因は?高音・低音による違いについても解説!

脳が原因のめまい

脳が原因のめまいには以下のようなことが考えられます。

脳卒中・脳腫瘍、椎骨脳底動脈循環不全、脳梗塞の後遺症、頸性めまいなどがあります。

内科疾患のめまい

内科疾患が原因のめまいには以下のようなことが考えられます。

起立性低血圧、食後低血圧、自立神経失調症、貧血、過労や睡眠不足、ストレスや不安などがあります。

薬が原因のめまい

めまいを起こす副作用のある薬は以下のようなものがあります。

降圧薬、高脂血症薬、サリチル酸系薬物、抗てんかん薬、抗うつ薬、筋弛緩剤などです。

スポンサーリンク


あくびの原因

眠い時や疲れているときにあくびは出やすくなりますが、眠気や疲れがないときに出るあくびがあります。

それを「生あくび」と呼ぶのですが「生あくび」には、大きな病気が隠れている場合があり、それを伝えている信号ともいわれています。

それでは、生あくびが出る原因についてご紹介したいと思います。

緊張やストレス

緊張をしていると生あくびが出ます。

これは皆さん経験したことがあるのではないでしょうか。

これについては、酸素を取り込み脳を活性化させようという、生理現象なので大きな心配はありません。

睡眠障害

めまいとあくびが続く原因は?


夜しっかり寝ているつもりでも出てしまうあくびがあります。

無呼吸症候群などで体がしっかり休んでいないケースです。

睡眠の質の改善が効果的ですので、睡眠の見直しをお勧めします。

病気

今回の本題です。生あくびの最も危険な信号と言われているのが脳梗塞です。

生あくびと脳梗塞には深い関係があり、脳こうそくの前兆として生あくびが出る場合があります。

特に頭痛やめまい、吐き気などを同時に感じたら危険です。また、脳出血や脳腫瘍、脳炎などの可能性もあります。


関連記事はこちら↓↓
貧血が原因であくびが止まらない?眠気がないのにナゼ?

生あくびとめまい

上では、それぞれの原因を見てきましたが、それぞれに共通する原因として、「ストレス」、「睡眠不足」、「脳の病気」があげられます。


ストレスや睡眠不足や睡眠障害は日ごろの生活環境の改善、例えばストレスであれば、趣味や運動など、睡眠不足や睡眠障害であれば睡眠の質の改善を行えば、ある程度抑制できますが、脳の障害については早期の治療が必要となります。


特に生あくびとめまい、吐き気が同時に起きる場合には早期に医療機関へ相談しましょう。


関連記事はこちら↓↓
生あくびが止まらない原因は?頭痛や吐き気がある場合は要注意!

まとめ

以上、あくびとめまい、またそれに関する原因についてお話しましたが、自己診断で当てはまる点はありましたでしょうか?


同時に発生する場合は一度、医師に相談をお勧めします。

また、周りに生あくびをよくしている方がいるようであれば、一度声をかけてあげるのも悪くないかと思います。

普段の生活を見直して、より良い人生を謳歌しましょう!

スポンサーリンク


このページの先頭へ