食事中に鼻水が止まらないのはマナー違反?原因や対処法は?

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

食事中に鼻水が止まらないのはマナー違反?原因や対処法は?

女性


あるとき突然、鼻水が止まらなくなったらどうしますか??


会議中や集会中ましてや食事中など、状況によっては鼻をかむことができないということもありますし、非常に困ってしまう状況ですが、よくあることではないでしょうか。

食事中の鼻水では、ラーメンやそば・うどんなど温かい食べ物を食べていると、鼻水が止まらなくなる!!などといった状況はよくあることです。


しかも、鼻が詰まるタイプの、要するに粘度の高い鼻水ならまだしも、水のようにしたたってくる鼻水だと、すすってもすすっても垂れてきて、もうどうしようもありません。


原因が分かっていればその原因に対処すれば済む話しですが、気がついたら出ている、原因不明のものとなると、かなり厄介です。


それでは、いったい鼻水が止まらない原因は、いったいどのようなものなのでしょうか?この記事ではそんな止まらない鼻水について解説をしていきます。

スポンサーリンク


鼻水が止まらない、その原因

鼻水が止まらない原因のうち、特に多いものをまず二つご紹介します。

風邪、及びその初期症状

女性


鼻水の原因としてやはり多いのが風邪。鼻水の粘度は場合によりけりですが、透明な水っぽい鼻水が出る人も多いです。


そもそも鼻水というのは、鼻の粘膜によって侵入を防がれた細菌雑菌の類いを鼻の外に押し流すための機能なのですが、風邪の症状があらわれるほどに細菌が増殖してしまっているため、それに見合った量の鼻水が出てきてしまうのが風邪のとき鼻水が多くなる原因なのです。


他の原因との見分け方としては、熱や咳、悪寒などの他の風邪の症状があるか否かが決め手となるでしょう。

この場合、鼻水が多いのは体が防衛機能を働かせている証拠ですから、栄養を取って安静にしているようにしましょう。

アレルギー性鼻炎

最近とくに多いのがアレルギー性鼻炎です、代表的な疾患としては花粉症が有名です。

こちらの場合は十中八九鼻水はさらさらとしたものになります。


このアレルギー性鼻炎には、大きく分けて二つの種類があります。

ある季節になると飛散する植物の花粉によって引き起こされるいわゆる花粉症、季節性のアレルギー性鼻炎と、ダニの死骸やホコリなどが原因となって一年中起こりうる通年性のアレルギー性鼻炎です。


近年では、PM2.5などによってアレルギー性鼻炎が引き起こされることがありますが、こちらも通年性のアレルギー性鼻炎です。


そもそもアレルギーというのは、こちらも本来体の防衛機能であるはずのものが、害のない物質に対して過剰に反応してしまい起こるものです。


過剰反応してしまう物質をアレルゲンと言いますが、このアレルゲンはつまりは花粉やハウスダストにあたります。

あくまで免疫機能の働きである以上、残念ながら抜本的な解決方法は今のところ存在していません。


アレルゲンが花粉の場合はシーズン中の外出は常にマスクを着用し、室内に花粉が充満しないようこまめに、かつ徹底的に掃除をしましょう。


ハウスダストなどがアレルゲンの場合は、室内のこまめな掃除が命です。常に部屋を清潔に保ち、可能なら空気清浄機も常に有が貸しておくことをおすすめします。



関連記事:鼻水が青い原因は?風邪の延長だけではないので注意が必要!

食事中の鼻水
では、特に風邪ぎみではなく、花粉症やハウスダストなどのアレルギーにも心当たりが無い場合で食事中に鼻水が出てしまう場合はどうでしょうか??

この様な症状も実はアレルギー反応の一つと言えるかもしれません。

まずは、どの様な食べ物を食べている時に鼻水が出るのかをチェックする必要があります。

例えば

  • ラーメン
  • うどん
  • そば
などの、温かい食べ物の場合は食べる際に湯気が鼻に入ります。この時に急激な温度の変化に対してアレルギー反応を起こして鼻水が出ている可能性もあります。

カレーライスやキムチ、コショウなどを沢山使った料理を食べたときに鼻水が出る場合は、その食品や香辛料にアレルギー反応を起こしているかもしれません。


もしくは、外食をしている最中ならお店の中の何かにアレルギーとなる物質があるかもしれませんし、朝なのか昼なのか夜なのかによって体調の違いが要因となっている可能性もあります。


いずれにしても、鼻水が出ている状況をよく観察して、同じ状況にならないように注意することが対策ともなりますので、食べた物やお店などをメモしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク


どうしても鼻水を止めたいときの対処法

鼻水は生理現象ともいえますし、アレルギーの原因となる物質や風邪などのウイルスを体内に侵入させないようにする機能なので、神経質に気にする必要もないとも言えます。

しかし、食事中に鼻水を垂らしながらとなると流石にマナー的にどうなのか??

と気になってしまいます。そんな時の対処法を見ていきます。

女性


マナー違反を気にするという事は、一人で食事をしているのではなく相手がいるという事だと思います。

この場合は、あらかじめ食事の予定がある場合は、鼻炎薬を食事の前に飲んでおくのも良いかと思います。鼻炎薬はドラックストアーで購入できますので、気になる人は常備薬として家に置いておくと便利です。


多少値が張ってしまいますが、用法・用量を守って飲めば、相応の効果が期待できます。本当にどうしても止めたい場合は、薬を服用しましょう。


関連記事:アレグラとアレジオンの違いは?花粉症にはどっちが効果的?

鼻うがい

鼻のうがいを試してみるのも良いかと思います。

やり方は、片方の鼻を押さえた状態で、もう一方の鼻から塩水を吸い込むだけです。


鼻から水を、しかも鼻水混じりのものを飲み込むことになるため気持ち悪さもありますが、2,3回試してみると、意外とすっきりします。



関連記事:鼻水が黄色(オレンジ)になる原因は?風邪以外の症状にも注意!

まとめ

ここまで鼻水について解説してきました。

気をつけてほしいのは、繰り返しになりますが鼻水は体の免疫機能の一部であると言うことです。鼻水を止める上記の方法はあくまで一時的なものですから、根本の原因を解決しないと意味がありません。


くれぐれも、対症療法だけで満足せず、その原因から対処していくことが必要です、症状が続くようなら耳鼻咽喉科の受診をするようにして下さい。


スポンサーリンク


このページの先頭へ