当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

鼻水が黄色い原因と副鼻腔炎の種類を徹底解説!

鼻をかむ女性


一般的は鼻水というと無色です。体の不調は色々な兆候となって現れます。鼻水もそのひとつで、鼻水の色や粘つき具合でさまざまな病気のサインだったり、不調を知らせる目安になります。


その中でも、黄色い鼻水はどんな症状でどんな病気の現れなのでしょうか?


この記事では、鼻水が黄色い症状に重点を置いて解説をして行きます。

スポンサーリンク


鼻水とは?

鼻水とは、鼻の粘膜を保護するために常に分泌されています。鼻腔内部から分泌される液体で体をウィルスなどから体を守っています。


鼻水の色や量などが普段と違うようであれば、身体の異常のサインとなることがあります。それほど鼻水の分泌でなんらかの病気を知ることが出来ます。

鼻水の色と質の違い

鼻をかむ男性

褐色の鼻水

褐色の鼻水は、鼻血や炎症などによる出血に鼻水が混ざり褐色、または黒色に変色します。



関連記事:鼻血が止まらない原因や病気について!生活習慣を見直そう!

透明でネバネバした鼻水

花粉症などのアレルギー反応で分泌される鼻水は、このような透明で粘性ネバネバした鼻水です。体内に細菌やウィルスなどが侵入した際に透明で粘性のある鼻水が出ます。



関連記事:鼻水がさらさらして止まらない!無色透明な原因も気になる!

青色の鼻水

たんぱく質の摂取不足によって、いわゆる青洟が分泌されます。



関連記事:鼻水が青い原因は?風邪の延長だけではないので注意が必要!

黄色い鼻水の原因と病気は?

基本的に鼻水は無色透明なのですが、黄色い鼻水が出るときはいったいどのような時なのでしょうか。


黄色い鼻水が出る時は、細菌やウィルスなどが侵入した際に死滅した白血球や免疫細胞が、鼻水に含まれることがあります。

よってこのような症状は体の中の免疫が働いている証拠で、なんらかの病気の可能性が高いです。


それでは、黄色い鼻水で考えられる病気について挙げてみましょう。

急性副鼻腔炎

白血球や免疫細胞などの死がいが鼻水に含まれることで鼻水を黄色くします。ウィルスや細菌の感染によってこのような症状になります。


治りかけの風邪の症状で黄色い鼻水が出ることがあります。一般的に急性の鼻炎としての症状ですので短期間で回復します。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の鼻水は、基本的に無色透明ですが、鼻炎の症状が強くなりますと黄色い鼻水の症状になることがあります。


よって、花粉症なども鼻水の色で症状の悪化などを知ることが出来ますので、日々の鼻水の色などはチェックすると良いでしょう。

スポンサーリンク


副鼻腔炎

副鼻腔炎は、副鼻腔におこる炎症です。炎症によって副鼻腔炎に膿がたまります。一般的には蓄膿症と言われています。

鼻水が黄色い症状からみる病気の中でも、いちばん重症度の高い病気が蓄膿症です。

副鼻腔炎の種類

鼻をつまむ女性


さきに挙げた副鼻腔炎も種類や原因はさまざまですので、次に副鼻腔炎の種類と原因についてみていきましょう。

急性副鼻腔炎

体調不良や疲労によって発症することが多い病気で、ウィルスや細菌の感染による急性鼻炎から発症するのが副鼻腔炎です。


耳鼻咽喉科で適切な診断、治療を受けて疲労回復がいちばん有効な回復方法となります。

慢性副鼻腔炎

副鼻腔炎の症状が慢性化している状態です。

広範囲に膿がたまって、頭痛や嗅覚低下を引き起こすことがあります。

鼻水が1か月以上出た場合は、副鼻腔炎の可能性がありますので耳鼻咽喉科を受診しましょう。

好酸球副鼻腔炎

喘息が原因で発症する鼻腔炎ですが、具体的に特定出来る原因は分かっておりません。

味覚障害や聴力障害などの症状が現れることがあり、難治性の鼻腔炎です。

副鼻腔真菌症

カビが原因で発症する鼻腔炎です。


鼻水が黄色いことで疑われる疾病の中でも、副鼻腔炎は重症化する可能性が高い病気です。

糖尿病や悪性腫瘍などによっても発症リスクが高まります。


薬物での治療が確立されていませんが、洗浄や手術で真菌を取り除くことで改善することが出来ます。黄色い鼻水に加え、頭痛や嗅覚障害などの症状が出た場合は、耳鼻咽喉科専門のお医者さんに相談しましょう。



関連記事:鼻水が黄色(オレンジ)になる原因は?風邪以外の症状にも注意!

まとめ

鼻水など身体からの分泌物は基本的には身体の不調を知らせるサインです。


その中でも黄色い鼻水が出る原因は、鼻中の異常が原因の可能性があります。黄色い鼻水の主な原因は鼻腔炎であることが分かりました。


これらの症状を改善するには、症状の原因を特定して適切な診断、治療をすることが大切ですので長期的に鼻水が出る、鼻水に加えて頭痛などの症状が気になる場合は早めに耳鼻咽喉科に相談しましょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ