ココナッツミルクの効能やカロリーは?味や保存方法も知りたい!

美容やダイエットに良いとされ、ココナッツミルクがとても流行っています。


ココナッツミルクというと、南国に行った時などに見かけたり…と言う感じでしたが最近ではスーパーなどでもココナッツミルクやココナッツジュースや缶詰などが売られています。


大変注目されているココナッツミルクの効能などはいったいどのようなものなのでしょうか??

スポンサーリンク


ココナッツミルクと
ココナッツジュース、ココナッツオイル

3ba0679b1a632be985ade82b1465d7fc_s

ココナッツミルク

ココヤシの実のココナッツの果肉を加工して作られたもので、成熟した種子の内側にある白い固形の胚乳から採れます。


ココナッツミルクは、固形の胚乳で煮出したり絞ったりして加工されてできたものです。ココナッツミルクそのままだと甘くないので、デザートやジュースになっているものはそこに甘味料を添加されています。


ココナッツミルクの保存期間は短くて、1度開封すると日持ちしません。

ココナッツジュース

若い実の透明な液体胚乳をココナッツジュースといいます。ココナッツの中に入っている液体がココナッツジュースです。

ココナッツオイル

ココナッツミルクのオイル分だけを取り出したものになります。よってココナッツミルクとココナッツオイルは効能や効果が似ています。


ココナッツオイルの保存期間は長く、液体状と固まって…などを繰り返しても品質には全く変わりなく使用出来、常温で保存が可能です。


コストパフォーマンス的にはココナッツオイルの方が良いかもしれません。

スポンサーリンク


ココナッツミルクの効能


ダイエット効果

ココナッツには中鎖脂肪酸がたくさん含まれています。この中鎖脂肪酸はすぐにエネルギーになり体内に蓄積されにくいとされダイエット効果があると言われています。


さらに、付いてしまった体脂肪を減らしてくれる作用があります。「ケトン体」といわれる成分が分泌されることでエネルギーとして燃焼しやすくします。


このケトン体は通常体内のブドウ糖が減ると食欲として信号を出すところブドウ糖のかわりに体脂肪をエネルギーとするので、脳は「食べなさい!」という信号を出さなくなります。よって食欲を抑えてくれる効果があります。

コレステロール値を下げる

またコレステロール値を下げてくれる効果があります。動脈硬化や心臓病のリスクも軽減効果が期待出来ます。

便秘解消に効果

ココナッツミルクは、食物繊維が豊富で小腸にある繊毛に吸収されやすく腸内をきれいに掃除してくれる効果があります。


これによって腸が正常に動くようになり便秘を解消してくれる効果があります。


便秘は肌荒れやニキビの原因にもなりますから、美容効果に期待出来ます。

抗酸化作用

ココナッツミルクにはビタミンEが豊富に入っており、抗酸化作用がとても高いのでシワの軽減やアンチエイジングに効果があります。


その他、認知症予防、長寿遺伝子活性化、筋肉の収縮が増すなどさまざまな効果が挙げられています。

まとめ
ココナッツミルクの注意点

ココナッツミルクの効能はすごいです。でも、摂り過ぎてしまうと砂糖が配合されている場合が多いので糖分を摂り過ぎてしまい逆に太ってしまう可能性があるので注意しましょう。


大体のココナッツミルクのカロリーは100gあたり150Calぐらいです。ココナッツオイルよりもココナッツミルクの方がカロリーが3分の1と低いことも分かっています。


ココナッツオイルをそのまま摂るのが苦手な方もいますね、そういう人はココナッツミルクの方が続けやすいですが糖質、脂質が多く含まれていますので1日に2杯程度などに目安を決める、または甘味料があまり配合されていないものを選ぶなど過剰に摂り過ぎないように注意しましょう。


スポンサーリンク

このページの先頭へ