当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

大食いと過食症は違う!?原因や治療法(治す方法)は?

過食症とは、ただ食べ過ぎてしまうことではありません。


ついつい食べ過ぎて…というものではなく、強い不安感や自己嫌悪、ストレスや気分の落ち込みなど精神的に負荷がかかっている状態で、食べては吐く、食べては吐くということを繰り返す、このような症状は過食症の疑いがあります。


しかし、過食症のように、心に負荷がかかっている、心に悪影響があるという今の自分の状態に気付かず自覚がない人も多いようです。


それだけに深刻な病気であることは確かです。過食症は早期発見・早期治療がとても大切です。ここでは、「過食症」の症状や原因をもう少し詳しく解説していきます。

スポンサーリンク


~関連記事~
関連記事:拒食症の症状や回復に必要なことは?モデルや芸能人が原因?

過食症の症状

woman-1006100_640

過食症の特徴を挙げてみます。心あたりがないかチェックしてみましょう。

・以上な食欲があり、家族に隠れて大量に食べる。

・食べているときはすっきりするけど、食べたあとに異様に罪悪感に苛まれる。

・イライラしたり、不安にかられたときに大量に食べたくなる。

・食べる事に異常なほど執着してしまう。

・太ることに恐怖を感じる。

・食欲をうまくコントロールできない。

・自発誘発性嘔吐

自発的に吐くということ。口の中に指を入れて吐くために手に吐きだこができる事があるほどです。食べる事に罪悪感があるため、大量に食べたことを吐いて無かったことにします。

・代償行動

大量に食べて太るのを防ぐために、下剤や利尿剤で食べたものを排出します。栄養を摂取出来ないので栄養失調や脱水症状などになります。

以上の症状が見られたら過食症であると疑って良いと思います。


食べては吐く、食べては吐くという行為は思いのほか心への悪影響、身体、歯などへの悪影響があることを知らなければいけません。


下剤や利尿剤も多用、乱用すると耐性がついて効果がなくなってしまい通常よりさらに数倍の薬の量を摂取しなければなりません。


心身への悪影響は放っておけませんので、一日も早く自覚して改善していきましょう。

スポンサーリンク


過食症による身体への悪影響

これは大げさではなく、身体への悪影響は計りしれません。


無月経・便秘・低体温・むくみ・冷え・低血圧・免疫力低下・貧血・電解質異常・腎臓機能障害その他など挙げられます。


また、食べる、嘔吐を繰り返すことによって胃酸の影響を受け歯が痛んでしまい、虫歯が出来やすく、歯が変色したり変形したりしてしまいます。


過食の原因でもある、精神不安などがさらに悪化して情緒不安定や気分障害などの精神疾患を発症する場合があります。


食べる行為への罪悪感やひどい場合は自殺願望やアルコール依存、薬物依存にまで発展するケースがありますので注意が必要です。

過食症の原因

ストレス

精神的ストレス…仕事上のストレス、家族関係をはじめとする人間関係、勉強や学校などのストレス、いじめや失敗など、精神的負荷は人それぞれです。これらのストレスが過食症の大きな原因になっています。


現代社会にストレスはつきものですから、日頃よりストレスをうまく発散して上手に付き合う方法を探すことが必要です。

無理なダイエット

無理なダイエット自体がストレスを溜めるきっかけになっている場合があります。

間違ったダイエットは過食症だけではなく、様々な疾患の原因となりますので注意しましょう。

対処法

ストレスを溜めない・上手に発散する

なかなかストレスを上手に発散するっていうのは難しいことです。ダイエットもそうですが、日常生活で自分にとって何がストレスになっているのかを把握すること、そしてストレスを溜めないことがとても大事です。


相談出来る人を見つける

過食症は具体的な治療法などが明確にないので、発症するとなかなか完治までの道のりが大変です。それでも、家族や友だちなど自分のことを心許して相談出来る相手を探して見つける事も非常に大事です。


塞ぎこんだり、自分だけで落ち込んだりしないように人と関わることを忘れないように生活しましょう。

身体と併せて、心の治療が大事

場合によっては、認知行動療法や対人関係療法などが有効な場合があります。過食症を発症してる人は、自分の気持ちと行動を上手にコントロール出来ない状態の人が多いので、治療によって改善を図っていきます。

吐かないケースがある!! 非嘔吐過食とは

今まで述べてきた過食症は過食嘔吐といって、食べ過ぎたという行為に対して、嘔吐や下剤などで排泄する代償行為がありますが、最近増えてきたのが非嘔吐過食です。


非嘔吐過食は食後の行動に違いがあり、代償行為をしないために太り続けます。


食べる事に罪悪感があり、吐くことに恐怖がある、みっともないことだから人に見られたくないなどの感情があります。


いずれも、専門医師の治療が必要と思われます。

まとめ 過食症の回復に向けて

特効薬があるわけではないので、回復に向けて地道に焦らず自己をみつめて行くことが大事になってきます。


いわゆる「摂食障害」は心の病気とも言われています。


自己を肯定出来るようになること、これが大きな目標になるでしょう。一人で悩まずに専門機関に相談し、過食症という負のスパイラルから一日も早く抜け出せるよう治療していきましょう。


スポンサーリンク


~関連記事~
関連記事:拒食症の症状や回復に必要なことは?モデルや芸能人が原因?

このページの先頭へ