子供・赤ちゃんの任意予防接種の種類や費用は?絶対に受けるべき?

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

子供・赤ちゃんの任意予防接種の種類や費用は?絶対に受けるべき?

赤ちゃんの予防接種には、定期予防接種と任意予防接種とがあります。生後2カ月から始まりますが、こんなに小さな身体にこんなに多く接種していいのだろうかと心配になってしまう方も多い方思います。


任意予防接種の場合、受けた方がいいのか?受けないかは、分からないことがたくさんあります。任意予防接種はとくに健康保険が適用されないのでお金もかかります。


任意の予防接種の知識や考え方を知って、予防接種の判断をするのにお役立て下さい!!

スポンサーリンク


赤ちゃんの予防接種の種類
定期と任意

赤ちゃんの予防接種には「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。「定期接種」とは予防の必要性が高く、国が一定の年齢になったら受けるように努めなければいけないと勧めるているものです。


予防接種においては副反応が心配されますが、万が一重い副反応が出た場合も予防接種と副反応の因果関係が認められれば国からの保障を受けることが出来ます。


また、「任意接種」は、予防接種の内容を把握したうえで希望者が個別に病院に行って受けるもので、基本的に費用は自己負担になります。自治体によっては助成金が出るところもあります。


基本的に任意とはいえ、赤ちゃんがその病気にかかり重症になるリスクを軽減するためにも、あらかじめ接種することが安心に繋がります。


赤ちゃんの予防接種は、保護者がその予防接種の内容とスケジュールをしっかりと把握、判断して接種することが大切です。


予防接種のスケジュールには、赤ちゃんの体調も関わってきます。0歳児で接種するワクチンは種類も多く接種回数としては15回以上になります。


0歳で受けるBCGやロタウィルスワクチンは「生ワクチン」のために、接種後は4週間空けなければなりません。そのためこれら1本ずつ受けるのでは接種が遅れがちになるために、同時接種という方法があります。


必要な免疫をより早く付けることが出来るのがこの同時接種です。本数や組み合わせの制限がありませんから、生ワクチンと生ワクチン、生ワクチンと不活化ワクチンの組み合わせも出来ますからよく小児科の医師と相談しましょう。

スポンサーリンク


ワクチンのタイプによる種類

198d0a0f7dbd7d55a943ae2f81f65210_s

予防接種には「生ワクチン」と「不活化ワクチン」というようにワクチンの性質によって種類が分けられます。


生ワクチンは、生きた細菌やウィルスの毒素を弱めたワクチンです。予防したいその病気に軽くかかった状態にして免疫をつけます。

生ワクチン接種後には次のワクチンを接種するまでに4週間以上間隔をあけなければいけません。


不活化ワクチンは、細菌やウィルスを殺して免疫成分だけを取り出したワクチンです。不活化ワクチン接種後に次のワクチンを接種するまでは1週間間隔をあければ大丈夫です。

定期接種と任意接種

定期接種には以下の6つがあります。決められた接種時期が近づくと各自治体から通知が来ます。

➀ ヒブ(インフルエンザ菌b型)
➁ 小児用肺炎球菌
➂ 四種混合(DTP+IPV)定期・ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ
➃ BCG(結核)
➄ 麻しん(はしか)・風疹二種混合(MR)・
➅ 日本脳炎

一方、任意接種は両親の希望によって必要に応じて接種します。自治体からの通知はありません。個別にそれぞれ病院に行って受けます。

➀ 水疱瘡
➁ おたふくかぜ
➂ B型肝炎
➃ A型肝炎
➄ ロタウィルス
➅ インフルエンザ

任意接種ワクチンは、接種するか否かは保護者の判断に任されています。健康保険適用がないので、接種費用は基本的に自己負担です。

予防接種 費用参考

任意接種ワクチンの種類と費用の参考例です。(共立習志野病院出典)

➀ ロタウィルスワクチン

ロタリックス:12,960円×2回(25,920円)
ロタテック:8,640円×3回(25,920円)

➁ B型肝炎6,480円

➂ 水痘6,480円

➃ おたふく6,480円

まとめ
予防接種の内容をよく把握すること

予防接種にはそれぞれ受けるべき月齢と回数が決められています。予防接種法に基づいて市区町村が実施する定期接種と希望対象者により行う任意接種があります。


定期接種に関しては、市区町村からスケジュール通知など詳細が届きますのでそれをよく把握することが大切です。


生後2カ月から始まる予防接種ですが、ただ機械的にスケジュールを組んで接種に連れて行くのではなく、ご両親が任意の予防接種の一つひとつをよく理解と納得をもって臨む必要があります。


「どんな病気なのか」「いつの時期に流行するのか」などをしっかり把握して、赤ちゃんの健康状態と照らし合わせて予防接種を受けるかどうするかの判断をしましょう。


保育園などの集団生活を日々長時間する場合などは、感染しやすい状況と言えますのでこれも判断材料になるのではないでしょうか。


心配が大きいのは、接種による副反応ですが、単独接種であれば原因ワクチンの特定がしやすいですがそう単独接種ばかりしていると決められた期間内に接種完了が難しいのでどうしても同時接種になります。


複数の同時接種からの副反応は、どのワクチンが原因として引き金になったかが特定しにくい不安はあります。


スケジュールを組むだけでも難しいですから、とくに任意の予防接種はなるべくワクチンの病気を理解しながら、小児科の主治医の先生と相談しながら進めることが大切になってきます。


予防接種には、それぞれの家庭やご両親の考え方や経済状況の違いから接種の指針などが違ってきますから、お子さんのためにもよくご家庭で話し合って子育てに向き合うことがとても重要です。


スポンサーリンク


このページの先頭へ