幼稚園のママ友から仲間はずれにされたら子供には影響ある?

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

幼稚園のママ友から仲間はずれにされたら子供には影響ある?

子供が生まれて、ようやく幼稚園に入園するようになると新たなママ友とのお付き合いがスタートします。子供のお友達付き合いとはまた平行して、ママ同士の関わりが生まれます。


新しい充実したママ友関係を築いて楽しい幼稚園ライフを送りたいものです。良識のあるお母さん同士でしたら、そんな充実した関係を築けますが稀にトラブルが起こることもしばしばあります。


このような時、大人の人間関係が子供に影響があるのでしょうか?ここでは、デリケートな人間関係を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク


幼稚園のママ友から仲間外れにされたら考えること

9f112d7d8e882d6cd4725e367d07bf4c_s

原因を考える。

何が原因でママ友たちから仲間外れにされているのかを考えることが大事です。こちら側が原因を作ってはいないか、一度立ち止まって自分自身で問いかけることが大事ですね。


ただ、分かったとしてもどうしようもないことが原因の場合もありますから、あまり深く考えすぎず塞ぎこむことのないよう気を付ける必要があります。

距離感を考える。

ママ友とは、それまで子供が出来る前の友だちとは違って「子供」という共通した対象を除けば年代やこれまでの環境も違うものです。


ママ友からの関係性に違和感があるようであれば、これまでのお互いの距離感や関係性について考え直してみるのも良いでしょう。


無理にお付き合いしていなかったか?相手のスペースに踏み込み過ぎていないかどうか?冷静に見極めてみるのも方法です。お互いにストレスを生まない関係でいたいです。

スポンサーリンク


子供への影響について考える。

子供同士のお友達関係は、子供の世界のなかのことでママ友との関わりとは全く別ものであるとして捉えることが大切です。


子供同士、仲が良いのかどうか、親の関係が悪くなった場合でも子供の仲は無理に引き離すことのないよう注意していく必要があります。


逆に子供同士がそれほど仲良くなければ、ママ友の今後の距離を適度に取ることも視野にいれておくと良いです。

自分を大事に、ママ友との在り方を考える。

自分が避けられているママ友がいるとしたら、彼女と自分との関係がどういう関係であったら自分が疲れずに負担のない距離感なのかを考えて見極めることが大切です。


仲良くするのも大事ですが、自分を押し殺してまでのお付き合いは自分を保つことや子育てに悪い影響を与えますから、ご自身を大事に日々を笑顔で過ごせることを第一に考えることです。

関係を修復させる。

一度拗れた関係を修復するのはとても難しいことですから、これは時間をゆっくりかけて関係を修復していけば良いことです。


ただ、子供同士のお友達関係は別ものですから、しばらくの間は子供同士が遊ぶ時のお付き合いだと割りきって関わる場面を上手に過ごしましょう。


時間が解決してくれることもありますから、関われる人とお付き合いしながら負担のないよう過ごすことが大切かもしれません。

距離をおいてみる。

お互いの感情や気持ちを落ち着かせる意味も含めて、ある期間距離をおいてみるのも良いでしょう。


時間とともに、距離が状況を改善してくれることもありますし、その間もっと他のお母さんがたと幅広く過ごすことも良いですね。

まとめ
ママ友から仲間はずれにされたときの子供への影響は?

ママ同士のお友達関係はもちろん、子供への影響はありますね。ママ同士が仲良くしていれば子供も安心して子供同士仲良く遊べます。


ただ、ママ友から仲間外れされた時というのは、子供同士の関わりとは全く別ものですから関係はありません。


子供への影響が心配されるのは、ママ友関係の在り方が子供にうつってしまったときに自分の子供までがお友達から仲間外れにされてしまうのではないかということだと思います。


このあたりは、よく子供さんの様子を注意して見てあげること、そして何かあれば早めの対応をしてあげること、また幼稚園などの先生方などに報告、相談をして周囲の大人で出来る限りのフォローをしてあげる環境を整えてあげることがとても重要です。


そもそも、ママ友との関係とはいえ大人が子供の前で仲間外れなどのいじめ行為を見せつけるということや、行ってしまっているということが問題です。


大人はそれぞれの価値観や趣味など共通の興味や気が合うなどの理由から幅広くお友達を作ることが出来ますが、子供にとっての幼稚園やこれからの小学校などはこの空間が全てとなってしまうわけですから、その中での仲間外れは絶対に避けるべきことです。


もし、ご自身が仲間外れされる側になったとしたら、この問題解決に向けて、もしくは問題を大きくしない対策をとることが大切となってきます。


それは、時間や距離を置いてみることも充分含まれますから、スマートに大人の対応をしていきましょう。


スポンサーリンク


このページの先頭へ