当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

インフルエンザの後の腰痛が続く!治らない原因と対処法!

女性


冬になると大流行するインフルエンザ。

毎年予防接種を受けて対策を万全にしているという人も多いかと思います。


しかし、インフルエンザはワクチンを打っていても、絶対に感染しないというものではありません。

ワクチンを打っている場合は症状が軽く済むことはありますが、残念ながら感染してしまうこともあります。

そんなインフルエンザにかかってしまい、症状自体は治ったのに腰痛が続くという場合もあるかと思います。なかなか治らないインフルエンザ後の腰痛はいったい何が原因なのでしょうか?

この記事では、インフルエンザにまつわるお話をしたいと思います。

インフルエンザとは?

高熱・関節痛の症状を主体とするインフルエンザ。冬になると大流行しますので、学級閉鎖になったという話もよく耳にします。

なぜインフルエンザは冬に流行するのでしょうか?


それは気温が低くなり、空気が乾燥するためインフルエンザのウイルスが生きやすく、空気中に漂いやすくなるためです。

しかも、このウイルスは毎年マイナーチェンジをしますので、麻疹など一度感染したら耐性がついて次は感染しないという病気とは違い、毎年感染してしまうのです。


予防としては、手洗い・うがいをし、乾燥対策をするだけでグっと罹患率は下がります。

普通の風邪予防にもなりますので、ぜひ習慣化させてください。


あとは、インフルエンザの予防接種をすると効果的です。予防接種を受けておくと万が一、感染してしまった場合でも症状が軽くて済みます。


大体どこの個人病院でも接種することができるのですが、個人病院によってワクチンの種類は同じでも価格設定が異なりますので、できるだけ安く済ませたい場合は電話で問い合わせてみるのも良いかも知れません。

インフルエンザは特に子供と高齢者が重症化しやすいので、予防接種をした方が良いと言われています。

子供(13歳未満)は1シーズンで2回接種必要ですので注意してください。


一般的にワクチン接種後2週間~5ヶ月の間は効果があると言われていますので、流行しだす冬に入る前に接種しておいた方が良いでしょう。


関連記事:インフルエンザがうつらない人、うつる人の決定的な違いを徹底解説!

スポンサーリンク


インフルエンザの症状

インフルエンザは1~3日の潜伏期をへて、悪寒・全身倦怠感・高熱という症状が急に出てきます。

鼻水やのどの痛み、咳などの呼吸器症状や、吐き気・おう吐・下痢などの消化器症状を伴うこともあります。


熱は38℃を超える高熱であることが多く、関節痛や頭痛などの全身症状が出ます。

インフルエンザは重症化すると肺炎やインフルエンザ脳症を発症することがありますので注意が必要です。

インフルエンザかも?と思ったら

発熱してから12時間ほど経過してから病院を受診した方が良いでしょう。


抗インフルエンザ薬を早めに服用することで急激に増えるインフルエンザウイルスを抑えることができるため、早期回復や症状の緩和に有効だと言われてはいますが、あまりにも早く病院を受診してしまうと、正確な診断結果が出ないため薬を処方できないからもう一度時間が経ってから病院に来てくださいと言われることがあります。


ですので、大体の目安として発熱してから12時間後であれば迅速検査でインフルエンザ陽性となりやすいので、そのくらい時間が経過してから病院を受診すると二度手間にならないと思います。


関連記事:インフルエンザは自然治癒でもOK?放置して自力で治す方法5選!

スポンサーリンク


インフルエンザにかかった場合、学校や仕事は?

学生である場合は学校保健安全法により、出席停止期間が定められています。

インフルエンザ発症日を0日と数え、5日を経過し、さらに解熱してから2日を経過するまで出席停止と決められているのです。

社会人にはそういう決まりはありません。

しかし、会社によってインフルエンザの場合の規約が定められていると思いますので、その規約に従って診断書を提出してお休みをいただく必要があるでしょう。

スポンサーリンク


インフルエンザ後の腰痛が治らない原因は?

インフルエンザは無事完治したが、その後腰痛がなかなか治らないので悩まされるというケースもあるかもしれません。

その様なケースの場合は、長く病床についていたがための腰痛をまず疑いましょう。

安静臥床(安静にして寝ている状態)を1週間行うと、約20%の筋力低下が認められるとの結果があります。

その筋力を元に戻すには1ヶ月かかるとも言われています。


完治していきなり運動を始めるのではなく、座っている時間を長くし、次は立っている時間を長くするといった段階的なリハビリが必要かと思います。


腰痛だけでなく、頭痛や吐き気があるといった場合は脳炎の併発など別の原因が考えられます。

すぐに医師に相談するようにしましょう。


関連記事:インフルエンザには風邪薬は効果なし?市販薬を買う前にチェック!

まとめ

冬になると必ず誰しもが耳にするインフルエンザ。

インフルエンザを発症してしまうと、本当にとてつもなく辛い体験をすることも少なくありません。


インフルエンザ後の腰痛もインフルエンザにかからなければ、そもそも、その様な悩みを抱えることもありませんので、予防がとても大切です。

自分の予防行動を今一度見直し、健康的な日々を送れるようにしましょう!!


関連記事:予防接種のおかげ?インフルエンザなのに熱が出ない場合もある!

スポンサーリンク


このページの先頭へ