当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

朝におこる手のむくみ・しびれには要注意!症状の原因をチェック!

朝の手のむくみと痺れの原因


朝起きると手がむくんだり、しびれるなんて症状はとても気になります。このような症状が見えたら少し注意が必要です。


手のむくみは血流や水分量の変化で引き起こるので、生活習慣がすこし不規則になったようなときなど症状がでやすいですが、

「しびれ」というのは睡眠中に手を下敷きにしたままの姿勢でしびれてしまう以外は、余程なにかが原因でない限りあらわれませんので注意しましょう。

スポンサーリンク


手のむくみの原因と病気の関係は?

「むくみ」は腎臓や肝臓機能の低下により、身体の中の老廃物や毒素が体外に排出される働きが鈍ってしまうことからむくみが生じるとされています。


体内の老廃物や毒素が溜まってしまうと血流が滞ってしましい、さらに身体各所のむくみの原因になります。


よって、むくみの症状が見えたら、腎臓や肝臓が弱っている、病気の可能性を疑う必要があります。


また、塩分や水分の摂りすぎ、そのほか血流障害としては同じ姿勢で長時間仕事をするなど、そこから冷え性や肩こり、腰痛これらが最終的にむくみの原因になります。


腎臓や肝臓に病気が見られなければ、手のむくみは適度な運動と半身浴など代謝を上げて老廃物を体外に排出する努力で改善しますので試してみてください。

朝の手のむくみと痺れの原因


また、女性の場合の手のむくみはホルモンの影響で生理前や妊娠中期から後期にかけてもむくみが出やすいです。このように、むくみはホルモンと自律神経にも関わっています。


原因となる病気、内臓疾患としては、尿が関係するネフローゼ症候群、ホルモンバランスが崩れる甲状腺機能低下症、またむくみに加えて関節痛などもあればビタミンやミネラル不足によるビタミン欠乏症などを挙げることが出来ます。


そもそもビタミン、ミネラル不足は血流や循環が滞り、細胞の隅々にまでこれらの体液が行き届かず手のむくみの原因にもなってきます。


通風やリウマチにも気を付けましょう。


むくみは、筋肉や腱にも起こりますが、手は腱がたくさん集まっているので特にむくみを感じやすいようです。


改善には適度な運動やバランスの良い食事、血流やリンパ液の流れをよくするマッサージや治療などもむくみ解消に効果があります。


一時的なむくみでも何らかの病気の可能性もありますので気になるようでしたら内科など専門医師を受診しましょう。



関連記事:足首が痛い原因は痛風?気になる初期症状を徹底解説!

スポンサーリンク


手のしびれの原因は?

むくみより注意が必要なのが、「手のしびれ」です。


あまりにも手のしびれを頻繁に感じるようだと「根管症候群」の可能性があります。

根管症候群は、背骨にある神経に何らかの異常をきたしていることで生じる病気で、放っておくと手を動かせなくなることもある危険な病気なので注意が必要です。


主な原因は女性ホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみが原因とされています。よって、妊娠中や出産期、更年期の女性に多くみられる病気です。


使い過ぎの腱鞘炎や怪我によるむくみなどと同様に正中神経が圧迫されて手根管症候群を発症します。

その他、透析をしている人や腫瘍や腫瘤などのできものでもこの病気になることがあります。

スポンサーリンク


症状

症状は、初期に人差し指と中指を中心にしびれと痛みが出ます。最終的に親指から薬指の中指側半分の計3本半にわたり指がしびれて痛みます。


手のこわばり感があり、手を振ったり、指を曲げたり伸ばしたりすると多少しびれや痛みが楽になります。

悪化すると親指の付け根がやせて、2本の指できれいな丸(OKサイン)が作れなくなってしまいます。次第に細かい物を握ることが出来なくなってしまいます。


手首を打腱器でたたくとしびれを訴え、痛みが指先に響きます。

また、手首を直角に曲げて手の甲を合わせて保持し、1分以内にしびれ、痛みが悪化するかどうかを見ます。


これらの症状が見られたら、根管症候群の診断の可能性がありさらに精密検査など詳しく測定します。



関連記事:指の第二関節が腫れるて痛い!痛みの原因と思われる病気は?

まとめ 手のむくみ・しびれには要注意!!

手のむくみ、しびれについて見てきました。


上記のような症状があるとき、或いは少しでも気になる症状がある時は、ご自分の生活を振り返りながら原因を探り、念の為に整形外科の専門のお医者さんに相談してください。

スポンサーリンク


このページの先頭へ