RSウイルスには赤ちゃんも大人もかかる!症状や予防法をチェック!

「子供の症状」の記事一覧(2 / 3ページ)

RSウイルスには赤ちゃんも大人もかかる!症状や予防法をチェック!

冬に流行しやすいRSウイルス感染症ですが、一般的には子供がかかりやすい病気として知られています。しかし、赤ちゃんや子供だけがかかる病気ではなく大人もかかります。 RSウイルス感染症は急性細気管支炎(きゅうせいさいきかんし・・・

乳腺炎のときに授乳をしても大丈夫?症状や原因も気になる!

授乳タイムはお母さんと赤ちゃんにとって何にも替えがたい至福の時間です。しかし、赤ちゃんがちゃんと飲んでるかな?足りてるかな? しこりが出来て我慢できないぐらい痛い…など授乳中のお母さんにとって不安になったり、心配になった・・・

子供が夜中に突然の腹痛に襲われた!嘔吐・下痢もある!

子供が突然夜中に腹痛を訴えて目を覚ましたらお父さん、お母さんはとても心配になります。 家で様子を見ていればいいのか、それとも救急外来に連れて行った方がいいのか迷うかと思います。 この記事では、子供が夜中などに突然腹痛を訴・・・

おたふく風邪に大人(思春期)にかかると不妊に?男性は気をつけて!

耳の下がはれておたふくのような顔になる事で有名なおたふく風邪ですが、詳しい症状や治療法についてはご存知でしょうか?? また、10歳以降の男性がこのおたふく風邪に感染した影響で睾丸炎を起こしてしまうと、将来不妊になる可能性・・・

子供の熱性けいれんに対処する方法は?てんかんとは違うの?

子供(赤ちゃん)が発熱とともにけいれんを発作を起こしている場合は、熱性けいれんの可能性があります。 子供の10~20人に一人の割合で男女ともに見られる病気で、遺伝的な要因が関係して起こるとされています。 今回はそんな熱性・・・

小頭症の原因や症状は?蚊が媒介してブラジルで大流行!?

突然ですが、小頭症(しょうとうしょう)と言う病気をご存知でしょうか?? 狭頭症(きょうとうしょう)や頭蓋骨縫合早期癒合症(ずがいこつほうごうそうきゆごうしょう)とも呼ばれていて、2015年12月現在ブラジルでこの小頭症の・・・

赤ちゃんが熱を出して下がらない!手足も冷たい原因や対処法は?

泣くことしかできない赤ちゃんが熱を出したら、赤ちゃんもお母さんも大変!どうしていいか分からないときも慌てずに冷静に対処したいものです。 この記事では、そんな赤ちゃんが熱を出して下がらない時の原因や対処法を解説していきます・・・

子供の歯ぎしりの原因はストレス?治療法や対処法も知りたい!

子供のちいさな身体で、大きな音を立てて歯ぎしりをしていたら驚き、心配してしまいます。よく大人の歯ぎしりはストレスが原因と言われていますが、では子供の歯ぎしりの原因はいったいなんでしょうか?? 今回の記事では、子供の歯ぎし・・・

熱性けいれんとてんかんの違いは?救急車を呼ぶタイミングはいつ?

子供の熱性けいれんが発症すると、その様子から誰もが命の危険を恐れて焦ってしまいます。熱性けいれんは必ず熱が伴うてんかん発作です。 主症状として「てんかん発作」とありますが、熱性けいれんは「てんかん」とは全く別のものとして・・・

ベビーカーでバスや電車にのるときのコツは?気をつけたい7つの事

乳幼児を連れての外出はお母さんにとって気合のいることです。そして欠かせないのがベビーカーです。バスや電車に乗る場合は、特に周囲に気を使い、ますのでとても大変ですね。 このお出かけに必需品のベビーカーも、子供を連れていない・・・

赤ちゃんに最適な湿度は?加湿器を買う前に出来ること5つ!

赤ちゃんは大人のように上手に体温調節が出来ませんね。また、生後間もない赤ちゃんからだいたい3歳ぐらいまでは汗腺が発達するための大切な時期とも言われています。 一日のうちのほとんどを室内で過ごす赤ちゃんのために、快適なお部・・・

BCG予防接種で起こるコッホ現象とは?跡が残るのか心配!

コッホ現象とは、BCGの予防接種後に通常だと10日前後経ってから見えるはずの針痕が接種後すぐに激しい反応として起こってしまう現象です。 BCG予防接種は生後の赤ちゃんを守るために大切な予防接種として、ほとんどの赤ちゃんが・・・

子供の発疹の原因、熱のある・なしによって対処法は違う!

子育てをしているお母さんにとって、赤ちゃんや子供がずっと元気で笑顔でいてほしいと、思っていることは言うまでもありません。 しかしながら、子供はまだまだ抵抗力も弱くいろんな病気にかかりやすいです。 そんな子供の皮膚にぶつぶ・・・

子どもの微熱が続く病気は?本人は元気だが親は注意してあげて!

子供に微熱があるので、薬を飲ませても、なかなか熱が引かない。そこで小児科で診察を受けると、肺炎との診断がでるなどということもあります。 子どもは、自分の症状をうまく伝えることができません。たかが微熱と軽くみずに親はよく注・・・

女の子の名前の付け方!古風な「子」を付けるのも悪くない!

女の子には幸せになってもらいたいって誰もが願っていますよね。女の子の名づけには、近年はだいぶ昔からくらべると変わってきています。 親の思いや願うところには何も変わりはないですが、付け方や漢字の使い方が変わってきているのか・・・

このページの先頭へ