乳腺症のしこりは痛い?乳がんとの違いや具体的な症状を徹底解説!

乳腺症のしこりは痛い?乳がんとの違いや具体的な症状を徹底解説!

女性


お風呂や着替えの最中、鏡や実際に触ってみて胸にしこりを見つけた時は「もしかして」とまず乳がんを疑う人が多いかと思います。


芸能人の方でも闘病されている人がいたりニュースや医療関係の番組で取り上げられたりと注目度が高い乳がんですが、胸のしこりは全てが乳がんによるものとは限りません。

実は胸のしこりのおよそ半数は乳がんではなく「乳腺症」によってできています。

それでは、乳腺症とはいったいどのような病気なのか、乳がんとの見分け方などこの記事では、乳腺症について解説をしていきます。

乳腺症とは

乳腺症は30代~閉経前の女性に多く見られ、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌バランスが乱れることにより発症します。


どちらも卵巣で生成されるホルモンなので月経の際のホルモン分泌によって症状が左右されることがあり、乳腺症の初期症状の特徴として月経前に乳腺症の症状が強く出て、月経の終わりとともに症状が治まる、という傾向にあります。


乳腺症は良性疾患と考えられることもあり、何かの疾患ではないものの乳腺に何らかの異常がある場合、広い意味で「乳腺症」と診断される場合があり他の疾患との識別が大切です。

スポンサーリンク


主な症状

乳腺症と診断される主な症状として挙げられるのは「胸のしこり」ですが、いくつか特徴があります。

前述したように乳腺症の症状はホルモンの分泌量と関係しているので、月経になるとしこりがなくなったり小さくなったりするようであれば乳腺症の可能背が高いです。

また、しこりは片側、両側の乳房にできることがあり、局所的なしこりではなく乳腺が活発に働くことによって乳房全体が張ったようになる場合がほとんどです。


そのため、人によっては歩いたり走ったりするときの振動などでも激痛が走ることがあります。

また、乳房の張りから肩こりを生じたり、乳房から透明な分泌液が出たりすることもあります。


関連記事:胸の付け根の違和感が気になる!チェックしたい7つの病気!

スポンサーリンク


乳腺症と乳がんとの違い

セルフチェックで胸にしこりが見つかった時、まず気になるのは乳がんではないかどうかです。

病院で検査をしてもらうのが一番ですが、検査結果が出るまで心配で気になって仕方がない、という人は胸に出来たしこりの特徴を確認してみてはいかがでしょうか。


乳腺症によるしこりは乳房全体が張るような感じがしますが、それに対して乳がんのしこりは局所的に表れやすいのが特徴です。

また、乳腺症は乳腺のある範囲にしか症状が表れることはないので、もし脇の下にしこりがあるなら乳がんがリンパ節へ転移している可能性があるので注意が必要です。


関連記事:脇の下の「しこり」、痛い?痛くない?早期の対応が必要な病気は?

スポンサーリンク


乳腺症の治療

最近では乳腺症は”病気”としてではなく「正常な状態ではないこと」としての認識が強くなってきており、人が年を重ねることで体も変化して起こる「生理現象」のようなものとして考える人も中には出てきました。

基本的に良性疾患であるので多くの場合は治療を必要とせず、経過観察となります。

痛みがひどく我慢できない場合はホルモンの分泌を調整、ブロックする薬などで抑えることも可能です。


関連記事:脇の下の膨らみが痛い!しこりの原因で考えられることはコレ!

まとめ

基本的に心配のいらない乳腺症ですが、自分で胸のしこりを見つけた場合は自己判断で処理するのではなく早急に医療機関での検査を受けるようにしましょう。

乳腺症の検査方法は、基本的に乳がんの検査方法と同じことをするので乳がんであるかどうかも知ることができます。


セルフチェックの結果などから、乳がんではないだろうと思っていても日本人女性の30人に1人は乳がんを発症すると言われており油断は禁物です。

入浴や着替えの際には胸の形などをよく観察し、実際にしこりがないかどうか触って確認する習慣を付けましょう。早期発見がカギとなります。


関連記事:鎖骨の下のリンパのしこりが気になる!危険な病気を徹底解説!

スポンサーリンク


このページの先頭へ