当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

視界が暗いと感じる症状は危険?3つの原因と悪化させない方法!

男性


立ちくらみやめまいなどで、目の前が暗くなったり白くなってしまうことはしばしばあります。

これらの場合は、症状は一時的でしばらくすると視界はもとの状態に戻ると思います。

しかし、常に視界が暗いと感じる場合はいったいどの様なことが考えられるのでしょうか?


そのまま、視界が狭くなったり、失明したりなんてことになれば大変です。

そこでこの記事では、視界が暗いと感じる原因となる病気についてお話していきます。

スポンサーリンク


視界が暗いと感じる原因

一過性黒内障

一過性黒内障は動脈硬化などの原因によって血管がつまり起こります。

この一過性黒内障は持続的ではなく、一瞬目の前が暗くなったと感じ、しばらくすると治るという症状を示します。

一過性黒内障は一時的であるため放置される方がいます。しかし、放置しておくと、実はとても危険な病気です。


偏頭痛との鑑別がとても重要であり、目の栄養血管が詰まることにより起きる病気のため、血液の供給が完全に途絶えると失明する恐れがあります。

また、血栓が脳へ流れ脳の血管を詰まらせると脳梗塞を引き起こす危険性もあります。

網膜動脈閉塞症

一過性黒内障の様に一時的な血管の梗塞により起きるものから、完全に血液が滞ると網膜動脈閉塞症になります。

これは血液が滞った箇所の神経細胞が機能しなくなり起きます。

網膜動脈閉塞症には2つのパターンがあります。

網膜中心動脈閉塞症
こちらは、視神経内を通る動脈が詰まることによって発症します。

視神経内を通る血管のため目全体へ血液が行かなくなり、著しい視力の低下が見られます。

網膜動脈分枝閉塞症
こちらは、詰まった先から血液が流れず、その他の部位には血液が流れているため、詰まっていない箇所の神経は機能しています。

網膜中心動脈閉塞症とは異なり、著しい視力の低下が見られるわけではありませんが、視野の一部が欠損しているという症状が起きます。

圧迫性視神経症

眼球から後方へ伸びている視神経がなんらかの原因によって圧迫されて起きる病気です。

これにより、視神経を直接圧迫して起きる場合と循環障害によって起きる場合があります。

どちらも視力、視野障害が起きます。また、慢性かつ進行性でもあります。


関連記事:片目の視界がぼやけるのは病気?6つの原因と治療法を解説!

スポンサーリンク


視界が暗いと感じる人の特徴

視界が暗いと感じる人の特徴としては、原因から見ていくと血液の循環が悪い人に起きやすいといえます。

特に、動脈硬化を起こしやすい病気をすでにされている方や、乱れた生活をされている方などがなりやすそうです。

特に、糖尿病や高脂血症、高血圧などをお持ちの方はなる確率が高いでしょう。


その他には、甲状腺機能に異常があり、目を動かす筋肉である外眼筋が肥大し、神経は等を圧迫して起きる可能性があります。

症状の現れ方は様々で視野が欠損して気づく場合や視力低下で気づくこと以外にも痛みを伴うこともあるので、それらの症状が現れたら要注意です。


関連記事:白内障の手術は痛い?手術後の見え方や過ごし方が気になる!

スポンサーリンク


視界が暗いと感じた時の悪化させない方法

なりやすい人の特徴を見ていくと、生活に習慣で改善できそうなものばかりです。自身の生活を見直してくことが大切と思います。


その他としては、見え方がおかしいと感じた時は早急に専門家の受診をお勧めします。

血管が梗塞した状態で40分以上経過すると、目には栄養が供給されていない状態が40分以上も続いているということですから、失明する危険性もかなり高いです。


この様な症状が起きた時は眼科への受診をお勧めします。

症状が進行しており、手術となると耳鼻咽頭科との連携が必要となることがありますから、総合病院などでの受診を行うことが良いかもしれません。


関連記事:視界に黒い線が入る!原因として考えられる病気が気になる!

まとめ

今回の調べて見てわかったことは、病気と生活習慣は強く関わっていることがわかります。

当然のことと言えば当然のことですが、場合によっては重篤な症状に発展してしまうことがありますので、一度しっかりと見直してみましょう!!


そして、どんなに一時的な症状であり治ったからといって放置しないことです。

全く大した病気や怪我じゃないと思っていても、実は大変なものだったという場合もあるので、ちょっとしたことだからと放置しないで専門家へ受診することをお勧めします。


早期発見と早期治療はとても重要であるということはよく知られています。

視界が暗いと感じている場合は、やはり早い時期に眼科に行って医師の診察を受けるようにして下さい。


関連記事:目が重い感じがする!気になる違和感の原因を徹底解説!

スポンサーリンク


このページの先頭へ