急激に片目だけの視力の低下する原因は?重篤な病気の可能性も!

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

急激に片目だけの視力の低下する原因は?重篤な病気の可能性も!

視力の低下・緑内障


視力が低下することはよくありますし、現実にメガネやコンタクトをしている人は大勢いますので視力の低下自体はそれほど心配なことではありません。


しかし、それがあまりにも急激であったり、片目だけ視力がドンドン低下していくのであると、単なる視力の低下と軽く考えてもいられません。


そこで、今回は急激な視力の低下や、片目だけにおこる視力の低下について書いていきますので是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク


緑内障

目の中を流れている水分の巡りが悪くなり、眼球内の圧力(眼圧)が高くなっておこってしまう病気で、年齢的には40歳前後からおこる頻度が高くなる疾患です。


緑内障の恐ろしいところは、はじめのうちは自覚症状がほとんど無く、症状が確認できた頃には視野障害がかなり進んでいる状態となります。


また、緑内障で見えなくなってしまった範囲の視野は治療を開始しても回復することがありません。


40歳以上に多くみられる疾患のため老眼の始まりと思い放っておく人が多いですが、一度失った視野は回復しないという点をよく考えて早めに眼科を受診するようにして下さい。


緑内障の治療は、治すことを目的としたものではなく、それ以上の視野の悪化を防ぐことが目的となります。

そのため一生治療を続ける必要がありますので、通いやすい身近なかかりつけ医を探すことも大切となります。



関連記事:瞬きをすると目が痛い原因は?注意したい5個の病気を解説!

急性閉塞隅角緑内障

視力の低下・緑内障


緑内障の中でも、急激な視力の低下がおこるのが急性閉塞隅角緑内障で、症状としては、頭痛、眼痛、吐き気、嘔吐が急におこり、白目が赤く充血し、黒目が曇るといった症状を伴ないます。


適切な治療を行わないと、数日で失明してしまうこともありますので注意が必要な疾患です。

スポンサーリンク


原田病

日本人などの有色人種におこる病気で、ぶどう膜炎の一種です。

症状は、発熱、頭痛、全身の倦怠感などの風邪の症状で始まり、その後、物が歪んで見えたり、両目がかすんだりします。

めまい、耳鳴り、難聴をともなうこともあります。


治療が遅れると炎症が慢性化することがあるため、早めに眼科を受診する必要があります。



関連記事:目が重い感じがする!気になる違和感の原因を徹底解説!

片目だけの視力がおかしい時

視力の低下・緑内障


眼内炎

眼球にできた傷口や他の病巣から、眼球内に細菌や真菌が感染している状態のことをいいます。


眼科の手術や外傷が原因となって感染するケースや、体内の他の病巣からうつるケースもあり、それぞれ外因性眼内炎・内因性眼内炎と呼びます。

視神経炎

視神経に炎症がおこる疾患で、急激な視力の低下がおこります。発病後数日で失明に近い状態になってしまうことももあります。


目の奥が痛んだり、目を動かしたときに痛みを感じる、視野の中心部分が見えにくいといった症状がある場合は注意が必要です。


原因は明らかになっていないものが多いのですが、多発性硬化症の症状の一部としておこることがあります。



関連記事:目の前に黒い点が見える(飛ぶ)原因は?対処方法はあるの?

スポンサーリンク


虚血性視神経症

片方の目の視力が急激に悪化して、そのまま視力が回復しなくなる病気です。


視神経に栄養を与える血管がつまることが原因の病気で、動脈硬化症、高血圧、糖尿病などの疾患を持つ人は注意が必要となります。



関連記事:まぶたのかゆみがある赤い腫れはストレスやアレルギーが原因?

まとめ

上記にあげた以外にも、網膜中心動脈閉塞症、網膜中心静脈閉塞症、眼瞼内反、トラコーマ、円錐角膜、角膜ヘルペス、なども急激な視力の低下の症状がありますので注意して下さい。


急激な視力の低下がおこる病気は、そのまま失明してしまう可能性も低くありませんので、とても恐ろしい症状です。


上に書いたような症状がおこった場合は、すぐに眼科に駆け込むようにして下さい。早めの対応でその後の視野の確保が大きく変わってきます。



関連記事:ネバネバした目やにが多い!黄色や黄緑になる原因を徹底解説!

スポンサーリンク


このページの先頭へ