目を日焼けしたら痛い?かゆい?気になる症状と対処法を解説!

目を日焼けしたら痛い?かゆい?気になる症状と対処法を解説!

サングラス


晴れた日に長時間外で過ごしたあと、目が充血したり痛みを感じたりしたことはないでしょうか。

実はこれは目が日焼けをしているからです。

暑く日差しの強い日が続く季節には日傘や日焼け止めクリームなど、様々なアイテムで紫外線対策を行います。


しかし、目の紫外線対策をする人は少なく、日焼けをするという事実自体もあまりよく知られていませんし、いつも行っている肌の紫外線対策と同じようなことを目に行うことはできません。


そこでこの記事では、そんな目の日焼けに関する情報を紹介していきます。

目が日焼けをするとどうなるのか

目に当たった紫外線の多くは角膜や水晶体で吸収されるようになっていますが、吸収しきれなかった紫外線が目の奥の網膜まで達すると目に少しずつダメージが蓄積され、思わぬ病気を引き起こしてしまう可能性もあります。


肌が日焼けすると皮が赤や茶色になったり剥けたりと分かりやすい症状が現れますが、目が日焼けをするとどのような症状が現れるのでしょうか。

病気の解説とともに見ていきましょう。

紫外線角膜炎

その名の通り、強い紫外線を目に浴びることで引き起こされる角膜炎です。

紫外線によって黒目の表面に出来た傷が炎症を起こし、目の充血や痛みに加え、涙が止まらなくなるなどの症状も現れることがあります。


また、紫外線角膜炎にはスキー場のゲレンデの照り返しなどで引き起こされる「雪眼炎(せつがんえん)」や溶接による紫外線によって引き起こされる「電気性眼炎」などもあります。

スポンサーリンク


翼状片

紫外線によって白目と黒目の境界にできた傷を修復しようとする過程で起こる病気です。

白目が黒めにかぶっているように見え、三角状に広まっていきます。

初期段階では充血や異物感、ドライアイや眼精疲労などの症状が現れ、放置しておくと次第に視力障害を引き起こす可能性もあります。



関連記事:目が重い感じがする!気になる違和感の原因を徹底解説!

白内障

目が受けた紫外線の多くは角膜で吸収されますが、吸収しきれなかった紫外線は目のレンズの役割をしている水晶体に吸収されます。


新陳代謝を行わない水晶体は繰り返し紫外線を浴びることでダメージが蓄積されていき、白く濁って「白内障」になってしまいます。

初期段階では主な症状は現れず、病気の進行とともにものが見えにくくなったり光がまぶしく感じたりするなどの症状が現れます。

さらに症状が進行していくと失明する恐れもあるため、注意が必要です。



関連記事:黒目にできた白い点はなに?原因や気になる病気を解説!

スポンサーリンク


目の日焼けの予防方法

目にとって日焼けをすることは様々な目の病気を引き起こす可能性があると分かりました。


ですが私たちが生活していくうえで、外出するときは必ずと言っていいほど紫外線を浴び続けています。

目の日焼け防止は日傘や帽子などでも行えますが、一番効果的なのはUVカットの加工がされた眼鏡やサングラスをかけることです。


日傘や帽子では防ぎきれない照り返しによる紫外線をカットしてくれる効果も期待できます。

最近ではUVカットの加工がされたコンタクトレンズも販売されているのでコンタクトレンズとサングラスで二重に紫外線を防ぐのも効果的です。

また、屋外で長時間過ごす際には日陰に入るなどといった少しの意識でも目の日焼けの予防に繋がります。

スポンサーリンク


目の日焼けのケア方法

どれだけ気を付けて目の日焼けの予防をしていても、紫外線の強い場所で長い時間過ごしていると少しずつ紫外線によるダメージを受けてしまします。

そこで大切なのが、予防だけではなくケアもしっかりすることです。

目薬

目が日焼けしたことで紫外線によるダメージが角膜やその他の目の細胞を破壊してしまいます。

人の目が本来持つ治癒能力だけでは十分に追いつかないような状態となっているので、目の炎症や目の充血に効果のある目薬を使用するのもおすすめです。



関連記事:瞬きをすると目が痛い原因は?注意したい5個の病気を解説!

目に良い栄養素

男性


目の日焼けによる炎症を抑えたり回復を促してくれたりする効果の期待できる栄養素があります。

目に良いと言われているブルーベリーに多く含まれるアントシアニンや緑黄色野菜に多く含まれ紫外線によって発生する活性酸素を除去する効果のあるルテイン、最近注目されている鮭や海老、カニ等の甲殻類に含まれるアスタキサンチンなどを摂取することで内側から日焼けした目のケアを行うことができます。



関連記事:目の前に黒い点が見える(飛ぶ)原因は?対処方法はあるの?

目を安静にさせる

日焼けをして炎症を起こしている目を安静にすることで目の治癒能力を高めます。

冷たいタオルを閉じた瞼の上から当てたり目をつぶったりするなどして目を休めてあげましょう。



関連記事:ネバネバした目やにが多い!黄色や黄緑になる原因を徹底解説!

まとめ

目はとても繊細な機関ですが内臓などと違いむき出しになっているためダメージを受けやすくなっています。


目の日焼けによる紫外線のダメージの蓄積は何年もかけて目の老化を進め、将来様々な病気を引き起こすことにも繋がるため注意が必要です。

目の充血や痛みがひどく収まらないようでしたら我慢せず、眼科で診てもらうようにしましょう。

このページの先頭へ