手に白い発疹ができてチクチクする!3つの原因を徹底解説!

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

手に白い発疹ができてチクチクする!3つの原因を徹底解説!

手


冬などは空気が乾燥していることもあり、肌もカサカサしてきて荒れる方もいらっしゃいますが、季節に合わずに手に湿疹ができたりすることがあります。

このような方は特に主婦の方が多いように感じられます。

手になにか疾患が出ると家事をこなすことも困難になってきますし、趣味などにも支障が出てきてしまいます。

そこで、この記事では手に発疹ができる原因疾患についてご紹介いたします。

スポンサーリンク


手湿疹

手湿疹はその名の通り手に湿疹ができるもので、別名「主婦湿疹」とも呼ばれています。

これは職業柄、水を扱うことが多い人や水仕事をこなす主婦の方がなることが多いためです。


手湿疹は2つのタイプに分かれており、「乾燥型」と「湿潤型」があります。

乾燥型の特徴は皮膚がカサカサになり、ひどい場合はひび割れが生じてくることがあります。

また、皮膚が固くなり、指紋が消えてしまうこともあります。


湿潤型は小さな発疹や水ぶくれが指の腹や手のひらにでき、人によっては手の甲にも発疹が見られます。


原因としては手の保湿に関して無頓着だったり、水仕事をしている時間が長いこと、手洗いを頻繁にする職業であること、脂を落とす力が強い洗剤を使っていることなどが挙げられます。

人の皮膚は多くの領域に毛が生えています。

実は毛が生えている部分には皮脂腺というものがセットでついており、ここから皮脂が分泌されます。


皮脂は皮膚にある汗腺から分泌される汗と混ざって、ハンドクリームのような働きをしています。

この天然保湿クリームを度重なる水仕事によって洗い流してしまうことにより、皮膚のバリア機能が低下し、物理刺激に弱くなったり、刺激物の侵入を許してしまうことになって手湿疹を発症します。

ですので、手湿疹の乾燥型は利き手の親指~中指にかけてよく現れます。


治療はタイプによって異なり、乾燥型は皮膚の保湿が基本になります。

ワセリンや尿素などを症状に合わせて使うと良いでしょう。


湿潤型はステロイド外用薬がおすすめです。

また、2つのタイプが混ざって現れている場合は保湿剤を塗り、その上に炎症部分のみステロイドを塗ると良いでしょう。



関連記事:指先の痛い水泡の原因4つはコレ!自力で治療する方法はあるの?

スポンサーリンク


汗疱(かんぽう)

春など暖かい時期に多く見られ、手足に水ぶくれや痒みが生じてくるもので、その症状が水虫に似ているため間違われやすい疾患です。


手のひらや足の裏に好発し、この部分に汗を多くかきやすい人に多く発症します。

原因としては、本来皮膚の外へ排出される汗が全て皮膚の中に溜まってしまうためと考えられていますが、なぜそのようになってしまうかは明らかになっていません。


汗疱は放っておくと水ぶくれが破れて汗疱状湿疹となります。

汗疱から湿疹が発生してくる原因もまだ定かではありませんが、溜まっていた汗に対するアレルギー反応ではないかといわれています。

また、汗疱は水ぶくれがあることくらいしか自覚症状がありませんが、汗疱状湿疹では痛みやかゆみを伴ってきます。


手


水虫と似ているということですが、水虫はカビの一種の白癬菌が皮膚に感染することで発症するのに対し、汗疱は菌は関与していないというのが大きな違いになります。


治療としては汗疱の時点で行われることは少なく、ほとんどの場合が汗疱状湿疹になってから治療開始となります。


ステロイドの外用薬やサリチル酸を用いることが多く、かゆみへの対処として抗ヒスタミン剤が用いられることもあります。

予防は、汗を止めることはできないので、こまめに拭き取ることが重要になります。



関連記事:水ぶくれのような湿疹が手にできて痒い!チェックすべき原因5つ!

スポンサーリンク


接触性湿疹

何かに触れることで出てくる発疹をまとめて接触性湿疹と捉えています。

こちらも2つのタイプがあり、原因物質がもつ刺激や毒性によってかぶれがしょうじてくる「刺激性皮膚炎」と、原因物質に対して、過剰な防御反応を起こすことによって症状が出る「アレルギー性皮膚炎」に分けられます。


刺激性皮膚炎の原因となるものは、毒性のある植物、虫の毒、強力な石鹸や洗剤などが挙げられます。


アレルギー性皮膚炎は人によって様々な原因があり、中でも多いものはうるしやアロエなどの植物、銅や銀などのアクセサリー類に使われている金属化粧品やシャンプー、衣類や湿布、軟膏などがあります。


これらの原因物質に触れた数時間後に、赤く腫れたりなどの症状が現れてきます。

治療としては原因となっている物質を特定し、できるだけ触らないことが何より重要です。


発疹が出た数時間前までさかのぼり、いつ、何を触ったのかをメモしておくと特定がしやすくなります。

ここに挙げた原因物質だけでも覚えておくと良いでしょう。

症状が重い場合は、ステロイド外用薬やかゆみに対して抗ヒスタミン薬などの処方が行われます。



関連記事:手荒れがブツブツして痒い原因は汗?自力で治す方法4選!

まとめ

いかがだったでしょうか。

手にできものができると日常生活の大部分が不便になってしまいます。

今回ご紹介した疾患はいずれも自分で対処していくことも可能ですが、症状が出ている期間をできるだけ短くするためにも、気になったら皮膚科を中心として病院を受診することをおすすめします。


このページの先頭へ