手のできもの正体は?魚の目とイボの違いや原因につい解説!

手の指


足には魚の目やイボができることがあります。魚の目やイボができると痛くて、歩くのがつらくなります。

手にかんしては毎日、目に触れる場所ですし、使う頻度も多いため足よりは発見しやすく大きくなる前に対処できることが多いです。


「魚の目」とは、その言葉のとおり、魚の目のような見た目をしています。または、鶏の目にもにているので「鶏眼(けいがん)」と呼ばれることもあります。


この記事では、手にできたできもの(主に魚の目やイボ)について原因や対処法を解説していきます。

「魚の目」ができる原因は?

魚の目は、皮膚の同じ場所を繰り返し摩擦したり刺激したりすることで、角質が硬くなり発症します。

足にできる場合はサイズの合っていない窮屈な靴をはいた場合や、歩き方などの癖で同じ場所に圧力がかかり、魚の目になることがありますが、手も同じ原因でまれにできることがあるのです。

職業的に、手作業で同じ工具などを繰り返し使う職業など、同じ場所に圧迫するような場合にできます。


魚の目は直径5~7mm程度で、中心に芯があります。進行していくと、芯が神経まで伸びてしまい、神経を刺激するため触れると痛みが伴います。

スポンサーリンク


「魚の目」と「タコ」の違いは?

「タコ」は、魚の目と発症原因は同じで、皮膚の同じ部分の圧迫や摩擦に負けないように角質層が硬くなったり厚くなったりするものです。

魚の目は角質層が、中心にある芯に向かって皮膚が厚くなっていくのに対して、タコは外側に向かって皮膚が厚くなっていくため、周辺の境界線があいまいになります。

タコの場合は皮膚が黄色味を帯びてきて、表面がなめらかです。

また、芯がないため押しても痛くありません。


関連記事はこちら↓↓
手荒れがブツブツして痒い原因は汗?自力で治す方法4選!

「魚の目」と「イボ」の違いは?

手の指


「イボ」と言われるものでも、魚の目のと勘違いしてしまうようなものは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれるものです。

ヒトパピローマウイルスというウイルスが、手指などの傷口などから体内に侵入して感染します。


ヒトパピローマウイルス(HPV)は、乳頭腫というイボを形成するウイルスで150種類以上の種類があります。

中には子宮頸がんや尖圭コンジローマという、外陰部にできるイボなどの原因になるものもあります。

手にできるものは型がちがいますが、ウイルス性のため、他の部位や家族などが感染してしまうこともあります。

イボの場合は表面がボコボコして盛り上がり、イボの中に赤黒い小さいブツブツがあり、表面近くまで血管がきているため、無理に取ろうとすると出血してしまいます。

血管拡張型肉芽腫について

魚の目に似た症状の疾患で血管拡張型肉芽腫というものもあります。

これは、傷などから細菌がついて肉芽が盛り上がってきます。

鮮紅色のしこりができ、数週間で増大します。表面から出血しやすくなっています。

大きさは魚の目より少し大きく、直径1~2cm程度です。

赤くなったり、出血が見られる点では魚の目とは少し症状が異なりますが、手の他には唇や顔にもできやすいので注意が必要です。


関連記事はこちら↓↓
手の皮がむけるのはストレスが原因?確認したい4つのこと!

スポンサーリンク


「魚の目」の治し方は?

塗り薬

市販薬でも液体状の塗り薬があります。

これはアセチルサリチル酸という成分で、治療の中でも一番痛みが伴わないものです。

塗っておくと芯が硬く隆起するため、芯をピンセットや爪切りなどで挟んで自分で取り除きます。

うまく芯が取れれば問題ありませんが、芯が残ってしまうと再発する可能性もあります。

貼り薬(絆創膏タイプ)

これも市販薬にあります。絆創膏の中心にアセチルサリチル酸が貼り付けてあるもので、しばらく貼ったままにしておくと芯が浮いてきます。

そのまま貼り換えて硬くなった角質層を柔らかくして、芯が取りやすくなるものです。

スポンサーリンク


液体窒素で取る

これは皮膚科での治療になります。

マイナス200度にもなる液体窒素を患部に当てて、凍傷状態にして取り除く方法です。

凍傷状態は、低温やけどをしたのと同じ状態になるため、治療後はやややけどのような痛みが残ります。

メスで切開して除去する

これも皮膚科での治療ですが、単純に局所麻酔をして芯を直接取り除く方法です。

皮膚を切開するため、術後は少し痛みが伴います。

レーザー治療で焼く

これも皮膚科での治療ですが、保険外治療の場合もありやや治療費が高額になります。

これもレーザーで焼いての除去になるため、液体窒素と同様でやけどのような痛みが少し残ります。

漢方薬を飲む

これは、他の治療と併用して服薬することが多いです。

体質的にできやすい人もいるため、予防的な方法でもあります。


関連記事はこちら↓↓
指先の痛い水泡の原因4つはコレ!自力で治療する方法はあるの?

まとめ

手の指にできる魚の目は比較的大きなものは少なく、市販の貼り薬などで簡単に除去できる場合が多いです。

しかし、大きくなりすぎて痛みが強い場合や、魚の目でない可能性がある場合は、皮膚科に行ってきちんと診察を受ける必要があります。


また、魚の目の芯をきちんと取り切れていないと再発の可能性が高くなりますので、自己判断で治療を中断するのは避けた方が良いです。

やはり、皮膚科で適切な治療を受ける方が無難であるといえます。


関連記事はこちら↓↓
手のひら・甲に赤い斑点ができる原因や対症療法が知りたい!


このページの先頭へ