鼻血がよく出る人の特徴は?上を向くのは絶対にNGな止め方?

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

鼻血がよく出る人の特徴は?上を向くのは絶対にNGな止め方?

鼻


気付けばタラリと鼻血が出ていたなんてことは誰しもが経験することなのではないでしょうか?


そんな鼻血ですが、鼻血が出やすい人、出にくい人がいます。また、鼻血が出た時の対処法でも正しいもの、間違ったものがあります。

この記事では、そんな鼻血について鼻血がよく出る人の特徴や対処法について解説をしていきます。

鼻血が出る場所は?

鼻血が出てくる場所はキーゼルバッハ部位という所から出血する場合と、それ以外の場所から出血する場合の大きく分けて2つです。


キーゼルバッハ部位というのは小鼻の内側にある鼻中隔(びちゅうかく)にある場所のことで、ここの部分は細かい血管が網目のようにはりめぐらされており、粘膜に覆われているためちょっとした衝撃で傷がついてしまって出血しやすいのです。


何の刺激も与えていないのに突然鼻血が出たり、一度鼻血が出だすとなかなか止血しないといった場合は、キーゼルバッハ部位以外からの出血の可能性が高いです。


鼻血が出る頻度が高く、なかなか止まらないといった場合は何か病気のサインの場合もありますので、念のために耳鼻科を受診してみるのも良いかも知れません。

スポンサーリンク


鼻血がよく出る人の特徴は?

鼻をいじりすぎたりかみすぎる人

花粉症だったり鼻炎の方は鼻をかむ回数が多いので、その刺激で粘膜が弱り、すぐに血管が破れて出血しやすくなります。

特に子供や高齢者の方々は粘膜が弱いので傷つきやすいといえます。

子供の場合は睡眠時に鼻を無意識にほじっていたりもしますので、傷がついてしまっていて出血しやすい状態です。

高血圧や血管疾患がある人

血圧が上昇したり、もともと血管全体が弱くなっている状態の人は、血管が破れやすいため鼻血が出やすいです。

高血圧など生活習慣病がある人は、動脈硬化や糖尿病などを併発している可能性が高く、血管が弱くなっている可能性が高いです。


また、高齢者の方に特に多いのが、熱いお風呂を好まれるということです。それだけで血圧は簡単に上昇し、鼻血が出やすい状況が生まれます。

刺激物を好む人

チョコレートやコーヒーには刺激物であるカフェインが含まれています。

カフェインは血管を収縮させて血圧を上昇させる働きがあるのです。

紅茶や緑茶、コーラーなどにもカフェインは含まれていますので、注意して摂取するようにしましょう。

体に病気がある人

前述した通り、高血圧や動脈硬化の方は血圧が上昇しやすく鼻血を出しやすいです。

その他の鼻血が出やすい病気としては、血液の病気があります。


皆さまもよく耳にされる白血病突発性血小板減少性紫斑病という病気は、血を止める役割を果たす「血小板」というものが減少しているがために、一度出血をすると止まりにくくなるといった特徴があります。


この場合は鼻血だけでなく、歯磨きをしているとすぐに歯茎から出血したり、出血すると大量出血で血が止まりにくいといった状態になります。


全身倦怠感があったり、そのほかの症状もある場合は単に鼻血が出ているだけではない可能性が高いので、耳鼻科もしくは内科を受診するようにしましょう。


関連記事:鼻血が止まらない原因や病気について!生活習慣を見直そう!

スポンサーリンク


やってはいけない対処法

鼻血が出ると、鼻をつまみながら口呼吸をして上を向きながら後ろの首をトントンと叩く方がまれにみえます。これは全く効果ありません。

鼻をつまむことに関しては惜しい(正しい対処法は後述します)のですが、首を叩いても鼻血は止まりません。


上を向く事で鼻の血が口へ流れ込みやすく、それを飲み込んでしまうと消化不良をおこします。

そのため後で吐き気や気分不快が出てきますので、もし口へ流れ込んでしまった場合は吐き出すようにしましょう。


関連記事:鼻水が固い!喉に落ちてきて息苦しいのは鼻の病気が原因かも!?

スポンサーリンク


正しい対処法

まずは落ち着いて安静にしましょう。

その次は小鼻の少し上を親指と人差し指でギュッと押さえます。

大人は口に血が流れ込まないように少しうつむき加減になりましょう。


子供の場合は大人の膝の上に座らせてあげると良いと思います。通常は5~10分程度で止まります。


ティッシュを鼻に詰めて止血されている人もいるかと思いますが、これはあまりオススメしません。

なぜかと言うと、せっかく止血してもティッシュを抜くときにまた粘膜を傷つけてしまったりかさぶたを剥がしてしまう可能性があるからです。


圧迫止血を続けても30分以上止血しない場合は動脈から出血してしまっている可能性もありますので、すぐに耳鼻科を受診しましょう。

夜間であれば救急外来でも対応してもらえます。


関連記事:夜になると鼻血がでる子供は病気?原因について徹底解説!

まとめ

鼻血を出したことが一度もないという人もごくまれにいますが、ほとんどの人は鼻血を出した経験があるかと思います。

しかし、頻繁に鼻血が出るとなると少々心配です。

まずは、正しい対処法で応急処置を行い、一度原因を突き止めるために病院に行くようにしましょう。

また、子供は自分の症状を言葉で上手く説明することができませんので、周りの大人が注意して様子を観察するようにしましょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ