膵臓の痛みは背中に出る?痛む位置(場所)やその他の原因は?

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

膵臓の痛みは背中に出る?痛む位置(場所)やその他の原因は?

背中の痛み

背中が痛むこととして、身近では「寝すぎてしまった」時など背中が痛いことがあります。

これは病気ではありませんが、背中であるが故に背筋痛や背骨の痛みと思ってしまいがちです。


背中が痛い症状は、このような筋骨格系の病気だけでないことが多く、膵臓の病気を患っていることもあり、膵臓の機能と背部痛を理解するのに、今回の記事を役立てて下さい。

スポンサーリンク


膵臓の働き

人間の躯幹臓器の中で比較的影の薄い膵臓ですが、その為か働き自体を理解している方は多くないと思われます。

膵臓は胃と小腸の間にある横長な臓器です。


膵臓の中には膵管があり、総胆管と合流し十二指腸に開口しています。

その形態からか膵臓の部位を頭・体・尾と表現されており、膵頭部・膵体部・膵尾部となっております。

総胆管合流部分と十二指腸に開口している部分が膵頭部となります。


膵臓自体を解りやすく説明すると、外分泌機能と内分泌機能があります。

外分泌の機能としては、たんぱく質を分解する酵素を十二指腸に流します。内分泌機能としては、糖尿病でお馴染みのインスリンを分泌する臓器です。


正しくはランゲルハンス島と呼ばれる部分から、低血糖であればグルカゴン、高血糖であればインスリンを分泌しているのです。



関連記事:膵臓の病気の初期症状は?今すぐチェックしたい病気や原因も解説!

スポンサーリンク


膵臓と背部痛

膵臓の病気は数ある中で、どの病気にも共通した症状として「背部痛」があります。


もともと膵臓は後腹膜に位置することから背中寄りに位置していることもありますが、その多くは放散痛による影響です。


放散痛とは痛む部位とはかけ離れた部位が痛いと感じる一種の脳の痛覚エラーです。


この場合、膵臓なので腹痛であるはずが、背中が痛いと脳が判断してしまうこととなります。


実は膵臓の病気であっても初発は腹痛が起きることが大半です。腹痛があるから膵臓が悪いなどと思う方はゼロに等しいのではないでしょうか。

腹痛の後に背部痛があることで膵臓の病気を疑うことができるのです。


関連記事:背中の真ん中の痛み!息苦しい鈍痛が続く病気について解説!

スポンサーリンク


膵臓の病気


膵炎

膵臓の病気に中で多いのが膵炎です。文字通り膵臓の炎症ですが、他の臓器のような感染による炎症はむしろ少なく、ほとんどがアルコール性による炎症です。


毎晩大量に酒を飲まれていると肝臓だけではなく、膵臓までダメージを与えてしまうことになります。


膵炎には急性と慢性があり、急性膵炎はアルコール摂取による障害がベースとなりますが、急激な膵酵素の活性化により発症します。


きっかけは術後や外傷、薬剤性などによります。

一方、慢性膵炎は長期のアルコール摂取やコーヒーなどの刺激物により膵臓自体の機能障害が進み、進行すると糖尿病となってしまいます。


症状は初発で腹痛があり、その後背部痛が出現します。体を前屈姿勢にすると痛みが和らぐ特徴もあります。

背部痛以外にも急性膵炎の症状として発熱、黄疸、出血傾向を示し、慢性膵炎では腹部膨満感、悪心・嘔吐があります。



関連記事:腰から背中にかけて痛い症状が続く!11個の原因を解説!

膵臓癌

男の背中


癌の中でも早期発見が難しいといわれており、進行癌のひとつです。症状として背部痛がありますが、気づいた時には進行していることがほとんどです。


初期症状が現れにくく、あっても腹痛や黄疸程度です。膵臓の周囲には胃、十二指腸、胆管、胆嚢があり、神経叢やリンパ節も存在するため、早期に浸潤・転移が起きます。


浸潤とは癌が拡大していくことですが、膵体部、膵尾部に癌ができると周囲組織に浸潤しないと症状がでない特徴があります。この病気にいたっては症状があるからではなく、定期的な癌のドックを受ける必要があります。


関連記事:膵炎の痛みが出る場所は?その原因はアルコールの飲み過ぎ?

膵臓以外の背部痛がある病気

膵臓以外にも背部痛の症状として多いのが心臓・血管系の病気です。

1.狭心症、心筋梗塞
胸痛が主体ですが、放散痛により背部痛が出現することが多いです。

2.大動脈解離
急激に大動脈の内膜が破ける病気です。高血圧症をお持ちの方が多い特徴がありますが、未然に防ぐ手立ては現段階ではありません。


破けた部位にもよりますが、心臓に近い位置で破けると手術治療が必須であり、心筋梗塞よりも死亡リスクが高い病気のひとつです。


関連記事:胸の違和感の原因!圧迫感や息苦しいその症状は危険なサイン?

まとめ

背中の痛みは意外に恐ろしい症状であることを確認しました。

背部だけでなく腰においても同様なことがいえます。自分の後ろ側はウイークポイントとして認識しておきましょう。


痛みが続く場合は、我慢せずに病院に行ってきちんとした検査をしてもらうようにしましょう。

スポンサーリンク




このページの先頭へ